大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・アーケード・8《ゼブラのパンツにかけて》

2018-03-04 14:42:26 | 小説

・8
《ゼブラのパンツにかけて》



 履物店近江屋の末香(すえか)は小学一年生でスケバンになってしまった。

 今日4月15日は入学以来初めての体育の授業で、末香は他の女子たちといっしょに体操服に着替えていた。
 末香は姉の文香の影響で勝気な女の子だ。ただ姉と違って勝気さを表に出さないようにしている。
「ふーちゃんはやり過ぎだ」と思っている。
 昨日も朝から肉屋の遼太郎を追い掛け回し「こらあ!!!」の雄たけびをアーケード中にこだませた。

「ああいうふうにはなりたくない」

 だから先週の入学式から末香は大人しくしている。授業中に手を上げるのも微妙に遅らせているし、廊下だってけっして走らない。
 で、末香の1年2組では体と地声の大きい森田綾香が女のボスになりつつあった。

 それが、体育の着替えでひっくり返ってしまった。

 他の女の子たちは、小学1年であるけれども、肌を見せないように着替えている。森田綾香でさえ、スカートを穿いたままハーフパンツを穿き、それからスカートを脱ぐ。上は体操服を被ってからブラウスを脱ぐ。
 末香は違っていた。
 さっさとパンツ一丁になり、ストレッチをやりながらユルユルと体操服を着る。姉の文香と暮らすうちに自然に身に着いた大らかさだ。
「「「「「「おー、末香ちゃん!」」」」」」
 みんなが感嘆した。
 潔い裸だけではない、末香のパンツは文香とお揃えのゼブラのパンツであった!
「え……あ……アハハハハハ!」
 こういうときに頬を染めるような感性はしていない。両手を腰に当てて豪快に笑い飛ばす。これも文香とそっくりだ。
「そ、そんな裸になるなんてヘンタイよ! お、オトコオンナだわよ!」
 綾香はなじったが、位負けしていて、勝負はついてしまった。

 で、4時間目に、そのスケバンぶりは相賀の町中に響き渡ることになった。

「来週の月曜日からクラスが変わりますよー」
 授業を半ばで終わって、担任の岩永先生がプリントを配った。プリントにはクラスが4っつ書かれていた。
 相賀第一小学校は1年から6年まで3クラスずつの編成なのだが、1年は4クラスになるのだ。
「今のクラスは36人のお友だちがいますが、来週からは26人のクラス2つと、27人のクラス2つになりまーす。新しいクラスはプリントに書いてありまーす。みんな自分のクラスをさがしましょ~!」
 岩永先生の明るい声で、クラスの子どもたちは自分の新しいクラスを探し始めた。

「先生、これはダメです!」

 末香が手を上げてはっきり言った。
「え、どうしてですか沓脱さん? 新しいクラスになったら26人だし、先生の目も行き届いて、もっとしっかりした楽しいクラスになるんですよ」
「先週撮ったクラス写真はどうなるんですか?」
「それは新しく撮り直すのよ。だから心配はいりませ~ん」
「は~~~~?」
 末香は停まらなくなってしまった。
「仲間って、そんなんじゃないです! クラス写真に写っていたのは仲間です! そんなんじゃないです!」
 
 末香の頭には、姉のバレー部のことや商店街の仲間のことが浮かんでいた。仲間を大切にしなくちゃという気持ちが輝いていた。

 ゼブラのパンツにかけて、そんなんじゃない! そう思った末香であった。

 

※ アーケード(白虎通り商店街の幼なじみたち) アーケードの西側からの順 こざねを除いて同い年

 岩見   甲(こうちゃん)    鎧屋の息子 甲冑師岩見甲太郎の息子

 岩見 こざね(こざねちゃん)   鎧屋の娘 甲の妹

 沓脱  文香(ふーちゃん)    近江屋履物店の娘

 室井 遼太郎(りょうちゃん)   室井精肉店の息子

 百地  芽衣(めいちゃん)    喫茶ロンドンの孫娘

 上野 みなみ(みーちゃん)    上野家具店の娘

 咲花 あやめ(あーちゃん)    フラワーショップ花の娘

 藤谷  花子(はなちゃん)    西慶寺の娘

コメント

高校ライトノベル・通学道中膝栗毛・11『思い出した』

2018-03-04 12:48:10 | 小説3

通学道中膝栗毛・11

『思い出した』        

 

 

 更地にさしかかると、あの一年生たちも混じって、ちょっとした人だかり。

 

 ちょっと恥ずかしいけど、人だかりの後ろの方に付いてみる。

 更地にはなっているけど、瓦やタイルやコンクリやらの欠片が見えて、和風の家があったんだと偲ばれる。

 家は土台ごと撤去されてしまって、和風と言う以外に偲ぶよすがはない。面積は学校のプールくらいだろうか、隅の方に四角い石積み。道路との境目には大きな石を撤去したらしい窪みが並んで、生け垣だったんだろか針葉樹の枝先みたいな緑がこぼれている。

 ちょっとしたお屋敷だったようだけど、やっぱ見覚えが無い。

 急だったもんね あれ産湯の井戸だよ 奥の離れ 相続したんだよね 帰って来るかなあ 知らなかったよ

 人だかりからは断片的な情報が聞こえるけど、わたしの頭の中でイメージを結ぶことは無かった。

 

 もういいや。

 

 わたしの好奇心は長続きしない。

 もともと鈴夏が気づいて、一年の子たちが立ち止まって、そういう人の好奇心に載っちゃったもので、更地そのものに興味があるわけじゃない。ただ、更地に何が建っていたのか分からないのが癪なんだけど、ま、夕飯のころには忘れるだろう。

「あの辺は和風のお屋敷ばかりだからね」

 夕飯の手伝いをしながら話しているとお母さんが言った。

 あ、それでか。

 更地にばっかり目が行っていて、周囲の家は意識の外だったけど、そう言えば更地の周囲は和風ばっかだ。戦前に私鉄の百坪分譲で始まった街で、大半が和風の家だ。その中の一軒だから気づかなくても仕方がないよね。

 でも、お風呂に入って思い至った。

 当たり前のお屋敷なら、なんで、あんなに人だかり?

 急だったもんね あれ産湯の井戸だよ 奥の離れ 相続したんだよね 帰って来るかなあ 知らなかったよ……

 話の断片が蘇る。ただの更地に、あんな感想は出てこないよね。あの断片には意味があり過ぎるよね……。

 しかし、それも風呂上り、冷蔵庫を開けると桜餅を発見――ああ、ひな祭りだったんだ――久々にひな人形飾りたくなったけど、たった一晩の為に押し入れの奥から出すのも躊躇われ、テレビの特番見ながらパクついてるうちに忘れてしまった。

 

 

コメント

高校ライトノベル・坂の上のアリスー01ー『お早うございます!』

2018-03-04 06:45:14 | 不思議の国のアリス

坂の上のー01ー
『お早うございます!』


 くそ、空気が入ってねー!

 忌々しくタイヤを蹴ると、ガチャンと悲鳴を上げて自転車は倒れてしまった。
 自転車に罪は無い。日ごろからメンテをしていない俺が悪い。だけど、心貧しい俺は自転車に当たってしまう。

 クッソー!!

 立て付けの悪い、名前ばかり門扉を乱暴に閉めて道路に飛び出す。
 いつも徒歩なんだからカッカすることもないんだけど、今日は特別だ。

 なんせ100%の遅刻確定だ。今日遅刻すると生活指導部長指導をくらう。

 桜井薫と名前はやさしげだけど、生活指導部長は魔界の帝王、閻魔大王の化身だ。あいつの指導は後免こうむる。

 そもそもは綾香が悪い。綾香ってのは俺の妹。

 妹というからには女なんだけど、見かけの割には女らしくない。女らしくないという言い方をするとエッチャン先生に怒られそうだが、俺個人の感覚だからしようがない。綾香は炊事洗濯掃除とかいう感覚をお袋の腹の中に置いてきたようなやつだ。
 だから、この四月に親父の転勤にお袋が付いていってからは、俺が主婦。いや主夫。
 夕べも晩飯の用意はもちろん、梅雨時には欠かせない布団の乾燥、風呂場のカビ取りまでやった。
 で、ちょっとグロッキー。
「明日寝坊してるしてるようなら起こしてくれよな」
 綾香に頼んだ。これには兄としての目論見がある。綾香も朝は早い方ではない。その綾香にあえて頼む。
 俺が起きなければ朝飯が食えない。なんせ、綾香は目玉焼き一つ作れない。そう言っておけば、グータラ妹も少しは我が身を律しようと思うだろう。
「え、あたし今夜は友だちんちにお泊りするんだけど」
 シラっと言いやがった。
「おまえなー」「なにさ」と火ぶたを切って、リアル兄妹喧嘩になりかけて、妥協点を見出した。

 綾香が責任をもって、俺が起きれるような工夫をしておくことになった。

 その結果、目覚ましが二個鳴って、テレビではゴジラが大音量で吠えまくる。トドメは『さっさと起きろ!!』とスマホで綾香の声。
 それで飛び起きたんだけど。

「クソガキイーーーーー!!!」頼んだ時間より一時間も遅い!

 そういうことで、不快指数90の中、学校までの坂道を走っている。
 世間が許すならマッパで走ったね。だって汁だくの牛丼みたくビッチャビチャ! マッパで走って頭から水被るってのが合理的だと思うんだけど、世間と言うのは、こういう高校生の危機に対応してくれるようにはできてはいない。
 く……生徒諸君の姿がねえじゃねえか。
 どうやら同罪の遅刻生徒の姿も見えないくらいの大遅刻になってしまったようだ。

 ゲ、桜井薫!!

 最後の角を曲がると、正門に閻魔生活指導部長の姿が見えた。奴は最後の遅刻者を見逃さないように遅くまで正門に立っているとは聞いていた。だが、もう一時間目が終わろうと言う時間まで立っているとは!

 お早うございます!

 元気に挨拶する。今の俺に出来るのは恭順の意を示すことだけだ。
「新垣、今朝は、なんでこんなに早いんだ?」
 閻魔大王が不思議なことを言う。
「え、ええ?」
「まだ、7時30分だぞ」
「えーーーーー!?」
 頭の中でいろんなものがスパークした。俺の時計は9:00を指している。

 どうやら綾香にしてやられた。時計もテレビもスマホも90分遅らせてくれたようだ。

 薫閻魔大王の野太い笑い声を背に下足室に向かう。

 ゲ!? あれはなんだ!!??

 下足室手前の自転車置き場で、とんでもないものが目に飛び込んできた。

 なんと女子生徒が女子生徒を押し倒し、馬乗りになって乱暴を働いている。
「お、おい! なにをしてるんだ!?」
 俺は国民的リア充をモットーに生きている。君子危うきに近寄らずだろうが、ここは並のリア充なら声を掛けるシチュエーションだ。

 だが、これがとんでもないステージへのフラグだとは思いもしなかった。

「あ!?」と悲壮な顔で振り返った馬乗り女は、妹の綾香だったのだ……!
 

コメント

高校ライトノベル・ライトノベルセレクト・213『炊飯器の起動音』

2018-03-04 06:28:42 | ライトノベルセレクト

ライトノベルセレクト・213
『炊飯器の起動音』



 背中の方で、急に音がしたんでびっくりした。

 危うく食べかけのアイスクリームのカップを落とすところだった。
 大げさだけど、死神が来たのかと思った。

 ジー……ゴー……てな感じ。大きな音なら、ここまで驚かない。自動車、飛行機、バイク、隣のおばちゃんがお皿を割る音。学校帰りの小学生の嬌声。筋向いのベスの吠える声。
 そういうのは突然でもびっくりしない。したと同時になんの音だか分かるから。

 で、今のは炊飯器が起動した音。

 こないだ買い換えたばかりで、この子の起動音を聞くのは初めてだった。前の炊飯器は小学校の6年の時に来た。安物だったせいもあって、起動音が大きく、いかにも「今からご飯炊きます!」って感じだったので驚くどころか、不器用で一途なお台所の仲間って感じだった。
 今度の子は、お父さんの稼ぎも増えたので、ナントカ釜の高級品で、前の子とはケタが一つ違う値段。
 むろん、この子のご飯は美味しい。だけど、今の音はいただけない。小さな音でも正体が分からないから、一瞬死神なんて思ってしまう。

 で、こんなご飯を炊き始める時間にアイスクリームを食べているかと言うと、昼抜きだったけど食欲がないから。

 このまま晩御飯を食べても、そんなには食べられない。お昼も抜いているから、体に良くない。だから、少しお腹に刺激を与えておく。
 テスト後の短縮授業なのに、なんで、こんなに遅くなったかというと、補習を受けていたからだ。

 勉強は嫌い。特に理数は。

  英語は好きだけど、授業は嫌い。[I think therfor i am]は英語のままの方がいい。「われ思う故に我あり」なんて言うと、政治家の演説みたいだ。こないだの英作文で[I love u!]と書いたらペケにされた。[You]を[u]としたのがいけないそうだ。
 だけど、アメリカの若者はYouをuと略して書く。日本語で「おめえ」と言いたいのを「あなた」とあらたまるようなものだ。言葉は生きてこその言葉だ。エイミーはいつも[u]で済ませてくるし、それで通じてる。最初に[You]って打ったら[lazy]とかえってきた。ま、カッタルイてな意味。

 で、今日の補習は英語じゃない。英語はカツカツで50点だったから。

 補習は情報。エクセルとパワーポイントの使い方の実習。パソコンなんて、文字が打てて、ブログ書いたり動画サイトにアクセスできたり、チャットができたら、それでいい。数学なんて、買い物に行って、お釣りの計算ができたらいい。飛行機の最短コースや燃費の計算なんて、航空料金表見りゃ値段で分かるっつーの。安いのが一番。エイミーもあたしも、そのへんは知ってるから、お互い平気で行き来できる。

 もっと訳わかんないのはCO2の計算。マジだけど、地球の温暖化なんてクソまじめに考えてんのは日本だけ。CO2の排出なんて、とっくに利権化してて、日本はいいカモになってるだけなのにね。ま、いいや。アイスクリームの美味しさが炊飯器の音でびっくりして、驚きとともに、頭と舌に焼き付いたから。炊飯器の起動音でアイスの美味しさ実感した人間は、そんなにはいないだろうから。

 今夜は、昨日思いついた詩を広げて短編の小説にすんの。エイミーにも送って、向こうの日系の先生に翻訳してもらう。ちょっと聞いてくれる。その元になった詩。

≪恋の三段跳び≫

 ホップ、あなたに恋をして。ステップ、あなたに近づいて。ジャンプ……しても届かなかった。


 短編を10個ぐらい書いて、中編が3本、長編が1本書けたら、人生、それでいい。
 あたしは、長く生きても20歳ぐらいまで。炊飯器が前の子だったころに分かった。お父さん頑張って一桁上の炊飯器が買えるくらいがんばってくれた。だから、あの子があたしを嚇かしたことは黙っていよう。アイスも美味しくしてくれたし。こうやってブログにも書けたし。

 なんの病気かって?

 それは内緒。コメントもトラックバックもいいです。あなたなりに、そうなんだ。と思ってもらえたらいいです。

 ではエンターキーを押します。読んでくれてありがとう。

コメント

高校ライトノベル・泉希ラプソディー・イン・ブルー〈それが始まり〉

2018-03-04 06:23:36 | 小説6

泉希ラプソディー・イン・ブルー
〈それが始まり〉
        


 業者は123万円という分かりやすい値段でガラクタを引き取って行った。

「まあ、葬式代にはなったんじゃない」
 息子の亮太は気楽に言った。
「でも、なんだかガランとして寂しくもありますね……」
 嫁の佐江が、先回りして、取り持つように言った。

 亭主の亮は、終戦記念日の昼。一階の部屋でパソコンの前でこと切れていた。
 今日子は悔いていた。
「ご飯できましたよ」二階のリビングから呼んだとき「う~ん」という気のない返事が返ってきたような気がしていたから。

 一時半になって、伸び切った素麺に気づき、一階に降り、点けっぱなしのパソコンの前で突っ伏している亮に気づき救急車を呼んだが、救命隊員は死亡を確認。そのあと警察がやってきて、死亡推定時間を午前11時ぐらいであることを確認、今日子にいろいろと質問した。
 あまりにあっけない亮の死に感情が着いてこず、鑑識の質問に淡々と答えた。
「多分、心臓か、頭です。瞼の裏に鬱血点もありませんし、即死に近かったと思います。もし死因を確かめたいということでしたら病理解剖ということになりますが……」
「解剖するんですか?」
 亮太が言った。今日子の連絡で、嫁の佐江といっしょに飛んできたのだ。
「この上、お義父さんにメスをれるのは可愛そうな気がします。検死のお医者さんに診ていただくだけでいいんじゃないですか?」
 この佐江の一言で、亮は虚血性心不全ということで、その日のうちに葬儀会館に回された。葬儀は簡単な家族葬で行い、亮の意思は生前冗談半分に言っていた『蛍の光』で出棺することだけが叶えられた。

 そして、長い残暑も、ようやく収まった10月の頭に、亮の遺品を整理したのである。

 亮は三階建て一階の一室半を使っていた……今日子にすれば物置だった。ホコリまみれのプラモデルやフィギュア、レプリカのヨロイ、模擬刀や無可動実銃、未整理で変色した雑多な書籍、そして印税代わりに版元から送られてきていた300冊余りの亮の本。
 佐江は、初めてこの家に来た時、亮の部屋を見て「ワー、まるでハウルの部屋みたい!」と感激して見せた。同居する可能性などない他人だから、そんな能天気な乙女チックが言えるんだと、今日子は思った。
 そして、一人息子の亮太が佐江と結婚し家を出ていくと、亮と今日子は家庭内別居のようになった。

 亮は、元々は高校の教師であったが、うつ病で早期退職したあと、ほとんど部屋に籠りっきりであった。退職後、自称作家になった。実際本も3冊、それ以前に共著で出したものも含めて10冊ほどの著作があるが、どれも印税が取れるほどには売れず。もっぱら著作はブログの形でネットに流す小説が主流であった。

 パソコンに最後に残っていたのは、mizukiと半角で打たれた6文字。佐江の進言で、その6文字はファイルに残っていた作品といっしょにUSBにコピーされ、パソコン自体は初期化して売られてしまった。
「あ、お母さん、人形が一つ残ってるよ」
 亮が仏壇の陰からSDと呼ばれる50センチばかりの人形を見つけた。
「あら、いやだ。全部処分したと思ったのに……」

 亮は、亡くなる三か月ほど前から、人形を集め始めた。1/6から1/3の人形で、コツコツカスタマイズして10体ほどになっていた。今日子は亮のガラクタにはなんの関心もなかったが、この人形は気持ちが悪かった。
 人形そのものが、どうこうという前に還暦を過ぎたオッサンが、そういうものに夢中になることが生理的に受け付けなかったのだ。
「人の趣味やから、どうこう……」
 そこまで言いかけた時の亮の寂しそうな顔に、それ以上は言わなかった。
 しかし、本人が亡くなってしまえばガラクタの一つに過ぎなかった。惜しげもなく捨て値で売った。

「佐江ちゃん。よかったら持ってってくれない?」
「いいえ、お義父さんの気持ちの籠った人形です。これくらい、置いてあげたほうがいいんじゃないですか」
 佐江は口がうまい。要は気持ちが悪いのだ。今度の複雑ゴミで出してやろうと思った。

 人形は清掃局の車が回収に来る前に無くなっていた。

「好きな人がいるもんだ」
 プランターの花に水をやりながら、今日子は思った。とにかく目の前から消えたんだから、結果オーライである。

 そのあくる日である、インタホンに出てみると17・8の女の子がモニターに映っていた。

「こんにちは。泉希っていいます、いいですか?」

 それが始まりであった。

コメント

高校ライトノベル・あたしのあした13『放課後、あたしはメールを打った』

2018-03-04 05:59:57 | 小説4

 あたしのあした13
 『放課後、あたしはメールを打った』
      


 きょうはプールの補講は無い。

 プールに水が無いんだから当たり前。水野先生たちは、プールを使わせてくれる学校を探しているようだけど、簡単には見つからない。
 ネッチたちは「ラッキー!」と喜んでいる。
 浅はかな子たちだ。このさきプールの補講が無くなるわけじゃない。きのう予想した通り、ご近所の益荒男高校に決まるのは火を見るよりも明らかなのにね。

「ま、とりあえず、きょう一日心穏やかならいいのよ」
 ネッチは、トンカツをハムハムしながら幸せそうに言う。
「そうかなあ……」
 疑問を呈しながら、付け合わせのキャベツの千切りにウスターソースをドボドボかける。
「ゲ、なにしてんの?」
「え、あ、おいしいんだよ」
 ムシャムシャとキャベツを咀嚼する。ソースの刺激とキャベツの甘さが混然一体となって、けっこういける。
「田中さんて、オヤジ臭い」
「そーかなあ……ネッチもやってみそ」
 ソースピッチャーを持ってネッチのお皿に迫る。
「か、勘弁してよーーー!」
 ネッチはお皿を持ち上げて嫌がる。
「アハハ、わかったわかった」
 あたしは、ソースピッチャーの口を自分の方に向け、プニっと力を入れる。シュッとソースが一吹き口の中に入る。
「うん、濃厚!……だけど、アハハハ、あたしって女捨ててるかもね」

「「「「「言えてる」」」」」
 同じテーブルの女子たちの声が揃う。

「こんなのどう?」
 ノンコがスプーンだけでチャーハンの残ったのを小さなお握りにし、スプーンに乗っけて左手で弾く。お握りは一メートルほど飛び上がり、その間に待ち受けていた口でパクっと食べる。単純だけど見事なものだ。
「「「「「オーーーーーー!」」」」」」
 感嘆の声があがる。
「ノンコ、もっかい!」
 ノエ(伊藤野江)が参戦する。
「イクヨーーーハイ!」
 お握りが、さっきよりも高く上がる。
 ゴツン!と音がして「「痛ーーーー!!」」の声。
 ノンコが大口開けてキャッチしようとしたところへ、ノエが割り込んできたので、頭をぶつけてガチンコになる。
「「「「「「アハハハハハハ」」」」」」
 あたしの声も一緒になって、食堂に笑い声が満ちる。

 少し分かった。

 その時その瞬間を楽しくって生き方もあるんだ。

 放課後、あたしはメールを打った。

――そちらのプール使わせてもらえませんか――

 あて先は、早乙女女学院の理事長。
 折り返し返事のメールが返ってきた。

――寛ちゃん、回復したのかい!?――

 あたしは寛一の名前でメールを打っていたことに気づいた。

 そして首をひねった。なんで早乙女女学院の理事長なんか知っていたんだろう?
 
 

コメント