大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・イスカ 真説邪気眼電波伝・42「万事休す!」

2018-02-20 16:53:50 | ノベル

イスカ 真説邪気眼電波伝・42

『万事休す!』

 

 

 玄関とトイレのドアが開くのが同時だった。

 

 そして、トイレから出てきた優姫が息をのんで目を丸くした。トイレからはくぐもった流水の音が響いている。

 こないだと同じパターンなので、また一悶着あるかとヒヤッとする。水音の猛々しさと長さから大きい方であると推測されるのだ。

 しかし、今日の優姫は鼻を鳴らして不貞腐れることはしない。それどころか、大文字のDを丸い方を上にして横倒しにしたような目になって、母親譲りの愛想笑いをするではないか!

 前回と違う豹変ぶりには理由がある。

 オレの後ろには、学校で三本の指には入る美人の佐伯さんが控えているのだ。

「お邪魔します、わたし、北斗君と同じクラスの佐伯といいます。いっしょに勉強することになって、前触れもなくすみません」

「いいえ、不甲斐ない兄ですけど、よろしくお願いします! ト、トイレ掃除の途中なので、あ、あとでお茶とかお持ちしますね!」

 佐伯さんの「あ、おかまいなく」も聞かずにトイレに引き返す愚妹、ハハハ、掃除はこまめにやってくれるんだ……とフォローしておく。

 学習塾のCMに「分かった!」「じゃ、分かったら説明してごらん!」という生徒と講師の掛け合いがあった。本当に理解できるというのは、人に筋道を立てて説明できることだとオレも頷いたもんだ。ただ、なんで塾の講師がバク転とか鞍馬をしているのかは理解に苦しんだが。

 佐伯さんは、そのCM真っ青というくらいに教えるのが上手い。

 イスカの西田さんもなかなかだったんだけど、佐伯さんは胸時めかせながら教えてくれる。オレの横、丸椅子に腰掛け「どれどれ……」という感じで三十センチまで接近、肩なんか、時々触れてしまうんだ。体温は感じるし、シャンプーの香りはするし、ここはね……とか、そうそう……とか言うたびに、いい匂いがする。

「あの……もしもし」と数回注意されたけど、え、あ、うん、ゴメン……と答えるたびにコロコロ笑う佐伯さん。

 佐伯さんと言うのは、オレみたいなパンピー男子にとってはチョー高嶺の花で、高嶺の花というのは文字通りの花、それも遠くから眺めるだけの富士の高嶺にこそ咲く花。せいぜい五合目あたりから気配を感じるだけでありがたい。それが、こんな息のかかる距離で……オーーー、いま、ノートを覗き込もうとした佐伯さんの髪がハラリと頬っぺたに掛かって百万ボルトの電気が流れた。

 あやうく気絶してしまいそうになったとき愚妹の優姫がお茶を持ってくる、お菓子を持ってくる。暖房の具合を聞いてくる。

 ありがとうとコノヤローを等量に感じる。

「はい、きょうはこんなところかな」

 佐伯さんが、明るく爽やかに終了を宣言した時、スリープにしていたパソコンの画面が点いた。ヤバイ、幻想神殿のタイトルがパチンコ屋のディスプレーのようにデモを流し始めたではないか!

「うわー、きれいな動画!」

 万事休す! 佐伯さんが淹れ直したお茶をすすりながら興味を持ってしまった!

コメント

高校ライトノベル・あたしのあした01『お尻の穴』

2018-02-20 07:24:51 | 小説4

高校ライトノベル
 あたしのあした01『お尻の穴』
      

 

 お尻の穴が見えたら危ないないらしい。

「恵一、あたしはどうかなあ?」
 ジャージとパンツを脱いでむき出しのお尻を向けてみた。
 恵一の戸惑ったような気配がする。
「ね、どーよ?」
 恵一が鼻をクンカクンカさせた……と思ったら、廊下に出て行く気配。
「恵一」
 振り返ったら、恵一は居なかった。リビングに行ってしまったみたい。
「もうーーー」

 一度お尻をしまい、壁にかかった鏡を外して風呂場に行く。

 浴室の扉を閉めて鏡を立てかける。これで大きめの合わせ鏡のできあがり。
「これでいけるかなあ……」
 浴室の鏡の中に立てかけた鏡が見える。膝立ちしたらいけそうだ。
 もう一度お尻をむき出しにし、立膝で鏡を見る。
「やっぱね……」
 小ぶりお尻には思っていたよりも肉が付いていて、当然ながらお尻の穴は見えない。

 野坂昭如の小説を読んでいたんだ。

『火垂るの墓』みたいな欺瞞的な小説じゃない。

 小説では、妹は五歳くらいで病気で亡くなる。

 実際の妹は赤ん坊で、その赤ん坊に配給されたミルクを野坂はついつい飲んでしまって、赤ん坊は餓死したんだ。
 妹を死なせてしまったけど、野坂は死んでなんかいない。
 そのあとも生き延びて、いろいろ悪いことをやって少年院にいれられる。終戦直後のことだけどね。
 当時は食糧事情が悪くって、少年院の中でも、次々に少年たちは死んでいった。

 後ろから見てお尻の穴が見えるくらい、お尻の肉が痩せてしまうとお迎えが近いらしい。

 この三か月引きこもりで五キロ痩せた。あんまし食べないからだ。
 この半月はほとんど食べていない。匂い、食べ物の匂いが⇒臭いになってしまった。
 特に炊き立てのご飯なんて最悪。
 無理に食べても(お母さんに悪いから、一応は食べる)すぐにリバースしてしまう。

 五キロくらい痩せても死なないんだ。
 
 野坂さん、ごめんなさい。
 野坂さんは、もっと苦しかったんだよね。お尻の穴が見えるくらい痩せるって生半可なことじゃないんだよね。

 部屋に戻って、ツケッパのパソコンで「女子高生の自殺」と検索してみる……。

 それから、久しぶりに制服に着替える。
「恵一……」
 小さな声だけど、聞こえたようで、リビングから恵一が戻って来た。
「ちょっと出かけてくるね」
 恵一は不思議そうな顔をしていたけど何も言わない。言わないけど、ちゃんと関心は持ってくれている。恵一は余計なことは喋らないんだ。
「じゃね」
 ほんとは、スキンシップとかしたかったけど、止めた。

 家を出て少し歩く。

 なんだか暑いなと思う。
 そっか、まだ九月の半ばなんだ。あたしは、当たり前みたいに冬服を着ている。
 家の中ではエアコン点けてるから、季節の移ろいというのが分からない。

 赤信号で立ち止まる。
 角店の方から気配……視線を向けると、ガラスに自分の姿が映っている。

 あ…………と思った。

 ガラスに映った自分の顔の真ん中に、大きな穴が開いていた。
  

コメント

高校ライトノベル・新 時かける少女・2〈美奈子との惜別〉

2018-02-20 07:06:16 | 時かける少女

新 かける少女・2
〈美奈子との惜別〉 



「愛ちゃん……愛ちゃん……」

 その声が近づいてきて目が覚めた。
 バカな話だけど、一瞬、ここは誰? わたしは、どこ? になってしまった。
「ハハ、ホッペに畳の跡が付いてるよ!」
「え、ほんと!?」

 荷物はほとんど片づけたので、あたしはベランダのガラス戸に顔を映してみた。

「あら、やだ。ちょっとハズイね。あたしトラックの助手席に乗るのに……これじゃ、運転手さんから丸見えだ」
「まあ、お婆さんじゃないんだから、十分もすれば消えるわよ」
「そっかなあ……」
 あたしは、ホッペを揉んでみた。
「大丈夫だって」
「だよね……」
「寂しくなるね……」

 縁側に腰掛けながら、美奈子が言った。

「主語が不明ね。あたしが? 美奈子が?」
「両方よ、日本語の機微が分からないんだから」
「でも、せめてお互いにぐらい言ってよ」
「……これ、お別れのしるし。さよならじゃないからね」
「うん、お互い親が、こんな仕事だから、どこ行くかわかんないもん。また、どこかであえるっしょ」
「ハハ、北海道弁が混じってる」
「ハハ、一番長かったからね……お、お守りだ」
「かさばらないものって、それで心のこもったもの。で、これになった」
「お、護国神社……遠かったんじゃない?」
「朝の一番に、自転車で行ってきた。運動兼ねてね。事情言ったら宮司さんが特別なのくれた。重いよ」

 手のひらに載せられたそれは、予想の三倍ぐらい重かった。

「なんだろ、これ、普通のお守りの三倍は重いよ」
「ばか、開けて見るんじゃないわよ」
「ヘヘ、好奇心だけは旺盛だから」

 そのとき、玄関でお母さんの声がした。

「愛、そろそろ出るよ……あ、美奈子ちゃん、見送りにきてくれたの?」
「ええ、この官舎で、東京からいっしょなのは愛ちゃんだけでしたから」
「そうね、今度の移動がなかったら、中学高校といっしょに卒業できたかもしれないわね」
「それを言っちゃあいけません、小林連隊長夫人」
「そうよね、そういうの承知でいっしょになったんだもんね」

「奥さん、そろそろ……」

 玄関から、運送屋さんが呼んだ。

「はい、いま行きます!」

 玄関に回ると、大きな4トントラックと、お母さんのパッソが親子のように並んでいた。

「じゃ、お母さんたち、ご近所にご挨拶してから出るから」
「うん、じゃ、お先」
「ごめんね、お姉ちゃん。トラックに乗せて」
 進が、済まなさそうに言った。進は人見知りってか、そういう年頃なので、見知らぬ運送屋のオニイサンとたちといっしょにトラックに乗るのを嫌がっていた。
「いいよ、姉ちゃん、大きい自動車好きだから」
「今のトラックは快適ですから、大丈夫ですよ」

 そして、あたしは、4トンの助手席に収まった。

 自衛隊の幹部の家族は全国を回らされる。うちのお父さんは一佐になって、すぐに連隊長になった。
 陸上自衛隊、南西方面遊撃特化連隊……分かり易く言うと、日本版海兵隊。
 本土での訓練が終わり、石垣島に駐屯する。ただし、安全の確保と危機の分散のため、家族は沖縄本島の官舎に入ることになっている。

 長崎から一泊二日の小旅行だ。

 トラックが動き出し、お母さんやみんなが小さくなっていく。美奈子ちゃんが追いかけて手を振っている。涙が出てきた……そして、美奈子ちゃんから、なにかを引き継いだような気がした。

「畳の上で寝てたでしょ?」
 真ん中の席に座った助手の女の人がバックミラーごしに言った。
「え……まだ残ってます?」
 サイドミラーに映したホッペは、ほんのり赤いだけだ、畳の目まではついていない。
「シチュエーション考えたら、畳の上。だって、テーブルもベッドもないんだから。でしょ?」

 なかなか洞察力のある人だ。横を向くと人なつっこい笑顔が返ってきた……。

コメント

高校ライトノベル・〔普通科高校の劣等生・10〕

2018-02-20 06:58:25 | 小説5

高校ライトノベル
〔普通科高校の劣等生・10〕



 あろうことか、友美はマスコミに露出してしまった。

 むろん未成年なんで、仮名だし、顔写真にはモザイクがかかっている。
 だけど、こんなもの関係者なら正体が直ぐに分かる。SNSなどに実名と顔写真が出ることに、さほど時間はかからなかった。
 伸子の話では、ノンフィクションで本を出す企画も来ているらしい。現職教師と生徒の許されざる関係! センセーショナルだ。少なく見ても1万くらいは売れるだろう。1000円の本で、印税5%(上手くいけば10%)として50万円!

 むろん良いことばかりじゃない。露出したことで社会的に叩かれることもあるだろう。でも賛同してくれる人たちだって同じか、それ以上出てくるだろう。友美のメールなんかを伸子が見せてくれた。伸子は大ごとになって、ビビっている。だから普段同じクラスにいても他人のふりをしている。オレは落葉の苗字、伸子は登坂の苗字で通っていて、伸子が停学になって担任と生指の梅本が来た時には、家中のオレの痕跡が消され、存在しないことにもされた。

 でも、その伸子がメールを見せた。

 二つのことが分かる。伸子が相当まいっていることと、友美に文才があること。国語嫌いの劣等生が言うんだから、本当にうまい。友美の分掌は下手なラノベを読んでいるより面白い。
 友美は自信があるんだ。これをきっかけにライターになろうとしている。見た目も学校で10人に一人ぐらいに可愛いから、そっちのほうでも狙っているかもしれない。

 オレの伸子への忠告は、ただ一つだった「関わんな!」 伸子はあっさりと頷いた。正直、クラスで他人の関係になっていたことを、オレは喜んだ。

「トドム君、話があるの……」

 ミリーが、目を潤ませて、そう切り出したのは、絵の仕上がった成人の日だった。

 この三か月で、ミリーはみるみるきれいになっていった。なんて表現したらいいんだろう……上手く言えないけど、AKBの選抜がデビューしたときと卒業したときぐらいに違いがあった。

「オレは単に絵描いただけだから、あんま難しい話は分かんねえよ。劣等生だしさ」
「ううん、こんなに、あたしのことを見つめて、しっかり描いてくれたんだもの。トドム君なら分かってもらえる……ううん、もう気づいてる」
「え……」
「ほら、その顔。気づいてるんだ」
「いや、あ、え、絵とか写真のモデルになると、大人びた魅力が出てくるもんだよ」
「トドム君は正直だ……あたし早期老化症候群なの」

「え……?」

「去年の春に、保険にはいるためにDNA検査して分かったの。ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群でもコケイン症候群でもない。老化の速度は人の三倍。あたし18歳だけど体は25歳ぐらい。二年もすれば30歳……10年すれば60を超えてしまう。長生きしても40歳がいいとこでしょう……」
「ミリー……」
「このごろ老化の速度が早くなっているような気がするの……ひょっとしたら30まで持たないかもしれない」
「それで、オレに絵を……?」
「うん。自分の一番いい時の姿を残しておきたかったから……泣かないでよ。これでも希望を捨てたわけじゃないんだから」
「なんか治療方法はないのかよ?」
「そのために日本に来たの。日本の医療技術はすごいけど、規制が厳しくて自由な研究がでいない。でも密かに、この難病の研究をしている人がいるの。それにあたしは賭けているの」
「……治りそうなのか?」
「この三か月は上手くいかなかった。でも上手くいった」
「え、でも……」

 ミリーは裸のまま、オレに抱き付いてきた……なにが上手くいったと言うんだ?

 そう思いながら、ミリーの背中に恐るおそる腕を回した。


 あくる日からは、ミリーは学校にやってこなくなった。

 出来上がったキャンパスはミリーの家だが、オレは、ミリーの了解を得て写真に撮ってある。
「……そうだったのか!」
 思わず声になってしまった。授業中だったので先生に注意された。伸子は、相変わらず他人顔。
 ミリーは、ほんの数週間だったけど、理想的な大人の女になったんだ。それが上手くいったということなんだ。オレも初めて人を好きになった。

 今は、三回目の落第にならないように励んでいる。オレは普通の劣等生なんだから。

                                 落葉 留 

コメント

高校ライトノベル・音に聞く高師浜のあだ波は・17『温泉ガールズトーク』

2018-02-20 06:37:12 | 小説6

高校ライトノベル
 音に聞く高師浜のあだ波は・17
『温泉ガールズトーク』
         高師浜駅


 とにかく女は温泉好き!

 男に言われたらムカつくかもしれへんけど、じっさい温泉に来てみたら実感!


 四時間の入浴付きランチコースやねんけども、あたしらはランチの前と後と二回も入った!
 そら、おまえらだけやろ? いえいえ、二回入って、七人ほどは同じ人が入ってたから、あたしらだけやありません!
 そうやって、二回入ったからこそのドラマがありました。

 あ、アッちゃん!

 思わず声に出てしまいました。
 教室ほどの広さの浴室に入った時、お婆ちゃんと仲よう浴槽に浸かってるアッちゃんと目が合いました。
「ホッ……美保ちゃん!」
 ホッチと言いかけて、昔のニックネームに言いなおして、アッちゃんはビックリした。

 いやー、久しぶり! から始まって、なんでお互い八尾の温泉に来てるかになり、お婆ちゃんとあたしのツレ(すみれと姫乃)を紹介し合い、みんなで温泉に浸かった。

 懐かしい子ども時代の話しやら学校の話しで盛り上がる。
 地元の高石から離れてることもあるんやろけど、アッちゃんは、ほとんど屈託もなく話をして聞いてくれる。
 ただ、ときどき、あたしらの(けして立派なものではありませんが)胸にチラチラ視線が来るのが――ああ。気にしてんねんなあ――でした。

 アッちゃんは、長湯のお婆ちゃんに付き合って、あたしらが上がっても浸かってる。

 あたしらは、いったん上がって頭やら体を洗うことにしました。
 頭を洗いながら、右から感じる視線。
「な、なんやのん?」
「盲腸の傷跡って、分からなくなるんだね」
 姫乃が感心した。
「回復力がええのんよ、よう見たら、うっすらと分かるんやけどね」
 傷跡を示す。今度は左側から視線を感じる。
「おー、ちゃんと生え揃ってきたやんか!」
 すみれの遠慮のない感心に、後ろの浴槽でお婆ちゃんとアッちゃんも笑う。
 恥ずかしいので足を閉じて身体を洗う。

 美保ちゃん、盲腸の手術したん?

 斜め後ろから、アッちゃんが覗き込んできた。ビックリしました。
「え、あ、うん。二か月前にね」
「……ほんま、ほとんど傷跡分かれへんね」
「アハハ、ま、お医者さんの腕もよかったんやと思うよ」
 ペチャパイなんか気にするな! と思てるから、隠すわけにもいきません。
「兄ちゃんも中三の修学旅行前に盲腸やったけど、兄ちゃんの傷跡は、もっとクッキリしてる」
 妹は、ちゃんと観察してる……と思うと同時に、マッタイラのことが思われた。
 あいつが盲腸やったなんて、きれいに忘れてた。
 中二いうたら、ついこないだ……修学旅行いうことは、まだ生え揃えへんうちに行ったんやなあ……。
――あそこの毛ぇ剃ったんか?――
 あれは単なる冷やかしと違うて、マッタイラなりの共感があったんちゃうやろか……なんて思てしもた。

 それは、ランチのあと、二回めの浴室で起こった。

 姫乃は寝てしもたんで(温泉いってます)のメモを残して、すみれと行った。
 ちょっと遅れて、アッちゃんとお婆ちゃんも入って来た。
 温泉というのは身も心もほぐれるもんで、こんどはお婆ちゃんも参加しての拡大ガールズトークになった。

 トークが佳境に入って来たころに、その人が入って来た。

 ガラガラと浴室の戸が開く音がして、きれいな形のいい足が近づいてきた。
「ご一緒させていただきます」
 銀河鉄道のメーテルみたいな声で、その人は浴槽に浸かってきた。
 スタイルもええし、ルックスもメーテルの実写版。
 ほんで、この女の人は、いつのまにか、ガールズトークに入ってきた。
 アッちゃんのズッコケで、みんなが笑った時、その人が胸を隠していたタオルがハラリととれた。

 !…………その人は左の乳房が無かった。

「あ、ごめんなさい。去年手術でとってしまったもので」

 その人は、わずかにはにかみながらサラリと言った。
 いっしゅん凍り付いたけど「それは難儀なことでおましたなあ」というお婆ちゃんののどかさで空気はすぐに解れた。
 それからも、その人がムードメーカーになって、ガールズトークは続いた。

「もうマッタイラでも気にせえへん、新学期からは学校にいくさかい!」

 送迎のバスに乗ろうとしたら、アッちゃんが駆けてきて、それだけ言ってお婆ちゃんといっしょにホテルのゲートを出て行った。
 山本八幡宮の効き目だろうか、お風呂でいっしょだったあの人は、先に行ったのか姿が見えなかった。

 冬にしては穏やかな午後の日差しの中、バスは玉櫛川沿いの道を戻っていくのでした。
 

コメント