大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・イスカ 真説邪気眼電波伝・35「ブスのクラブサンドイッチ・2」

2018-02-13 14:50:57 | ノベル

イスカ 真説邪気眼電波伝・35

『ブスのクラブサンドイッチ・2』

 

 

 お、おいしい……かな? から始まった。

 

 一個目を食べて二個目に手を出すまでに、ブスは十回くらい感想をせがんだ。

 オレはグルメでもなきゃ、料理評論家でもない。美味しいものは美味しいとしか言いようがないんだけど、そんなもんじゃ許さない気迫があった。

「端っこまで具が入ってるぜ、グー!」「洒落てないで」「マヨネーズの酸味がいい」「ワインビネガーが入ってるの」「んなもん入れたらビチャビチャになるだろ?」「かき回して水分飛ばしてるの」「そうなんだ」「ハムの味がしっかりしてる」「それはボローニャソーセージ」「ボ、ボロ?」「豚肉を細かくひき肉にしたものに塩・コショウなどの調味料やピスタチオやパプリカなどと脂身が入っていて、柔らかくて美味しいのよ」「レタスがシャッキリ」「氷水で締めたから」「玉子焼きの味が……」「焼き加減と溶かしバターね」「パセリが……」「叩いて香りを出してるの!」「パンが……」「焼きたて!」

 

 これだけの会話をしながら食べてるオレも偉いと思うぜ。

 

「ブスは料理が好きなのか?」

「これだけのもの作って嫌いなわけないでしょ」

「サンドイッチの店が開けるぜ、これだけ美味しんだから」

「う……うん」

 ブスは少し言いよどんだ。あれ? と思ったけど聞けなかった。

 

 なぜって……とんでもないことに気づいたからだ。

 

「え……なんで味がしたんだ?」

「そりゃ食べたからじゃん」

「だって、これってゲームだぜ。食べる真似はできても味なんかするはずないだろ……?」

「フフ、味だけ?」

「……え? あ、あ? あ?」

 首を巡らせて驚いた。360度全てが見渡せて、景色もブスの姿も立体の3Dだ!

 オレは32インチのモニターを一メートルくらいの距離で使っているので、没入感はすごいけど、VRではない。

 そういや、風のそよぎも肌で感じるし、傍に寄ったブスの温もりも感じる。よくできたゲームは時々五感を錯覚させるが、あれは錯覚であって、こんなに生々しいものではない。

 オレの脳みそは混乱しながら思い出していた。

 ブスと出会ったころは普通のオンラインゲームだった。コーヒー飲みながらキーボド叩いていても、コーヒーもキーボードもディスプレイのこっち側のものだと認識していた……そうだ、今夜ログインしてルベルの街に来て……ブスに振り回されっぱなしだったから気が付かなかったけど、すでにVR以上のリアリティーと没入感だった。

「それはね……わたしのせいなんだけど、ま、いいじゃん。リアリティーある方がいいでしょ。さ、食べ終わったら、さっさと48層の攻略に行くわよ、迷子にならないように付いてきなさい!」

 ブスは立ち上がるとランチセットを消してスタスタと歩きはじめる。

 ここで置いてけぼりを食ったら、二度とログオフできないような気がして、我ながら情けなくもアタフタしながら赤いマントを追いかけるオレ様だった。

 

コメント

高校ライトノベル・ライトノベルベスト〝そして 誰かいなくなった〟

2018-02-13 06:57:26 | ライトノベルベスト

ライトノベルベスト
〝そして 誰かいなくなった〟
 


「へへ、どの面下げてやって来ちゃった!」

「キャー、恭子!」
「来てくれたのね!」
「嬉しいわ!」
 などなど、予想に反して歓待の声があがったので、あたしはホッとした。

 正直、今朝まで同窓会に行くつもりは無かった。
 あたしは、高校時代、みんなに顔向けできないようなことをしている。

 校外学習の朝、あたしは集合場所には行かずに、そのまま家出した。
 FBで知り合った男の子と、メルアドの交換をやって、話がトントン拍子に進んで家出の実行にいたるのに二か月ほどだった。

 校外学習の朝に家出するのは彼のアイデアだった。

「なに来ていこうかな~♪」
 てな感じで服を探したり、バッグに詰め込んでも親は不審には思わない。
「帰りにお茶するの」
 そう言うと、お父さんは樋口一葉を一枚くれた。同じことを兄貴に言うと一葉が二葉になった。
「行ってきまーす!」
 そして担任の新井先生には「体調が悪いので休みます」とメールを打つ。

 これで、あたしの行動は、10時間ぐらいは自由だ。

 彼は品川まで迎えに来てくれていた。それまでに、たった二回しか会ったことはなかったけど、ホームで彼の顔を見たときは涙が流れて、思わず彼の胸に飛び込んだ。携帯は、その場で捨てて、彼が用意してくれた別の携帯に替えた。

 二人揃って山梨のペンションで働くことは決めていた。でも、一日だけ彼と二人でいたくって、甲府のホテルに泊まった。ホテルのフロントで二人共通の偽の苗字。下の名前はお互いに付け合った。あたしは美保。彼は進一。なんだか、とっても前からの恋人のような気になった。部屋に入ったときは、新婚旅行のような気分だった。

 そして、その夜は新婚旅行のようにして一晩をすごした……。

 彼の正体は一カ月で分かった。

 同じペンションで働いている女の子と親しくなり、お給料が振り込まれた夜に二人はペンションから姿を消した。
 あたしはペンションのオーナーに諭されて、一カ月ぶりに家に帰った。

  捜索願は出されていたが、学校の籍は残っていた。

 学校に戻ると、細部はともかく男と駆け落ちした噂は広がっていた。表面はともかく学校の名前に泥を塗ったから、駆け落ちの憧れも含めた好奇や非難の目で見られるのは辛かったが、年が変わり三学期になると、みんな、当たり前に対応してくれるようになった。

 そして、卒業して五年ぶりに同窓会の通知が来た。

 家出の件があったので、正直ためらわれたが、夕べの彼……むろん五年前のあいつとは違うけど、ちょっとこじれて「おまえみたいなヤツ存在自体ウザイんだよ!」と言われ、急に高校の同窓生たちが懐かしくなり、飛び込みでやってきた。

 来て正解だった。昔のことは、みんな懐かしい思い出として記憶にとどめていてくれた。

「みんな、心の底じゃ恭子のこと羨ましかったのよ」
「あんな冒険、十代じゃなきゃできないもんね」
「もう、冷やかさないでよ」

 そのうち、幹事の内野さんがクビをひねっているのに気づいた。

「ウッチー、どうかした?」
 委員長をやっていた杉野さんが聞いた。
「うちのクラスって、34人だったじゃない。欠席連絡が4人、出席の子が29人。で、連絡無しの恭子が来て、30人いなきゃ勘定があわないでしょ?」
「そうね……」
「会費は恭子ももらって30人分あるんだけどね」
「だったら、いいじゃない」
「でも、ここ29人しかいないのよ」
「だれか、トイレか、タバコじゃないの?」
「だれも出入りしてないわ」
「じゃ、名前呼んで確認しようか?」
「うん、気持ち悪いから、そうしてくれる」

 で、浅野さんから始まって出席表を読み上げられた。あたしを含んで全員が返事した。

「ちゃんと全員いるじゃない」
「でも、数えて。この部屋29人しかいないから」
「え……」
「名簿、きちんと見た?」
「見たわよ、きっかり30人。集めた会費も30人分あるし」
「……もっかい、名前呼ぼう。あたし人数数えるから」

 杉野さんの提案で、もう一度名前が呼ばれた。

「うん、30人返事したわよ」
「でも、頭数は29人しかいないわよ」
「そんな……」

 今度は全員が部屋の隅に寄り、名前を呼ばれた者から、部屋の反対側に移った。

「で、あたしが入って……29人」
 内野さんが入って29人。名簿は30人。同姓の者もいないし、二度呼ばれた者もいない。

「だれか一人居なくなってる……」
 一瞬シンとなったが、すぐに明るく笑い出した。
「酔ってるのよ。あとで数え直せばいいじゃん」
 で、宴会は再び盛り上がった。

「ちょっと用足しに行ってくるわ」

 あたしは、そう言ってトイレにいった。

 で、帰ってみると、宴会場には誰もいなかった。

「あの、ここで同窓会してるN学院なんですけど……」
 係の人に聞くと、意外な答えがかえってきた。
「N学院さまのご宴会は承っておりませんが」
「ええ!?」

 ホテルの玄関まで行って「本日のご宴会」と書かれたボードを見て回った。N学院の名前は、どこにもなかった。

 それどころか、自分のワンルームマンションに戻ると、マンションごと、あたしの部屋が無くなっていた。
 スマホを出して、連絡先を出すと、出した尻から、アドレスも名前も消えていく。そして連絡先のフォルダーは空になってしまった。

「そんなばかな……」

 すると、自分の手足が透け始め、下半身と手足が無くなり、やがて体全体が消えてしまった。

 こうやって、今夜も、そして誰かいなくなった……。

コメント

高校ライトノベル・永遠女子高生・3《久美・2・友ゆえの試練》

2018-02-13 06:46:22 | 時かける少女

永遠女子高生・3
《久美・2・友ゆえの試練》
       

2000年の2月29日という400年に一度しか巡ってこない日に「みんなの幸せが実現するまでは、天国へ行かない」と誓って亡くなった結(ゆい)は、永遠の女子高生となって時空を彷徨う。


「これ、本当に藍本さんが書いたの?」

 久美は放課後、小百合を相談室に呼び出した。

 どうも、印象が合わない。小百合は豊かな髪の毛を、今時珍しいお下げにし、両肩に垂らしている。前髪もほどほどで、制服は、そのまま学校紹介の見本に使えそうなくらいキチンとしている。
 顔つき、特に目は親しみと慈愛と言って良いほどの親近感に満ちている。
 だから、暫定的に、この「先生は、バー○ンですか?」は、誰かが小百合の名を騙ってイタズラしたと考えたのだ。

「はい、わたしが書きました」

 期待を裏切る答が返ってきた。用意していた次の質問をする。

「じゃ、どういう意味かしら?」
「読んで頂いたとおりです」
 小百合は、しごく冷静に答えた。
「伏せ字になっているから分からないわ。こういう聞き方をするのは失礼じゃないかしら」
「わたしは、マニュアルみたいな質問をしては失礼だと、思ったんです。それをお読みになって、頭に浮かんだお答えがいただけたらと……そう思ったんです」

 久美の頭には○の中に入る字がフラッシュし、表情が固くなった。

「こんな質問に……」
「答える義務はありません」
「分かりました。そして松原先生が答える義務はありません。じゃ、失礼します」
 小百合の早い反応に久美は着いていけなかった。
「藍本さん」
「いいんです。先生がバージンじゃないことは分かりました」
「藍本さん!」

 久美は、顔を赤くして立ち上がった。

「わたしが聞きたかったのは、別の言葉です。失礼ですけど、先生にはトラウマがあるように思いました。失礼します」

 久美には、とっさにかける言葉が無かった。

 夕方を待って、小百合は学校を出た。

 久美が出てくる寸前を狙った。電柱三つ分後ろの久美には、下校する生徒の一人にしか見えない。目立つお下げは下ろしてある。
 駅近くの公園まで来たとき、S高校の男子生徒たちがたむろしている気配を感じた。S高校は二の丸高校に比べれば、いささか品が落ちるが、ワルというほどの者は少ない。
 小百合は、S高の男子たちのリビドーを少しばかり刺激してやった。公園の入り口あたりに来ると、S高の男子たちの視線が突き刺さってきた。

「よう、二の丸のカ~ノジョ🎵」
「シカトしないで、お話してくんないかなあ」

 怯えたフリをしていると、公園の入り口まで来て、小百合を取り巻き始めた。さすがに胸やお尻を触る者はいなかったが、気安く髪や腕に触れてくる。嫌がり怯える風を装ったが、男子生徒たちの欲望はかき立てるが、ちらほら通りかかる通行人は見て見ぬふりである。

 久美は揺れていた。小百合が絡まれているのは分かっているが、足がすくんで動かない。小百合は、もう少し男子生徒たちを刺激した……直接心に入り込んで、男たちの自制心を緩めてやった。
 一人が、ぎこちなく腕を掴むと、公園の中に引きずり込もうとした。小百合は声を出さずに抗った。

「う、うちの生徒に、何をするのおおおおおおおお!」

 久美が、思い切って声を上げた。そして公園の入り口まで来た。

「なんだ、おめえセンコーかよ」
「……いや、そのリクルート姿は教育実習だな」
「いい度胸してんじゃん」
「痛い目に遭うぜ、ネーチャン」

 久美は、襟元を掴まれそうになり、反射的にのけ反った。高校生の時の体験がフラッシュバックする。ちょっとした段差に引っかかって尻餅をついてしまった。

「オネーチャンの太ももも、なかなかそそるじゃんかよ」
「一人じゃ足んないから、二人いっぺんにいくか。おい、真部のアニキに車で来てもらえよ」
「おお、まかしとけ!」
 一人の男子が、スマホを取りだした。
「もしもし……」
 と、一声言ったところで、スマホは男子もろとも吹き飛んでしまった。他の男子たちはあっけにとられた。
「今の、あたしの回し蹴りだから。今なら、その子だけで勘弁してあげる。それとも自分でやってみなきゃ分からないオバカさんかしら」
 そう言いながら、小百合は手早く髪をヒッツメにした。
「なめたマネしやがって」
「そう、今のはほんのマネ。これから本気でいくからね……」

 久美には、何が起こっているのか、よく分からなかった。小百合が二三度体を捻ると、男たちは、放り出されたサンマのように転がった。

「まあ、骨が折れるようなことはしてないから。一週間も痛めば治るわ。松原先生いきましょう」

 少しは大変だと思い始めたようだ。二週間じっくりかけて、考え直させよう。

 小百合は、腹をくくった。

コメント

高校ライトノベル・〔普通科高校の劣等生・3〕

2018-02-13 06:38:51 | 小説5

高校ライトノベル
〔普通科高校の劣等生・3〕



 うかつにも心を読んでしまった!

 正確には、読もうと思う前に飛び込んできた。
 二学期の始業式、担任の八重桜(ニックネーム)さんが、転校生を連れて教室に入ってきた。

 帰国子女で秋野美理という。お父さんが日本人で、お母さんがカナダ人というハーフ。で、可愛い。

 髪はブルネットとブロンドの間ぐらいで、それを頭のスィートスポット(顎と耳の延長線上で、一番ポニーテールが映える)でポニーテールにしている。スタイルもいいんだろう、制服が入学案内のパンフレットのように似合ってる。
 で、さすがは半分カナダ人。笑顔の振り向け方や、目線の配り方など堂に入ってて、まるで、ベッキーみたいなタレントさん。

「カナダのトロントから来ました……」

 なんと彼女は社会のM先生より上手い北米地図を描くと、五大湖をサラリと描き、オンタリオ湖の傍にトロントとワシントン、ニューヨークを描き入れバカでも分かる出身地を示した。

「トロントというのは、ヒュ-ロン族の言葉で「人の集まる場所」という意味で。あたしも人の集まる学校とかは、好きです。名前は秋野美理と書くけどもこれは、英語のMillieを漢字にあてたもんで、どうか気楽にミリーって呼んでください」

 短く的確、簡潔な自己紹介にみんな好感を持ったようで、拍手が沸き起こった。

 しかし、オレには読めてしまった。

――なんて、ボンヤリした連中! 評定5・6! ハア、こんな連中と一緒にやるわけ? カナダに居たら、この秋からは三年だってのに、なんで、二年なわけよ。制度か単位だか知らないけど、人間は、もっと実力で判断しなさいよ! ま、とにかく歳は言わないように。日本人には18で二年だなんて、落第としかとらないだろうからね――

 ミリーの表情と、中味が全然違うことに気づいてしまった。女が恐ろしいのは妹とお袋で良く分かってるけど、こんなに内側と外側の違うのは初めてだ。で、おまけに席が、オレの隣になってしまった。クラスのみんなの気持ちが押し寄せてきた。

――羨ましい~!――

 オレは、こういう多重人格者とは、あまり関わりになりたくなかったが、あくる日の英語の時間に、不可抗力で起こってしまった。

「夏休みの思い出を、英単語10個以上使って表現しなさい」
 という無理を先生が言う。オレは辞書を駆使して「二回目の二年生、しっかりがんばろうと蝉しぐれを聞きながら思い。宿題は半月でやり遂げました」と。そつなく書いた。実際は、妹と宿題を折半してアンチョコ見ながらやっつけただけ。

「落葉くん、いい心がけね」
 

 お誉め頂いた。だが、ミリーの英作文に、英語の先生は(カナダの帰国子女とは気づかずに)ケチをつけた。

「秋野さん。高校二年になって、こんな間違いしちゃいけませんね」
「be動詞が抜けてるし、二人称の『U』は、なんなの。こんなの通じないわよ」
「普段は、ずっとそれで通してるんですけど」
「いけませんねえ。中学一年程度の間違いですよ……」
「じゃ、どう書けばいいんですか?」
「みんなも、見てらっしゃい。こんな風に……」
 

 書きだしたら。ミリーが途中で笑い出した。

「何が、おかしいの!?」
「すみません。でもその文章はひどく……」
「なにが、ひどくなの?」
「古典的というか、文語的で、まるで大統領か総督に出してる手紙みたい……なんです」
「なんですって! あたしはね、これでも……」
「先生、『u』てのは、スラングで『YOU』のことなんです。チャットやってたら、みんなそんなんです」

 オレは、特にミリーの肩を持つつもりじゃなかった。ただ、不毛ないさかいが起こるのと、英語の先生がネイティブのミリーにズタズタにされるのが、嫌だったからだ。どうも子供の頃の親同士のいさかいにゲンナリしたトラウマかもしれない。

 これが、思わぬ結果を生むんだよなあ……。

コメント

高校ライトノベル・音に聞く高師浜のあだ波は・10『11月23日は何の日?』

2018-02-13 06:31:31 | 小説6

高校ライトノベル
 音に聞く高師浜のあだ波は・10
『11月23日は何の日?』
      高師浜駅


 11月23日は勤労感謝の日……なんやけども、今年は違う。

 今年の11月23日はゲームの日なんです!

 全日本アミューズメント施設営業者協会連合会と日本アミューズメントマシン工業協会いうゲーセンの元締めみたいなところが決めたゲームの日。
 

  この日は、ゲーセンではいろんなイベントやら特典があるらしい。

 この情報は、二年の三バカ(足立・鈴木・滝川の三人)を叱ってくれた立花さんが教えてくれたもの。
 お父さんがゲーム会社の重役さんなので、立花さんはいろいろと詳しい。

 で、あたしは一人で駅前のゲーセンに足を運んだ。

 ほんまは、スミレヒメノホッチの三人で来たかったんやけど、すみれは弓道部の試合、姫乃は家の用事でアウト。
 早く済んだら行くね、とは言うてくれてるけど、当てにはせえへん。
 当てにしてて、来えへんかったら寂しさ倍増やもんね。

 なるほどね~

 ゲーセンは、いつもの二割増しくらいの人出。
 フリ-プレイになってるリズムゲームやら電車でゴーは人だかり。
 あたしは、人だかりのフリーゲームを尻目にクレーンゲームへ。
 四つあるクレーンゲームはいつもの通りなんで、人だかりはしてない。けども、これが本日の目玉……と、教えてもろた。

 ドキンちゃんをとる!

 そう決めてた。

 子どものころに家族でゲーセンに来て、クレーンゲームで『アンパンマン』のぬいぐるみをコンプリートしかけたことがある。
 月に一回しか合われへんお父さんが頑張ってくれて、メロンパンナちゃんとドキンちゃん以外はゲットした。
「また、今度獲ってやるわ」
 お父さんは、そない言うてくれたけど、あれ以来お父さんには会われへん。そやから、今日はメロンパンナちゃんとドキンちゃんを狙う。

 百円入れて、ゴーアヘッド!

 子どものころチャレンジした時は二百円やった。百円になったのはゲームの日やからではなくて、アンパンマンの人気が衰えてきたからみたい。わずか十六年の人生やけど、やっぱり時の流れを感じる。
 目指す二つのキャラは数が少ない。アンパンマンやらバイキンマンの間に埋もれてる。
――ま、ええわ。あのぬいぐるみは失くしたから、また獲っとこか――
 メロンパンナちゃんに覆いかぶさってるアンパンマンを獲りにかかる。

 あっさりゲット!

 よう分からへんけど、獲りやすなってる。やっぱりゲームの日やからか?
 さらに百円ぶちこんでバイキンマン……これもゲット!
 次にメロンパンナちゃん……と思たら、食パンマンが邪魔をしてる。

 オーシ!

 腕まくりして百円を投入!
 持ち上げたところでグラっときたけど、ソロ~っとやって、これもゲット!
 思わずガッツポーズ!

 さて、いよいよメロンパンナちゃん。

 ……クッソー!

 うまいこといかへん。

 三百円使たけど空振り。まあ、あたしの腕で初戦三つゲットしただけでも上出来なんやけども。
 やっぱりゲットしたい!

 …………グッソー!!

 四回目、パチンコ屋でパチンコ台のガラス叩いてるオッサンの気持ちが分かる。

「苦労してんな~」
 真後ろで声がしたんで、ビックリした!
「あ、滝川のニイチャン!?」
 学校では聞いたことがないようなフランクな声に戸惑う。
「狙てんのはメロンパンナか?」
「あ、え、うん。それとドキンちゃん……かな?」
「よし、ちょっと代われ」
 有無を言わさず、あたしのポジションに着く。
「見とれよ…………」
 滝川のニイチャンは、めっちゃ神妙な顔になってクレーンを操作した。
 途中クレーンを止めると、筐体の横に回ってチェック。そして、一気呵成にクレーンを下ろす。

「「ゲットォーーーー!」」

「よし、次はドキンちゃん!」

 滝川のニイチャンは、百円を投入しようとした。
「あ、ちょっと待って!」
「え、どないしたんや?」
「ドキンちゃんはええわ」
「なんで? 今やったら獲れるで」
「ありがとう、今日は……あ、姫乃!」
 入り口に姫乃の姿が見えたんで手を振る。
「ごめん、遅くなって!」
「ううん、かめへんよ」
「ホッチ、ひとり?」
「あ、そやったんやけど……」
 横を向くと、滝川のニイチャンの姿が無かった。

 あいつは姫乃に気ぃあったはずやのに?

 それから、姫乃と隣のクレーンゲームで遊ぶ。チョコやらお菓子やらをいっぱいゲット、すみれへのお土産にした。
 

コメント