大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・イスカ 真説邪気眼電波伝・31「マトリックス」

2018-02-09 14:31:55 | ノベル

イスカ 真説邪気眼電波伝・31

『マトリックス』

 

 

 魔物やモンスターばかりの一日だった。

 

 学校に着くなり時間が停まっていてドラゴンと戦うハメに、昼には三宅先生に取りついた魔物と命のやり取り。気のいい佐伯さんまで巻き込んでしまった。パラレルから飛ばされてきた三宅先生は、ここがパラレルだとも気づかず、海水に入れられた淡水魚のように死んでしまった。やっと落ち着いた帰り道、危うく愚妹の優姫に化けた土くれに化かされるところだったが、イスカの機転で大事に至る前に退治することができた。

「なによ、人懐っこい顔して」

 脱いだ靴を揃えているイスカをシミジミ見てしまった。

「え、あ、いや、ごめん」

「気持ちは分かるわ、大変な一日だったものね。我が家の温もりに、思わずシミジミしたのよね……その安堵感の何割かがわたしだったら嬉しい」

「めがね……」

「え?」

 イスカが眼鏡をかけていないことに気づき、イスカも、いま初めて気づいた様子だ。

「あ、バトルが続いたんで無くしちゃったかな……」

 言いながらマジシャンのように手を回すと眼鏡が現れた。

「眼鏡無いのもいいよ……」

「ハハ、そんな惜しそうに言われたら掛けられないわね」

 他愛のないことを言いながら部屋のドアを開ける。

 玄関に入ってきた時以上の温もりを感じてベッドに直進して横になってしまう。

「ごめん、すぐに起きるから……」

「いいわよ、わたしもなんだか……」

 イスカもオレの横に並んでしまう。オヤオヤとは思うんだけど、こんなにリラックスできるんだ、当然か。

「しばらく起きれないかも……」

「いいわよ、わたしが起こしてあげる……」

 そう言いながら、イスカは気持ちよさそうに目を閉じてしまう。

――ま、いいか――

 いろんなことがあり過ぎた一日だ、少しくらい自分を甘やかしてもいい……。

 

 目を閉じると、ごく小さいころにお袋の膝で眠ってしまったような懐かしさになる……いや、まるで子宮の中にいるような安心感だ。

「お茶が入りました……」

 優姫がお盆にお茶を載せて入って来た。優姫も、いっそう優し気だ。

 その優しさは、家の優しさと結びついて……オレも家と同化してもいいという気持ちになる。

 机にお茶を置く優姫は、羨ましくも同化が始まっていて、部屋のあちこちから伸びてきた菌糸がくっ付き始めている……ああ、出来かけの繭の中の蚕って……こんな感じだったよな……小学校でみた学習映画を思い出した。

 

 ビチ ビチビチビチビチビチビチ!

 

 ガムテープを剥がすような音をさせてイスカが起き上がった!

 髪や制服はベッドと一体化し始めていて、何百本かの髪と制服の破れが持っていかれたが、半裸になったまま優姫に跳びかかった。

「油断していたああああああああああああああああああ!」

 ネバネバのまま優姫に跳びかかると、ネチャネチャ音をさせながら取っ組み合いになり、やがて右こぶしを千枚通しのようにして優姫の頭を刺し貫き、溶けかけのゴム人形のように頭を引き抜こうとした。

 ネチョーーーーーーブチュ!

 名状しがたい音をさせてくびが抜けた。

「逃げるわよ、掴まって!」

 ごきぶりホイホイに掴まった仲間を助けるようにオレを引き剥がしにかかるイスカ。

「い、い、痛い! いててて! 痛えーーーーーー!」

 

 ブチョ! ズブズブズブズブブブブブブーーーーージュポ!

 

 イスカの頑張りで、抜け出したのは、ついさっき夕焼けを愛でていた切通だ。

 家の方を振り返ると、そこには巨大な、それこそ家ほどの大きさの肉塊、それが断末魔に身を捩っている。

「マトリックス……」

 イスカが、ちょっと昔の映画のタイトルを呟いた。

「え?」

「子宮って名のモンスターよ……多分、今日一日のことはあいつが仕組んだことよ……何度も痛めつけて、最後は得物が安息を求めるところまで疲弊させて、最後には自分の中に取り込んで生まれ変わらせる……あのままいっていたら、ルシファーの下僕にされていたわ……危ないところだった、ほんとうに……」

 そう言うと、イスカはオレにしなだれかかって来た。

 エネルギーが不足してきたんだ。もう分かっていたから、イスカのするに任せてやる。いや、オレの方からも腕を回して抱きしめてやる。もう、何度もやったエネルギーのチャージだ……と思っていたら、イスカの体がめり込んできた。

 出来の悪いCGがポリゴン抜けをするのに似ている。

「ちょっと間に合わなかった……」

 残念そうに言うと、まるでHPを完全に失って、最終セーブポイントまで転送されて行くプレイヤーのように儚くなっていった。

 

「イスカ……」

 

 イスカの姿もマトリックスも切通も消えて行ってしまった。

 そうだよ、オレの近所に見晴らしのいい切通なんかねえもんな……。

 

コメント

高校ライトノベル・ライトノベルベスト・ボクとボクの妹

2018-02-09 07:20:13 | ライトノベルベスト

ボクとボクの        


 ボクの妹は、自分のことを「あたし」という。気持ちの悪い奴だ。

 といって、ボクは男ではない。れっきとした十八歳に成り立ての女子高生だ。
 世間ではボクのようなのを『ボク少女』などとカテゴライズされていて、ネットで検索すると以下のようである。

 ボク少女(ボクしょうじょ)、またはボクっ子(ボクっこ)、ボクっ娘(ボクっこ)、僕女(ぼくおんな)は、男性用一人称の「ボク」などを使う少女のこと。 Wikipediaより

 生まれて気づいたら、自分のことを「ボク」と呼んでいた。
 ボクは、いわゆる「女の子」というのを拒絶している。悔しいことにWikipediaでも同じように書いてある。あれとは、ちょっとニュアンスが違うんだけど、文字にすると同じようになる。

「お姉ちゃんは否定形でなければ、自己規定ができないんだ。そんなの太宰治みたいに若死にするよ」
 とニベもない。
 ボクだって、社会常識はある。「ボク」と言っていけないシュチエーションでは「私」という中性的な一人称を使う。そう、例えば職員室とか、面接の練習とか、お巡りさんに道を聞くとき(まだ聞いたことはないけど)とか。

「春奈なに編んでんのさ?」
「見りゃわかるでしょ」
「分からないから聞いている」
「ミサンガよ」
「やっぱし……」
 風呂上がりの髪を乾かしながらため息が出た。
「なによ、ため息つくことないでしょ」
「なんで、ニサンガぐらいの名称にしないんだ……」
「ニサンガ……なに、それ?」
「六だ、二三が六。九九も知らないの?」
「じゃ、ミサンガは?」
 そう言いながら、赤糸と金糸を器用に編み込みにしていく。
「六にならん。ロクでもない。しいて言えば九だ。苦を編み出しているようなもんだ」
「お姉ちゃん、シャレになんないよ。これ、吉野先輩にあげるんだからね!」
「ああ、あの野球部のタソガレエースか」
「タソガレは侮辱だよ」
「事実だ。今年も三回戦で敗退。プロはおろか実業団とか大学の野球部からも引きがない。あいつの野球人生も、今度の引退試合が花道だろ……それも勝ってこそだけどな」
「怒るよ、お姉ちゃん!」
「勝手に怒れ。ボクは真実を言ってるんだ」
「いいもん。あたしは、こういう女の子らしい道を選ぶんだから。行かず後家まっしぐらのボク少女とはちがうのよ!」
「行かず後家ってのは、ちょっち差別だぞ。一生シングルで生きても立派な女の人生だ」
「田嶋陽子みたくなっちゃうぞ!」
「田嶋さんをバカにするな。尊敬する必要もないけどな」
「なによ、十八にもなって、彼氏もいないくせして!」
「春奈は、ボクのことを、そんなに浅い認識でしか見ていなかったのか?」
「だって、吉野先輩のこととか、メチャクチャに言うから」

 ボクは、無言のまま押入から紙袋を出してぶちまけた。

「なに、これ……?」
「こないだの誕生日に男どもが、ボクに寄こしたプレゼント。よーく見なさい!」
 妹は、プレゼントの一つから目が離せなかった。
「こ、これは……」
「そう、春奈のタソガレエースからの」
「くそ……よりにもよって、お姉ちゃんに!」

 妹は、発作的にハサミを持ち出して、編みかけのミサンガを切ろうとした。

 パシーン!

 派手な音をさせて、妹を張り倒した。加減はしている。鼓膜を破ることも口の中をきるようなタイミングでもない。春奈が歯を食いしばったのを狙って張り倒している。

「バカ、春奈は、そういうアプローチの道を選んだんだろう。だったら、そのやり方でやりきってみろ。意地でも、あの野球バカを自分に振り向かせてみろ。運良く、ボクはあんな男には興味ないからな」
「く、悔しい……!」
「いったん休憩して、風呂入ってこい。そいで続き編んで、明日野球バカに渡せ」
「試合は、今度の日曜……」
「だからバカなの!」
「なによ!」
「あげるんなら、早い方がいい。あの野球バカは、ボクにプレゼントするのに一カ月かけて欲しいモノ調べやがったんだよ。赤のシープスキンの手袋……やってくれたね。あやうくウルってくるとこだったよ。がんばれ妹!」
「でも、これじゃ勝負になんないよ」
「バカ春奈。戦う前に負けてどーすんだよ。さ、風呂だ。こうやってる間にも給湯器クンは懸命に風呂の追い炊きやってくれてるんだ……じれったいなあ!」

 あたしは、タンスからパジャマとパンツを出して妹の胸に押しつけ、部屋から追い出した。

 妹は、ほとんど忘れているけど、ボクたちには兄がいた。ボクが四つのとき亡くなった。ボクは、ボクの記憶の中でもおぼろになりかけている兄のためにも生きていかなければと思っている。

 だから「ボク」……バカ言っちゃいけない。ボクたちに、ちゃんとしたアイデンティティーを示してくれなかった大人が……学校が、国が……よそう、これもグチだ。

 あの震災で、パッシブなアイデンティティーと忍耐は学んだ。でも、人間って、もっとアクティブでなきゃいけないと思う。
 あのとき、そのアクティブを見せてくれた兄。うまく言えないけど、自衛隊の人たちにも、それを感じた。
 だから、ボクは自衛隊の曹候補生の試験をうけて合格した。

 入学式は、お父さんと妹と、妹のカレになった野球バカも来てくれた。それから妹は神楽坂48の研究生のオーディションに受かった。妹は、慰問に来てくれたAKBのファンだったけど、完成されたAKBよりも、可能性の神楽坂に可能性を見出した。ひょっとしたらボク以上に先を見る目ができたのかもしれない。

 神さまは、いつか「ボク」に変わる一人称……言えるようにしてくれると信じて。

 2025年  三島春香 

コメント

高校ライトノベル・ライトノベルセレクト・『チョイ借り・5』

2018-02-09 06:25:38 | ライトノベルセレクト

ライトノベルセレクト
『チョイ借り・5』
       


 次の土曜日、サイクリングに行った。

 チイコはオレンジに乗り、おれがチイコのママチャリに乗った。オレンジは、かなりのアシストをしてくれたので、チイコは楽勝だった。
「自転車って、楽しいね!」
 アシストされているとも気づかずに、チイコは楽しげに言った。オレンジはうまくやってくれている。
 オレは、当たり前のママチャリなので、どうなるか心配だったけど、これが平気で付いていけた。オレンジのやつ、新聞配達の間にアシストを少しずつ落としていって、どうやら近頃は、オレの自力でやらせているようだ。騙されたようだが、悪い気はしない。

 ただ行き先が奇妙だった。行き先はチイコが決めているようだが、実はオレンジが巧妙に誘導している。

「ハハ、もうほとんど埼玉県だよ」
 スポーツドリンク飲みながら、チイコが壮快そうに言った。
「たしか、この辺は……」
「見て、自衛隊の基地だよ!」
 オレたちは、阿佐ヶ谷の自衛隊駐屯地まで来てしまった。
「オレ、自衛隊に入る気はないぜ……」
 小声でオレンジに言ってみた。
「これは、チイコちゃんの運よ」
 と、一言言って黙ってしまった。

Japan Ground Self-Defense Force Public Information Centerの文字が目に入った。側には、もっとデカデカと陸上自衛隊広報センターと看板が出ていたが、オレンジの薫陶で、英文を見て訳すクセが付いてしまっている。

 オレは、特に自衛隊フェチじゃないけど、展示物には迫力があった。生まれて初めて本物の戦車を見た。

 二階のオープンシアターで、チイコは運命的な映像に出くわした。女性自衛官が災害派遣や訓練に励んでいる姿である。女性の自衛隊員が重機を動かしたり、中には幹部になって男性隊員を指揮している姿に感動していた。

「これだ……!」

 チイコの進路が決定した。

 チイコは、その場で入隊に関わる資料をもらい、明くる日の日曜にはオジサンの部屋で、資料とネットを駆使して、いろいろ調べた。そして、チイコの心が決まった。

「あの部屋にいって、何もしないで出てきたの初めてだな」
「なに言ってんの、一番充実した一日だったわよ!」
 チイコのトンチンカンが嬉しかった。
 進路の先生は、進歩派なので、自衛隊には反対したが、チイコの決心は固かった。

 そして、明くる春に、チイコは自衛隊に入った。

 成績が優秀なので、南西方面遊撃連隊という、自衛隊の海兵隊のようなところに回された。車の免許から、無線、小型船舶の免許まで取れて、チイコの嬉しそうなメールがくるのは、オレにも楽しかった。

 オレは、大学生になっていた。

 うちの高校からは二人しか通らない難関の大学で、みんなは奇跡だと言ったが、オレには当たり前だった。

 そのころから、オレンジの口数が少なくなってきた。

「どうか、したの?」
 オレンジが、久々に人間の姿で現れた時に聞いてみた。相変わらずオレンジのセーラー服を着て、ベッドのおれの横に寝転がった。
「変わったわね、ナオキもチイコちゃんも」
「そうかい? ま、確かにね……オレンジのおかげだよ。ここまで立ち直れたの。ありがとう」
「なに言ってんの、二人の力よ。二人の可能性がゼロなら、あたしが何をやっても答はゼロよ。チョイ借りのつもりが三年もいっしょに居ちゃった……」

 珍しく、オレンジの声が湿っている。

「どうかしたのか?」
 そう言うと、オレンジは横向きになって背中を見せた。思わず肩に手をやった。当たり前なんだろうけど、人間の女の子のように柔らかくて暖かかった。
「お願い、しばらく、そうしていてくれる」
「あ、ああ……人間のオレンジに触ったの初めてだな」
「ありがとう、人間て言ってくれて」
「オレンジ……」
「そのまま、これ以上はチイコちゃんに悪い」

 その明くる日、オレンジが居なくなった……。

コメント

高校ライトノベル・音に聞く高師浜のあだ波は・6『言葉というのは』

2018-02-09 06:18:46 | 小説6

高校ライトノベル
 音に聞く高師浜のあだ波は・6
『言葉というのは』
         高師浜駅


 言葉と言うのはむつかしい。

 たとえば、たこ焼き屋の岸部さんに「おっちゃん」と呼びかけると「まいど!」と、元気で機嫌のええ返事が返ってくる。
 あたしみたいなカイラシイ女の子やと、一個ぐらいオマケしてくれるかもしれへん。
 これを「おっさん」と呼びかけると、まずムッとされる。呼びかけたのが男やったら「なんやねん?」という尖がった返事になる。
 ほんで「なんやねん?」と返すと「なんやねん!?」になり、さらに「なんやねん!!?」の応酬になってどつきあいのケンカになる。

 マッタイラに「あんた」と呼ばれたヒメノは、岸部のおっちゃんが「おっさん」と呼ばれたくらいにムカついた。

「そら、マッタイラが可哀そうやで」
 そう答え、すみれも小さく頷いた。

 大阪では親しみの籠った二人称である「あんた」は関東人のヒメノには侮辱の二人称に聞こえたということやねんけど、侮辱の二人称ではないことから理解させならあかんかった。
「もっかい食堂にいこ!」
 あたしはヒメノの手を引っぱった。

「女子の話してんのんを、よー聞いてみい」

 そう言うて、三人で空いてる席に座った。
 食堂はピークを過ぎてたけども、男子とちごてデザートにも時間をかける女子が百人近く残ってた。
「この程度やったら、話の内容まで分かるねえ」
 すみれが促すと、ヒメノは耳をそばだてた。

「……ほんとだ」

 女と言うのは、食べてる間でもなにやらお喋りしてるもので、これがピーク時やとワンワンしてしもて、内容までは分からへん。そやけど、これくらいの人数やと意識して聞いてると断片が聞こえてくる。

 あちこちで「あんた」という二人称が飛び交ってる。食堂のおばちゃんも「あんた、なに?」と注文の確認をしたりしてる。
「ね、軽蔑とか、ケンカ売ってるニュアンスとちゃうでしょ?」
「ほんとだ……マッタイラ君に悪いことしたなあ」
 ヒメノは正直に困った顔になった。たとえマッタイラが相手だとしても困った顔になれるのは、ヒメノのええとこやと思た。
「わたしから言っとくわ」
 すみれが気楽そうに言う。あたしは『あそこの毛ぇ剃ったんか?』のわだかまりがあるので適任やない、かというて姫乃が自分でどうのこうのいうのは荷が重い。そういうとこを忖度して、サラリと言えるとこがすみれや。

「いや、やっぱ自分で謝る!」

 ヒメノはきっぱりと立ち上がって、サッサと食堂を出て行った。
「ちょ、ヒメノ!」
「こういうことは勢いでやらなきゃ、やりそびれちゃう!」
 ほとんど小走りになっているヒメノは自販機の前でたむろしている壁際男子を見つけ、真っ直ぐに突撃していった。

 ところが。

「ウ、ヤバイ!」
 リーダー格の木村の一言で、壁際男子らは逃げて行ってしもた。

「えーーーー、なんで!?」

「そら、あんな怖い顔して、あんな勢いで行ったらビビられるで」
「まあ、自然にタイミングが合うのんを待つことやねえ」

 掛け違ったボタンを直すのは、ちょっとむつかしいようです。

コメント

高校ライトノベル・宇宙戦艦三笠・47[小惑星ピレウス・4]

2018-02-09 06:12:12 | 小説3

宇宙戦艦三笠・47
[小惑星ピレウス・4]


 
 同じジャングルのいくらも離れていないところにテキサスは着陸していた。

「こんな近くで、どうして探知できなかったんだろう?」
 クレアが、半ば不服そうに言った。

「三笠の倍の航路をとって、惑星直列になるのを待ってピレウスに来たの。三笠程じゃないけど、レイマ姫が時間をかけてステルスにしてくれたから」
「他のアメリカ艦隊は?」
 修一が艦長として聞くと、ジェーンは視線を修一に向けたまま言った。
「敵と大規模な戦闘になることが避けられないので、戦略的に撤退したの。で、テキサスだけが大回りしてピレウスに着陸、三笠と連携して作戦行動をとるの。日本とは集団的自衛権を互いに認め合っているから、合理的な判断よ」
「ハハ、アメリカ人が自信満々で言う時は、どこかに嘘か無理があるんだよな。要はアメリカが全面撤退した中で、ジェーンはオレタチとの義理のために単独行動しているってことじゃないの?」
「違う! 義理じゃなくて友情よ。作戦行動計画も正式なもの」

 アメリカにとっては正式かもしれないが、日本代表たる三笠には何も知らされていない。しかし、ジェーンの友情には変わりのないことだろうと修一は、それ以上このことに触れるのはよした。なによりも、地球寒冷化装置を独り占めにしないで三笠を待っていてくれたのだから。

「一つ分かんないことがあるんだけど」

 樟葉が儀礼的な微笑みのまま聞いた。
「ピレウスは、グリンヘルドとシュトルハーヘンと同じ恒星系にあるのに、どうしてグリンヘルドもシュトルハーヘンも、この星への移住を考えないの。地球にくる何百倍もお手軽なのに」
 ジェーンは沈黙し、レイマ姫は静かに息を吸ってから、こう言った。
「話をするよりも、実物を見てもらったほうがいいべ。こっちさきてけんにか」

 テキサスを出ると、直ぐ近くになんの変哲もない岩が苔むしていた。

「この岩が?」
「ここが入口だす」

 一瞬目の前が白くなったかと思うと、目の前に長い廊下が現れた。
 歩くにしたがって、様々な大きさのクリスタルが廊下の両側に並んでいるのが分かった。
 クリスタルの中身は、すぐそばまで行かなければ見えない仕掛けになっていて、好奇心の強い美奈穂が先頭に歩いていたが、見た順に美奈穂は悲鳴を上げ、他の面々も、怖気をふるった。

「……これは人工生命の失敗作ですね」

 クレア一人が冷静に見抜いた。

「そう……ピレウス人の遺体から採取したDNAを操作して、いろいろ作ったんだども、みんな魔物みたくなっちまっで……納得したら、あんまし見ねえ方がええだす」
「人間らしいものもあるけど……?」
 気丈な樟葉は、その先のクリスタルを見て言った。
「それは、ピレウスの調査に来たグリンヘルドとシュトルハーヘンの人たちだす。ピレウスに来るど、三日と命がもたねえんだす」
「それで、あいつらはピレウスには手を出さないのか」
「昔のピレウス人の最終戦争で使われたのが、この結果だす。みんなDNAに異常をきたして死ぬか魔物になっでしまうんだす」

 グリンヘルド、シュトルハーヘン、ピレウスの秘密に愕然とする三笠のクルーたちだった。

「あ……ということは!?」

 トシが声をあげた。同じ思いはみんなの心の中で湧きあがった……。

コメント