大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・イスカ 真説邪気眼電波伝・26「中庭のバトル・3」

2018-02-03 12:28:59 | ノベル

イスカ 真説邪気眼電波伝・26

『中庭のバトル・3』

 

 

 もう話した方がいい。

 

 佐伯さんの様子にイスカは小さく呟いた。

「あ、えと……」

 リアルが苦手なオレは、おいそれと的確な言葉なんか出てこない。ましてイスカが喘ぎながらくっ付いているところを見られたんだ――あれは、イスカのチャージで、佐伯さんが思ったようなことじゃないんだ――と浮かんでも、言葉は喉の所で絡んで、いっこうに音声にならない。だいたいリアルにおけるオレって、伝える内容よりも伝え方というか、身振り手振りやら表情だけでも不快な印象を人に与える。だからたじろいでしまう。まして、今のチャージの様子なんて18禁のエロエロで――あれはチャージなんだ!――と正直に言って理解してもらうなんて不可能だ。

 ――もういい――

 そんな目つきをして、イスカは一歩踏み出した。

「わたし、西田佐知子ってことになってるけど、それは仮初めの名で、真名……ほんとうは堕天使イスカ、暗黒魔王サタンの娘。この地上に蔓延ろうとしているダーク魔王ルシファーを封じ込めるためにやってきているの。未熟な堕天使だからエネルギーのチャージは、この北斗勇馬に頼っている、つまり、さっきのはバトルで使ったエネルギーの急速チャージをやっている最中だったのよ……」

 イスカは、ゆっくりと横顔を見せながらベンチに座る。正対して話すには荒唐無稽すぎ、素直に佐伯さんに入らないだろうと思ったようだ。

「佐伯さんと接触するのは、これで二度目……トラブルやバトルは時間を止めて亜空間でやるものなんだけど、状況が悪くなってきて、リアルで戦わざるを得なくなってきたの」

「……三宅先生ね」

「ルシファーは……って、今は、その下のマスティマというのが相手なんだけど、人の心を汚染しつつある……リアルの人間相手じゃ亜空間に移る余裕は無いの……」

「つまり……佐伯さんを巻き込むことになってしまったようなんだ、そうだろ?」

「そういうことだから、理解してほしいの」

 いつのまのにかイスカの傍に寄っていた佐伯さんは、しずかにイスカの手をとった。

「おもしろい冬になりそう……これからもよろしく。ね、北斗君も」

「これからも苦労をかけることになるかもしれないけど……その、よろしく。二人のことは全力で護るから」

「えと……オレからもよろしく」

 

 自然に三人で手をとりあった。まるで新しいギルドを結成してボス戦に臨むときのようだ。ネトゲなら、新ギルド結成を祝してファンファーレでも鳴り響くところだ。

 

 キ~ンコンカンコ~ン キンコ~ンカ~コ~ン

 

 鳴り響いたのは下校時間を告げるチャイムの音だ。

 あれだけのバトルがあったというのに中庭以外は平穏な様子……嵐の前の静けさというフレーズが浮かんできた。

 

 

 

コメント

高校ライトノベル・ライトノベルベスト[茶色のローファー]

2018-02-03 08:42:41 | ライトノベルベスト

ライトノベルベスト
[茶色のローファー]
        


 あたし、茶色のローファーです。

 知ってるわよね、主に女子高生を中心とする女学生が履く真面目印の靴です。一部男性用もあるけど、あたしたち靴仲間からは、少し異端視されてる。
 あたしは、いまどき珍しい日本生まれ。そこらへんの外国製とは違うの。そこんとこ、よろしく。

 あたしの履き主は、通称スリッポン、荻野趣里。名前のシュリがスリになって、それにポンがついたもんだけど、この子が日ごろ履いてるのがスリッポンて、ルーズなズックなんかで出来てる紐無し靴。もう二十年ほど前に流行った遅れた靴なんだけど、この二年ほどでまたギャルの中で流行りだしてる。

 スリッポン……趣里は、お祖母ちゃんの超裏技で某有名女子高に、この春入学。で、制服から持ち物小物にいたるまで、セレブリティーで統一され、その足元を最後に決めたのが、このあたし。仲間に店ざらし仲間の黒のローファーもいたけど、学校の指定が黒または茶色のローファーってことになってたから、ささやかな彩りとして、あたしが選ばれたわけ。

 馬子にも衣裳で、最初の一週間は、真面目にやってくれた。

 無遅刻無欠席。一週間だけだったけど。
 ノートだって、誤字脱字だらけだけど、キチンととってた。あたしは下靴なんで、お仲間の上履きから聞いた話なんだけど、五日目からは授業中に居眠りし始め、まさかと思ったら、六日目には狭いロッカーの中に教科書やらノートが混ざりはじめた。
 そう、鞄は持ってくるけど、中身はソイジョイと日によって替わるペットボトルのお茶。あとギャル用のファッション雑誌と、スマホ。

 事件としては、山手線M駅での痴漢騒ぎ。

「誰の手よ! なにニイチャン気楽にお触りしてくれてんのよ、次の駅で降りな!」

 なんせ、お嬢様学校で知られてるA女学院だったもんだから、乗客も駅員さんも、その伝法な……今風に言えばギャル言葉でまくし立てるもんで、びっくり。でも、これは痴漢に対する毅然たる言動のひとつであろうと、世間も警察も、後から聞いた学校も好意的に解釈。
 ただ一人、呼ばれたお巡りさんの中に顔見知りがいたけど、あまりの外見的な変化に(希望も含めて)スリッポンではないと判断。

 あたしは、最初から違和感があった。

 立場上、あたしは、趣里のおパンツを毎日見て居る。A女学院らしい白を見たのは発育測定の日だけ。あとは色も柄も様々なものに変わってしまった。

 この連休に入ってからは、あたしは用無し。下駄箱……靴しか入ってないのに下駄箱とはいかに!? シャレでも飛ばしていなきゃ、これから先は語れない。

 連休前の金曜日に、趣里は真っ直ぐ家に帰るとさっさと私服に着替えて渋谷に、むろん足許は馴染みのスリッポン。

 そして中学時代のお仲間に再会。半月ちょっとぶりに趣里は自分のレーゾンデートルを発見。

 不覚にも涙が流れるところだったそうな。

 仲良く道玄坂を登って左に曲がったのが十一時過ぎ。ギャルのたまり場へのショートカットの途中、クラスで、ただ一人友だちがましく接してくれる美穂に出会った。
 美穂の家は、道玄坂では名の知れたラブホを経営しているが、美穂は、小さなころから両親の方針で当たり前以上の女の子として育てられてきた。しかし、親の会話や環境から、渋谷界隈や、そこに集まってくる人たちのことは感触で分かる。分かるということは、いいことも悪いことも分かるという意味である。だから、趣里に初めて接した時から分かっていた。そして、趣里を友達と感じ、なんとかA女学院に馴染めるように、なにくれとなく面倒を見てくれた。

 その美穂が二人のニイチャンに絡まれていた。

 こんな時間にA女学院の制服を着た女の子が歩いているのは、コスプレの一種だと思われたのだ。美穂は学校のレベルに着いていくために塾通いを始め、帰宅時間が遅れてしまったのである。
「あたしのダチに、なに絡んでんのよさ」
 これを第一声に、二分ほどで、二人をのしてしまった。

「趣里ちゃん、ありがとう」
「いいよ。あたしたち、こういうやつら嫌いだし。さ、もう行きなよ。あたしたちもずらかるからさ」

 美穂の後姿を見て、趣里は決心した。
「趣里なんか辞めてスリッポンにもどるか……」

 連休が明けたら、あたしは、しばらく履いてもらうことはないだろうけど、趣里のことは応援していくつもり。

 それまで、頼んだわよ、スリッポン!



コメント

高校ライトノベル・ライトノベルセレクト・『ト音記号の死』

2018-02-03 06:12:20 | ライトノベルセレクト

ライトノベルセレクト
『ト音記号の死』



 ト音記号が死によった。

 昨日近畿大学の入学式でつんくが声を失ったというニュースを聞いた直後だった。
 つんくが声を失ったのは、同い年ということも、同窓生であることも、つんくの仕事や、その才能も含めて、ニュースを見ながら目頭が熱くなった。

 しかし、その直後ト音記号が亡くなったという連絡を受けた時は複雑だった。

 ト音記号というのは、前の職場で一緒だった先輩の音楽教師・田野倉拓斗のことである。
 享年……六十三だろうか。年金をもらい始めて、これからという歳である。

 寂しさ半分、ざまー見ろ半分である。

 ト音記号というあだ名は音楽の教師だからついたあだ名ではない。いつでも最前線にいなければ気の済まないオッサンだったから、楽譜の頭に必ず付いているト音記号にひっかけたもので、不肖オレ様が献上したものである。本人は、あだ名の真の理由を知らず「ト音記号先生」と呼ばれることを喜んでいた。

 かつて新任だったころ組合が分裂した。

 連合系の日教組と共産党系の全教に別れ、血気盛んなオレは組合そのものを辞めた。
 ト音記号は、獅子身中の虫となって日教組に留まるべきと主張し、全教系の教職員からは嫌がられた。
 典型的な学生運動あがりで……と言っても団塊の世代の尻尾にあたるので、本格的な学園紛争などには関わったことは無い。しかし、その分マルクス主義理論には純粋な使徒であった。
 日の丸、君が代には徹底して反対で最後まで式典では両方に反対し、斉唱はおろか起立さえしなかった。
「公立の高校であり、法律で決まり、教育職の公務員であり、日本国民であるなら、必ず御起立の上ご斉唱願います」
 校長が職員会議で、述べたとき、ト音記号は、こう吠えた。

「校長、あんた、平の時は反対しとったやんけ! 校長になったら府教委の言いなりか!?」

 オレは、受け止め方が真逆なので、校長とは違って、信念から国旗掲揚、国歌斉唱を主張した。結局、なんだかんだと言っても府教委に最後までたてついたのはト音記号一人だけだった。もっとも進んで賛成したのもオレ一人だったが。

 ト音記号は徹底していた。

 起立斉唱が義務付けられると、式日には年次休暇をとるようになった。これなら反対の意志表明になるだけではなく、職場に迷惑をかけることもない。
 生徒への指導も桁が外れていて、問題行動がおこると、泊まりこんでも結論が出るまで指導会議も職員会議も引き伸ばし、必ず指導方針が出るまで止めようとしなかった。
「本人やら親の身になってみい!」
 それが懐かしい決め台詞だった。

 通夜に行った。

 今時めずらしい組合の青年部長と思しきニイチャンが受付をしていた。

「これ、生前田野倉先生から預かってた。出棺のときには、この曲を使って欲しいって……あ、オレ前の学校で一緒だった石橋。よろしく」
 奥さんにも挨拶しておいた。二人とも四十を超えてからの晩婚だったので子供はいない。寂しさはひとしおなのだろうが、そんなことはおくびにも出されない。さすがはト音記号夫人ではある。
「うちの人知ってましたんよ。ト音記号の意味……」
「え……!?」
「いっつも最前線の出しゃばり……喜んでました。石橋さんにもあだ名付けてましたんよ……知ってはりました?」
「いいえ、初耳です」
 オレにあだ名があったとは、びっくりだ。
「なんて付けてくださったんですか?」
「ヘ音記号……ほら、ピアノの楽譜なんかで、低音部の最初に付いてる記号」
 オレは、音楽は苦手で、ヘ音記号というものが存在することすら知らなかった。でも意味は分かる、下の方で、いつも先頭に立っているという意味だ。やられたと思った。

 開けて葬儀の日、いよいよ出棺となり、例の曲が流れた。みんな控えめに驚いている。それが『仰げば尊し』だったから。

 位牌を持って霊柩車に乗り込む刹那、奥さんは、オレを見て軽くお辞儀をされた。どうやらお見通しであったようだ。

『仰げば尊し』はト音記号にこそふさわしい……ヘ音記号より。

コメント

高校ライトノベル・乃木坂学院高校演劇部物語・102『第二十章 嗚呼荒川のロケーション・6』

2018-02-03 05:58:47 | エッセー

まどか 乃木坂学院高校演劇部物語・102   



『はるか ワケあり転校生の7ヵ月』姉妹版


 この話に出てくる個人、法人、団体名は全てフィクションです。

『第二十章 嗚呼荒川のロケーション・6』


 それは、ラストシーンの撮影が終わった直後におこった。

 監督さんがOKを出したあと、ディレクターとおぼしき(あとでNOZOMIプロの白羽さんだって分かる)人が、ADさんに軽くうなづくの。

 すると、ロケバスの上から花火があがって、カメラ載っけたクレーンから垂れ幕!

――『春の足音』ロケ開始! 主演坂東はるか!――

「え、ええ……ちょっと、これってCMのロケじゃないんですか!?」
 驚きと、喜びのあまり、はるかちゃんはその場に泣き崩れてしまいました。
「おどかしちゃって申し訳ない。むろんCMのロケだよ。でもカメラテストでもあったんだ。僕はせっかちでね、早くはるかちゃんのことを出したくってね。スポンサーと話して、CMそのものがドラマの冒頭になるようにしてもらったんだ。監督以下、スポンサーの方も文句なしだったんで、で、こういう次第。ほんと、おどかしてごめんね」
 白羽さんの、この言葉の間に高橋さんが、優しく抱き起こしていた。さすが名優、おいしいとこはご存じでありました。
「月に三回ほど東京に通ってもらわなきゃならないけど、学校を休むようなスケジュ-ルはたてないからね。それに相手役は堀西くんだ、きちんとサポートしてくれるよ」
「わたしも、この手で、この世界に入ったの。大丈夫よ。わたしも、きちんとプロになったのは高校出てからだったんだから」
 と、堀西さんから花束。うまいもんです、この業界は……と、思ったら、ほんとうに大した気配り。とてもこの物語には書ききれないけど。

 で、まだ、サプライズがあんの。

「分かりました、ありがとうございました。わたしみたいなハンチクな者を、そこまでかっていただいて。あの……」
「なんですか?」
 このプロデューサーさんは、とことん優しい人なのよね。
「周り中、偉い人だらけで、わたし見かけよりずっと気が小さいんです。人生で一等賞なんかとったことなんかありませんし。よかったら、交代でもいいですから、そこの仲間と先輩に、ロケのときなんか付いててもらっちゃいけませんか……?」
「いいよ……そうだ、そうだよ。ほんとうの仲間なんだからクラスメートの役で出てもらおう。きみたち、かまわないかな?」
「え、わたしたちが……!?」

 というわけで、その場でカメラテスト。

 笑ったり、振り返ったり、反っくり返ったり……はなかったけど。歩いたり、走って振り返ったり。最後は音声さんが持っていたBKB47の音源で盛り上がったり。上野百合さんが――あんたたち、やりすぎ!――って顔してたので、BKB47は一曲の一番だけで終わりました。

「監督、変なものが写ってます!」

 編集のスタッフさんが叫んだ。みんなが小さなモニターに集中した。
 それは、わたしたちがBKB47をやっているところに写りこんでいた。
「兵隊ですかね……」
「兵隊に黒い服はないよ……これは、学生だな……たぶん旧制中学だ」
 と、衣装さん。
「この顔色は、メイクじゃ出ませんよ」
 と、メイクさん。
「今年も、そろそろ大空襲の日が近くなってきたからなあ……」
 と、白羽ディレクター。
「これ、夏の怪奇特集に使えるなあ」
 と、監督。
 わたしたちはカメラの反対方向を向いてゴメンナサイをしている乃木坂さんを睨みつけておりました。
「どうかした?」
 潤香先輩と、堀西さんが同時に聞くので、ごまかすのにアセアセの三人でした。

コメント

高校ライトノベル・宇宙戦艦三笠・41[宇宙戦艦グリンハーヘン・3]

2018-02-03 05:53:31 | 小説3

宇宙戦艦三笠・41
[宇宙戦艦グリンハーヘン・3]



「きみ、ほんとの修一?」

 樟葉が警戒心丸出しの表情で言った。気づくと美奈穂もトシも、クレアでさえ疑惑の目で修一を見た。
「……どうやら、おまえらもホログラムの偽物に会ったみたいだな」
「体が触れ合うまでは、分からなかった」
「触れるって、どんな風に?」
「何気なく肩に手を掛けたら、素通しになっちゃった」
「修一が、あんまり身内の事ばかり聞くんで、おかしいと思って……」
「オレといっしょだ。樟葉がくどかったから、おかしいと思った」
「いっしょだ。あたしは頭をはり倒したら、空振りになっちゃった。修一は?」
「キスしようとしたら、顔が重なってしまった」
「えー、キスなんかしたの!?」
「だから怪しいと思ったからさ。ちょっと大きな声じゃ言えないって誘ったら、顔を寄せてきた。で、ホログラムの偽物だって分かった」
「本物だったら、どうするつもりだったのよ!?」

 樟葉がむくれた。

「しかし、なんだな……俺たちって、あんまりスキンシップしてなかったんだ」
「されてたまるか!」
「それは文化の差よ。ウレシコワさんやジェーンさんはよくボディータッチやハグしてくれてた。日本人はしないから」
 クレアがフォローした。
「しかし、なにもキスしなくてもさ!」
「とっさだよ、とっさ!」
「それより、本物の艦長かどうか確認しておきましょう」
 トシの提案に三人が同意した。

 で、捻られたり、つねられたり、くすぐられたり。修一は、まるで罰ゲームのような目に遭った。

「艦内に動きがあります……三笠にかなりの人数が……」
 クレアが、アナライジングして警戒の顔つきになった。
「何をしに行ってるんでしょう」
「あたしたちの情報を総合して、まだ誰か残っている人間がいると思っているらしいです……」

 クレアも自分でバージョンアップしているようで、この秘匿性の高い敵艦の中でも、ある程度は読めるようだ。

「他に、人間て……」
 みんなの頭の中で、同時に一人の顔が浮かんだ……みかさんだ。
「敵に動き、三笠から退去しようとしています!」
「……みかさんは船霊、神さまだから、予見できない能力を恐れたんでしょう」

 クレアの分析は正しく、みかさんの能力は、そのクレアの分析を超えていた。なんと三笠に乗り移った敵兵たちが、三笠の艦内に閉じ込められてしまったのだ。
 そして、みかさんの力は、それだけでは無かった……。

コメント