骨系or突拍男子のぶっ飛びに大勢を大けん制な文明提言丸は遥か未来に向けて中長期的に突然変異させる思想コンセプト準備塔

時代流れリベラルに流されず超流主義と創造or突然変異主義で旧パラダイムを時代転換創造する下士階級の元気気概Ideaブログ

底為大文明は米と金と女と理とジェンダetc一色に染まるコロコロ日編国を底辺から一喝バランス牽制

2015-09-19 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
底為融大文明とは、雄大に底辺にまで慈悲愛の光を行き渡らせる雄大文明である。応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
征夷大将軍を維新化したのがこの権能。大文明で、真の意味での底上げである。ここでもクリック願います!!にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村教育・学校(その他) ブログランキングへ

今回も多忙で継ぎ接ぎ御免。

再度。便宜上だったので正式に。前回を。
ブログより。
この本(太った男性をどうこう云々)の非道ゆえに思い付いた。早く言おう。人道上の理由で。
     底為大文明・・の建立。キマッタ。人ではない、総合的な権能である。言わば徳川+福沢と言う所だ。オールスター日本の先鞭。日本総動員法?。
急に思いつきでない。よくあるフェミテーゼ粉砕でもある「底辺性への男性への冤罪抹殺人が犯罪走りが、飢え死に性がないことこそが文明バロメータである」。これである。
      待った。例の安倍派の底上げ論ブログで心戦争の指摘あり。認識目線の戦争があると。正に好悪で贅沢嗜好な女は全員耳痛いだろう全員ファシスト。女の戦争は善とされている唖然。それを睨む否定がこの底為大文明。根源的平和主義。
戦争の平和化融和化これがなかった戦後。「和」の戦争化闘争化だけがあった戦後。
     そして順当には底なし経済に対して。暗黒海の板だけの経済。これを経世済民化する底為大文明。世と民がある。
そしておエロいで平和。この前言った江戸人(そうそうそれ忘れたらアカン笑)。中世の王様は触って治癒癒やした。占いでもあったな。
     正に異ネルギー立国。それこそが底力の源である。
これは戦後民主主義を卒業する準備思想である。民主主義は個人主義の無限大闘争。限界であることは確か。
以上。

何度か触れた大がかりな発想。大民主主義。従来の民主主義を超える必要と目下の戦争流されの危険と果ては闘争的な根源暴力扇動風景の問題を思ってであるやはり。
独創国家の思想の為にも。
底辺。龍馬も下士階級だった。

参考は将軍制度か大君制。
「その時歴史動いた」で大君主制の仮説あり。確かもしや無責任ファシズムの太平洋戦争も避けれたかと仮説。Wikiには何故か載ってないが確かにその放送はあった。
異説本でも紹介。そこでは徳川存続ではいずれ混乱で半植民地化だったろうと。
しかしあてならない、これは戦勝国の英国の目線である。結果オーライ官軍思想かも知れない。
その本はどうやら英仏どっちもどっちという結論やや薩長優性ということのようである。真相は分からない。ならばSimpleの方がいいのではないか、複雑無責任でない軸のある国家の方が未来志向としては。若干の一神教方向で。
ある歴史ページで合理思考かこれは。
要は王政復古クーデター引っくり返しでややこしく天皇教となって宗教思考で見えにくい国となってしまった、それが現代混迷に続くと。
やはり・・天棚上げ無責任思考の無責任ファシズムの温床が伺えではないかこれこそ・・。Simple。
大君主制にすればいずれ民主革命だった・・との見方ある。だが昨今の強引な民主革命の混乱でその歴史が見える地位にこの国はいる。イスラエルみたいな思考はどうか。
更に・・独裁者国家の意外と賢明さとの報告もある。更に近代化は幕府も考えていたと言う。先の本でも薩長の幕府案を窃盗の断面の指摘。
「政治を知らない民に委ねた国の末路は」という少し有名な見方もある。
やはりここでは大君主制であれば無責任ファシズムはまだしも避けれたかの仮説論陣で行こう。誰も言わないから骨系男子の俺が言う。

それ踏まえての。やはり要は一新教である。一針教。古代歴史神話教科書でも創造型神話の言及は普通にある。創造神はキリスト教の専売ではないようである。日本にも一神教はある。崩壊時代には必要である。
暗澹とこうまで落ち込んだ沈んだ日本国には、突き抜け時代突破の一神教も必要である。


暗く落ち込むと来れば。

底為大文明の後半の命名の文明となる。大文明。
今は暗黒時代。西洋の暗黒海。つまりまるでキリスト的な自己否定批判の罪自責の心で重くなる人々。病は気から。文明が消えて暗黒海に暗い時代。

ここである方面の引用抜粋。

[ゆえ暗黒海突破の時代突破のKolumbs流の空気破りKY。ただし内面思想東洋Orient原点Zipang底光を忘れずの総合理想]
そも江戸的な底抜け明るいアホーみたさ性がつまり文民明るくこそが新時代の希望である(当のペリー団も西洋の暗黒に日本を引きずり込むことに自責。日本故郷は集合無意識はどうやら江戸にあったらしい。大西洋奉還の根拠)。
維新的な大マジはまるで太平洋戦争のなだれ込みと似る。このいま現代が全てとなる非歴史的反歴史的。
つまりこのコロコロ国家は反歴史で時代時代ごとに分割で、軍隊・企業・私人自由・米国・金・衆・女・ジェンダー・リベラル変化・理系科学・真面目勉強・メス的禁欲真面目思想キリシタンetcと具体的な一つの点に一色に染まり他方は消すあるいは全体は消す、狭い片手落ち視野の日偏国。維新的。全体を見ない具体的な部分思考で進む姿勢の現れだろう。政治がなく政策だらけもそうと見える。大政治は日本取り戻すスローガンだけ。
細かい部分でなく本来的な古神道の人類神道の大きな壮大な含みこそ正義である。それが正義派である。
大地球を背負うGlobe主義の士はKolumbs流の暗黒海時代を突破。時代突破の雄大流に限りはない。客観実証事実ではなくそのぐらいの気概でと言う意味。
以上。

朝日新聞でも全体の国を体現するシュミット論の突然変異思想とあり。更に朕は国家なりともあったな。後醍醐天皇はどうやらその節あり太古記憶、國を背負う気概。反アンチとは違って。
民主主義は政策一色国の細かさ。
TV風景で最も分かり易く言えばサンプロ政治論が報道サンデ情報傾斜になったようなもの。
全体が神に棚上げ押し上げでは見通しが悪い。最大野党の共産党も割と狭くメス的分析の直線思考。丸くない。全体をあるいは複眼同時を見てないのがよく伺える。それが最も例えは、左派派閥の女分野の執拗な他方を見ない追及一直線暴走ともなる歪む片手落ち反複眼の一直線。これでは国の直線による解体となる。反シュミットだ。

超越は大事。
その方策がこれ。大将軍ならぬ大文明。底為融大文明。
政治を超える文明。かつても文明はどう使われたか。奇しくも啓蒙時代の新参である。
この時代では先ずは政治が「抽象的で非具体的ゆえに問わない」領域次元がそれであろう。
再度に敷衍。文明とは何かを、言葉にして視野が広がった光った時だと定義あり。
闇の暗黒で光。やはりそれが文明の源流のようである。文民明るく。
日本の神話流には天井を押し上げて誰もが歩けるようになる時代へ・・。これが文明的・・。


フロク集。

フロク。戦争法案阻止で野党がここぞとばかり卑劣な卑怯な女の武器をフル活用したそうだな。セクハラ連呼呼ばわり戦法。これはもう笑える以前である。何だそりゃ。多くが批判している。私達は国民の女の味方だと辻説法自己満足に思い込んでるのだろうが、そうも見境もなく感情的になる女政治家には総議員罷免を要求する。国が危い。正にフェミストが最も戦争待望と言う東洋論者の見立ての裏付けということか。
あと山田太郎?議員が過激な人は誰か悪者倒せば世界が良くなると思ってると書いてるが、古い男尊尊重社会を悪者と家父長制と決めつけてやっつけようとしてるフェミストフェミラーこそ、世の良く仕方を分かってない過激派とナルなその論法では。政治家のいる理想知らずのページは偏ってるだろう。誰もかれもが理想が全然見えてない。
そうである児童ポルノ法案エロス弾圧法案は強硬措置ゆえシャルリーのパタン同様に日本の治安を危うくするが。言いにくいだろうが多くがアグネスは自業自得だと言っている。これは酷かも知れないがしかし冷静を欠いた感情的なフェミ的なメス的なやり方が国を却っておかしくする科学パラドクスなのである。悪でなく愚が国を誤らせる。

追加は朝日新聞マララ記事。テロ思想はまだしも過激思想という目線は言い過ぎだろう。そう言えば当時としては過激な一神教が人類思想を生んだ歴史もありこれに余りに無知。それでは教育を語る資格はない。西洋レジームに反逆する土着思想が気に入らない輸入フェミ姿勢とも見えるし。西洋同化の安直道具方式では一層問題を大きく複雑にするだけである。教育は洗脳であってはならない。人間錯誤であってもならない。西洋はその要素がある。

フロクは月曜朝日新聞。男女均等法は国連バックの強要罪これこそ強行採決だな。かの長谷川女史や多く知識人が家庭崩壊危険ゆえ反対していたという。がひたすら日本ヘイト憎し西洋化の朝日えせひ新聞は強硬に賛成したのだろう。
(男女雇用均等法が言わばフェミ専門勢力の本丸と。かくて通念俗論は先ず疑った方がいいようである。しかしあるいは戦後共産化平等化強要憲法こそと言う気もする。平等でなく全体と言う価値観があればどれだけマシだったかと思う)。
朝日えせひ新聞よ、男女均等法に関しては反対派の方が人間と社会を良く見てるなあ複眼で全体捉えて深い。賛成派は単に流行近代化に便乗しただけの軽さ視野狭さがある、見てる人は見てる。
(この記者岡林佐和は異論を聞く器がないヘイト狭いことを知ったずっと前だ。そう言う奴ってすぐ分かるしね。戦時中の狭い専門優等生問題とダブる)
しかしフェミ派閥は歪んでるな。女を専門分野の絶対聖域の特権階級にしている。部分思考は視野狭い。そも生物役割の性差もあるし経済社会バランス上は男尊あるのは当然。それは役割尊重の為である。治安面でも考えたら分かる(差別だと男尊女卑だと決めつける俗論通念がおかしいのであって。寧ろ常に男卑本音構造が目立つだろう。だから人類は調整の努力をしたのだ)(ジェンダー破壊もどれだけ醜い弊害産んでるか。これで嬉しいとホザク奴は難の責任式もないクズな奴らであろうなあ)。。前の女権ヘイトスピーチよりも新書でも見直しあるヒトラーの経済政策に限っては非常に柔軟で面白く思慮深い。社会効果のことまでを考えてる長い目。これが全く見えない短絡のmarxフェミ派閥のようである。

フロク。朝日新聞木曜の明日を読むは戦争法案をああまで反対しておいて女活躍という痛い法案は一切批判しない思考停止の自己中矛盾パタン(論壇の安保法の隣に女活躍法。実にいずれも七細かいこんまい分割西洋思考法である。。みんな輝くが総合理想である全体である。根源平和が見えてない)(そう言う優越驕りの戦時中的細分化の分断分裂思考が戦争の卵である・・そういう七細かい分断専門バカ化思考が視野を狭めるゆえ)。男女均等法は要は「何ら落ち度のない」健康な日本伝統を悪意で無理矢理な「西洋ヤブ医者手術で」歪め不安定にした反創造。混乱の国へ目下、現実製造だな・・。。そして未だに輝く神話を信仰の哀れ(この論者の赤石千衣子はトクと言う言葉をばら撒く卑劣な印象操作。徳や器と言う言葉が自己中エゴイズム防止になるからヘイトしてるのだ)。。しかも子供を盾にするパタン卑劣。有名象徴例。子供よりもレデースデイが大事と言う所に本音は自分のことしか考えない自己中エゴイズムと証明。己の幼稚さの自覚すらない女分野は先ず否定する(しかし奴らは俺らの総合理想の正論は否定できはしない。その能力も資格もない)。。それが経済至上主義を超える公正全体への一歩である。あと論壇時評。私人の逮捕の横暴があるから私は死語だ笑(リベラル派閥は二言目には少女に希望見る情けなさ。未来ちゃんとか妙な本あったが、女は音楽、男は未来楽で超楽である。人間錯誤リベラルには見えない長期歴史視野)。私人。。戦争遠因とも関連。これ見えたら根源的平和主義。(朝日よ、窃盗するなよ。独眼竜政宗流には「発案者はこの俺だ!!」)。
戻り。あと輝くShine死ねとも揶揄あるが。あと今は偽と言われる安倍政権。第二次はaペテン、米との取引屈服という。もはや日本じゃない。イスラエル化も同じ。
ある意味で一億226的な現代日本・・。(そういう占領車両反対運動の炯眼含めて)これ見える人は成長する・・。
安直普遍に乗っかる便乗の奴らは劣化する退化する・・。空前名言の硬軟の天下統合はこれだ!!。

フロク。火曜の赤旗の国連女子差別条約関連は女分野専門家の論考。相変わらず一面的決めつけパタンである貧しい一面的思考が伺える。見てて不甲斐ない。赤旗marx党の全般の特徴だが複眼全体思考がない直線思考の片手落ち思考の、突っつきアンチ思考。現に男はついでに女にメリットある限りにおいて言及する無礼者、露骨な動機不純ありありの唖然(今更余りに見え見えだが)。それは複眼科学とは言わない。全体負担を背負える重い全体思考が複眼科学思考である。軽い似非理想論の奴にはできない。一方的に歪んだ主観目線で決めつけて、1こうだ2だからこうしろならば3だと直線西洋レジーム思考で突く手口は国を歪ませる現実に歪ませた惨状は見える人には見える(男性の未来権侵害と言う最大の人権侵害とも関連する。まだまだ不十分と全体バランスなしに要求の際限なし。近代無限宇宙思考の共産平等主義。まともな神経なら「逆側の男性も」とバランスがある筈。来れないのが左翼派閥である)。)。全体が国である。「一部の片手の側の」根気なしの楽要求ではない。それが国を歪ませるのは余りに天下明白。女(専門家)が言うから黙れと言う傲慢思い上がり。国連通報ファシズム問題始め、この手の動きに反対派の方が遥かに深く人間と社会を両面で見てる。共産党赤旗新聞が表面的で一面的で機械的とは読めばすぐ分かるが。(一面的と委員長が与党に言い返して指摘を利用してた時は唖然に笑えた。何と器のない長と思った)。
しかし「一面ではこうでも他方では逆にこうも言える」これって小学生の国語のレベルの基本認識だった筈。Marx赤旗党にはもう一度、複眼思考と言うそれこそ科学思考の教育をやりなおしてもらわぬことにはなあ。

となればこれはどうだ追加。フジグループの雑誌SPAの下流論は反文明だな。暗くしかしてない非生産。あれでは「下層階級を更に叩き落とせー死ねー」と言う東京時代の上にー上にー思想を代弁してるも同じであるフジサンケイの産業経済社会主義の絶対主義体制。
性的事件口実に禁欲思想に負けてる西洋レジーム東京時代を正当化。あと女は男多いサイトで姫になれとかちゃかり持ち上げる男卑女尊の非本国。
実に暗い反文明な思想製造も同じである。反文明の罪だ。

追加フロク(何と)は少々い言いにくいが(これ自体が世界支配空気Kだな。骨ある英国人Journalistはいたが)勇気苦言あるいは趣旨意図を以下に翻訳。そこへいくと朝日天声人語はしかし我が国日本の天皇をああまで称えた社説を書いたことあるのかな(正統派ユダヤ教徒のように)。記憶にない。その勝てば官軍で美化される英帝国も、先住民やビクトリア治世でのインド果ては対日策略そしてイスラエル製造策含めもっと露骨に汚い戦争をしてきた現にしている国ではないのか。差別依怙贔屓も非公正も甚だしい(てことは女王は裸だ!機械女王。老獪狡猾な帝国) (もし大王だったら称えたか朝日は)。(勝者官軍なら○、賊軍なら×。都合の悪い時は野党とならないコロコロ朝日新聞。世界権力に媚びる。だから日本は徹底批判)。やはり日本ヘイトに見える。要はメス的「外国、好き―。日本、封建的だから真イスラエルだから嫌いー」これだろう。慰安婦製造問題でも日本ヘイト疑似左翼思想のせいでなく「日本的組織が悪い。悪いのは朝日の理念でなく日本だ」と居直った(笑)のは記憶に新しい。とにかくこういう基本トーンが臭うこれに尽きる。

フロク。91/3サンデーモーニング風は今頃に政治家の気概と言う胡散臭さ。女政治家限定に乗せる。明らかにリベラル的にジェンダー破壊を狙ってる。反だけでは気概にならない、いかにも左派リベラル。気概は男子のゴーテックこそを言う。天空破りは男性にしかできない。天皇制の天の気概も関連。そも政治家だけでなく民族全体の気概はずっと保守が言っている。。 リベラル個人主義者の野田の時はここぞとばかり勇んで反応して、ただの個人主義エゴ匂いパフォーと気概をこじつける唖然。気概だ?   今頃リベラルが言うな。遅すぎるって。

追加は火曜の朝日新聞の耕論。となれば現実である政治と理想である領域を並列する必要。大理想院と現実院・・は無理ある。民主主義を超えて日本伝統流の朝廷将軍制の正統性根拠。独創国家で何が悪い!!。となる。デモクラシーを超える国へ。

フロク。見そびれてた火曜の言葉折々。さあすが朝日の顔。男卑女尊の印象操作意図に余念がない。それがこの言葉の真の目的。見える人にはたちどころに分かる、今までの朝日を見れば余りに明白である。
ゆえ敢えて念の為に言おう。男性は確かに朝日がいつか良心的に定義したように、だらけ性であるぐうたら性である少し脆弱に作られているゆえ。がそれは亀でなく兎ゆえである。肉食系ゆえに普段はのんびりする遊牧民、反平均性の底辺性。そしていざという時(別に戦争や災害でなくても)のツボの時に獅子奮迅の突然変異。そしてまた戻る。
人間錯誤のリベラル左派学者には見えないそれこそ人類本質である。


フロク。週刊朝日は野田造反記事の卑劣な印象操作。見世物サーカス見物気分のようだが、官邸の小心者と悪口を書いてるが(女が絡んだら悪口もいいということらしい。さすがネオマルクシズム左派)、大河で主人公を小心者と悪口言う場面あったなあ。それ思い出した。自分こそ小心者ゆえにすぐ悪口を言うのだろう。

追加フロク。夕刊朝日女子組と桐野夏生は偏ってるな。東京島の女権自己中扇動は記憶に新たである。先ず呼吸空気が女権である。どれだけ男性が努力強いられてるか。男卑女尊ならぬ男否女尊とすら言われる。男性は人権が侵害されてるレベル。確かに昔と変わった。男卑が男否に。これは公然である。

追加。ハフィにしろそういう思想は男よりもマザーテレサ保守的に女の方が提示した方がいいだろう。2017年大河関連の憎しみマンヘイトのように最近のおかしな異常扇動への大いなる全体的な牽制にもなるだろう。marxフェミ的な層は全て憎しみで動いている。それが戦後秩序をエセ革命的に混乱させ歪ませたのである。










最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。



コメント   この記事についてブログを書く
« 女ラーの時代脅迫罪を鉄槌一... | トップ | 上にー上には戦争卵の贅沢。... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国・経世済民・教育を探求する超流日誌」カテゴリの最新記事