ばら in my がーでん  

ばらといつまでも

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

六甲の紫陽花

2008-06-28 18:21:58 | 


 六甲にある神戸市立森林植物園のアジサイ撮影に行きました。いつ見ても

アジサイ園は見事です。

 ユスラウメのような赤い実の生る潅木を見つけました。

    

 クローズアップしてみると瓢箪のような形の実が生っていました。



   


 ウスバヒョウタンボクと言う名前で、絶滅危惧植物マークが付いていました。

食べると毒なのだそうです。

犬も歩けば

2008-06-27 15:43:18 | 


降ると言う天気予報がちっとも当たらず、今日も陽が差し始めました。


石垣の外へ乗り出すようなヤマモモの木の下に大きな赤い実がたくさん転

がっていました。ちょっと衝撃的なシーン。

      

      ノウゼンカツラが弧を描いていました。

白山吹の実

2008-06-26 20:35:32 | 
近くの緑地帯にあるシロヤマブキです。山吹とは別種でバラ科です。

1昨年の秋、黒く実った実をもらって帰り、蒔きましたが一つも発芽

しませんでした。花も美しく実もきれいで欲しくなる木です。

    

    新緑の候

ねむの木

2008-06-24 13:00:36 | 
 myがーでんはこれからばらの二番花の盛りを迎えようとしています。

遠目にはきれいなのですがアップ撮影は遠慮してあげようと思います。

花容が崩れがちなのと、スリップスという極微細なムシが花の中を歩き

回っていて、花びらの先端あたりを茶色に変色して汚します。
 




  近所の公園を散歩しているとねむの木が花盛りでした。今頃咲くんだ、

と高いところを見上げて一枚。6月から9月ごろまで咲くそうです。そして

下を見ると落ちたばかりの花がまだ柔らかなほんのりムードを漂わせていま

した。



 
 
 真っ白な透明感のあるアジサイが咲いていました。周辺はマンション

だらけですが、憩いの場としてすがすがしい気分でした。

ウサギギク

2008-06-23 17:47:06 | 
 我が家から50メートルほどにある斜面に、そう2ヶ月くらい前から

黄色の花がちらほら風に揺れながら咲いていたので、写真に撮ろうと思

いつつ今日になってしまった「ウサギギク」。これは通称でオオキンケイギク

(ハルシャギク属)なんだそうです。

  

 昨日まであった草むらがきれいに刈り取られていました。エンジンの付いた

草刈機でブイーンと効率よく刈ったのでしょうが、一株だけウサギギクが

残されていました。  大阪府の委託業者でしょうが、きっと心優しい

花咲ジジイさんのような人だったのでしょうね。 
コメント (1)

アゲハの幼虫その後

2008-06-22 11:31:32 | 
5月24日を最後に姿が見えなくなったアゲハの幼虫、蛹になったのかと

探し回りましたが発見できずじまいでした。

 ところがこのブログを見てベランダで飼育した友達のところで3頭も羽化

したそうです。ご夫婦の共同作業で成長の様子を記録されました。

{蝶々の数え方って ‘頭’ が本当なのでしょうか。子供の頃そう教わり

ました。でも近頃流行らないみたいですね。}


   

  何年も失敗を続けた朝顔ヘブンリーブルーが今年は順調です。今朝蕾を

  発見しました。



 

森林浴

2008-06-21 21:59:58 | Weblog
今日ほど天気予報が当たらなかったことを感謝した日はありません。

カメラツアーで和歌山県大塔村の百間山渓谷へ早朝から出かけました。

近畿地方はこの梅雨最多の雨量に見舞われるかと予想されていたのが、

到着した頃から雨が上がり、一度も傘をさすことなく済みました。

森林王国和歌山県の緑深い谷間を歩き、『森林浴』ってこんな感じ?と

本当に緑の恵みが全身に降り注いだようでした。

南天の花 今年は豊作

2008-06-20 11:17:59 | 
 南天の花が今年はたくさん咲いています。

昨年はほとんど咲きませんでした。

隔年結果(1年ごとに豊作と凶作が繰り返す)はユズに特にひどいようで、

昨年は大豊作でしたが、摘果がうまく出来なかったためピンポン玉ほどの

がいっぱい生りました。今年はというと二つ三つしか花が咲かないという

始末です。

 ほかの植物にも程度の差があってもこの傾向は見られるようで、我が家の

庭の範囲で言うとでは オキナグサ も アジサイ も そうでした。

ここで専門的な剪定等の技術が必要なんでしょうね。WEBで調べてみるのです

がどうすればよいか、よく分からないというのがのが現状です。


コメント (4)

フラワーコンテスト

2008-06-19 21:39:14 | 
友達にお誘いをいただいて、神戸港から客船コンチェルト号で遊覧と

しゃれました。お茶とお菓子のセットをいただきながら、開放感に

浸りました。

    

 約2時間ののんびり旅(本当は最近買ったコンデジ摂りまくりの

騒がしい旅)を終えて神戸駅のほうへ帰ってくると珍しい風景に出会い

ました。

   

   フラワーマスターズ2008  ジャパングランプリ in 神戸

フラワーコンテストの会場ってはじめて見るのでそのフォトジェニックさに

大興奮。近頃の若い人って自分の進む道にいろんな選択肢があるのねエ、と

改めて感動しました。

   

 騒がしくて楽しい女達の半日でした。

画になったばら

2008-06-17 18:06:46 | ばら
 友達の絵画の個展が豊中で開かれたので鑑賞してきました。

  
   
私の差し上げたばらを描いてくださっていました。花屋で買ったばらは

画にならないが、あなたの作ったバラは素晴らしい、とお世辞にしても

うれしい言葉をいただきました。

額縁に収まって風格の増したばらでした。

ゴマダラカミキリ 横行

2008-06-17 09:16:00 | ばら
 今朝定期消毒をした際、ゴマダラカミキリを3匹も捕獲しました。

これ漢字で書くと“胡麻斑髪切”となるそうです。(Wikipediaによる)

一つ都合の良いことは見つけたら必ず捕獲できること、長い触角と派手な

衣装で見つけやすく、動きが鈍いので簡単に手でつかまえられます。

今日は落ち着いてカメラを取りに行き、撮影できました。

これからばらは大変!

2008-06-15 14:15:15 | ばら
今朝根元のほうに写真のような変化を発見しました。白カビのようですが、

初めて見ます。カイガラムシはこの2,3年出現していて歯ブラシでこすり

落としていますが、この白いモヤモヤは何でしょう?調べてもよく分から

ないので古い枝は思い切って切り取りました。



   

ゴマダラカミキリも1匹発見。その被害痕を見てください、腹の立つこと!

殺生はいけないけどばらのために“フミツブース(踏み潰す)”の刑です。




   


 『テラミス』の2番花と「カタナンケ」という新顔の草花です。洗面所

に活けました。
コメント (2)

三宝柑

2008-06-13 18:09:20 | Weblog
 夕方ご近所から珍しいみかんをいただきました。「三宝柑」と

いって和歌山県の特産品です。昔、季節には毎年母がみかん

箱で送ってくれたものです。昔のみかん箱は木の箱でした。

貧しい学生や新婚所帯が机やちゃぶ台代わりに使ったもの

です。たしか1貫目(約4キログラム)入っていました。

懐かしい味がしました。


  

 梅雨だと言うのにとてもよい夕日がさしていました。
コメント (2)

苔 もう一種発見

2008-06-13 09:08:09 | 雑草


 コケ、もう一種発見しました。物影になっていて朝日の全然当たらないと

ころに生えていました。

苔の名は

2008-06-12 20:51:16 | 雑草
 一昨日きのこを見つけた場所は家屋の北側でかなり苔がむしています。

絨毯の上を歩いているようで気持ちが良いのですが、もっとよく顔を見て

やろうと思い最近買ったコンデジで撮影してみました(位置が低いので

コンパクトデジカメでないと写しにくい)。

でも苔の名前はWEBで検索してもおいそれとは分かりません。間違った名前

を書いてはいけないので写真だけです。もしご存知の方がいらっしゃれば

教えてください。

  

         上の苔の拡大部分


  うちにはこの2種類あることが分かりました。

  

   拡大部分   
 


 昔から盆栽に苔はつき物ですが、現代では都会のヒートアイランド現象を

抑制するためビルの屋上を緑化する材料として苔は重宝されているそうで

す。またビオトープと言う言葉も聞きますが、動植物とバランスを保って

生きていくための空間づくりにも重要な役割を果たしているらしい。

湿った陰気な印象を持たれがちなコケですがなかなかどうして.....

 また愛情が湧いてきました。