緑香庵通信

三軒茶屋から世田谷線で6分・松陰神社前のアロマテラピーサロン。

季節の変わり目の風邪

2008-03-27 18:09:09 | 「緑香庵」的なもの
桜も咲いて花粉症も一段落の様子。
ヒノキへの反応が強い方は八重桜が散る頃まで
もうひと我慢ですが。
いずれにしてもゴールは見えました。
今年はいかがでしたでしょうか。
Sakura
《緑香庵の近所、烏山川緑道の桜》

我が家の(「杉を積極的に取り入れよう作戦」
はどうもうまくいったようです。
去年より飛散量は多いにもかかわらず、
だいぶ楽に過ごせました。
特に症状のひどい家人にはよく効いたようです。
来年も「杉の葉茶」は試してみたいですね。

■ この時期の風邪
さて、この時期、花粉症が無い方でも、というより無い方ほど、
ちょっと大きめの風邪をひくことがあるようです。
「毎年今頃風邪をひくんです」という方に「花粉症は?」
と伺うと「ぜーんぜん大丈夫なんです」とおっしゃる、
というケースにいくつも出会いました。

どうもこれは以前の花粉症の回で触れた、「春の身体への変化」
と関係がありそうです。
冬の間、ぎゅっと締まりきって交感神経優勢となっていた身体が、
ゆるみ、開いてくる春の時期。
上手に開きはじめることが出来ない人が花粉症になりがち
という説をご紹介しました。
同じように、一回風邪をひくことで、それをポンと
身体を開くきっかけにしてしまおうというのが、
この時期の身体の企みではないかと考えることもできます。

■ 春の身体に変わる
いずれにしても春の身体に変わる大事なチャンスです。
こじらせないように、上手に経過していただきたいものです。
風邪はうまくタイミングを掴めば速度を速めることができます。
何日もぐずぐず患わないよう、一晩寝てがっつり汗をかいて、
身体を「すかっ」とゆるめて次の段階へ進められるようにしましょう。
いたずらに解熱剤などで冷やさないこと、
身体をよく温め汗をかいて、休養をきちんととることを
心がけてください。
テレビやPCや読書など、目を酷使することは
避けた方が良いでしょう。
目の刺激はとても交感神経を刺激します。
身体はゆるみづらくなります。

■ 好きな香りで
目を休め、好きな香りでもお部屋に焚いて、
ゆったりとした気持ちになれば免疫も高まります。
いつも言っていることですが、香は脳を刺激します。
誤作動を起こしている神経系を整えるのにもとても役立ちます。
ぜひ「好きだな」と感じる香を活用してください。

さらに後頭部から首の後ろ、肩甲骨のあたりを
ホットタオルで湿布するのもとても気持ちがよく、
症状を先に進めるのを助けてくれます。

どうぞうまいことこの時期を乗り切って、
その後の気持ち良い半袖の季節を迎えてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 松陰神社ご近所パン食べくらべ | トップ | 精油あれこれ 第5回:ユーカリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「緑香庵」的なもの」カテゴリの最新記事