ONE DAY: RYOKAN's Diary III
誰にだって訪れるさ どうしたって悪い日は 地雷と番犬と腰に機関銃 ドイツ製でもダメでしょう
 



Mac OS X 10.6 "Snow Leopard"をようやく導入。もっともSnow LeopardはIntelマシン専用OSなので、64ビット機とはいえPower Mac G5には入れられず、MacBookのみにインストール。
 しかし昔のことを思うとパッケージがかなり簡略化されたよなぁ。紙のマニュアルは一切なく、DVDと印刷物2枚のみ。外箱のサイズは13.5cm×13.5cm×1cm。CD/DVDジャストサイズなのは最近のApple製ソフト共通だが、これまで以上に薄い。ま、今回は新OSなのに(WindowsでいえばVista→7に相当する)お値段3300円というのもあるが。鳴り物入りの新ソフトや目立つ新機能もさほどあるわけでもなく、これまでの新OS登場時に比べるとかなり地味な新OSではある。
 ただし内部は大幅に変わる。OSの基本部分まで64ビット化され、標準付属ソフト群も大半が64ビット化されたおかげで、今迄各パートに32ビット用・64ビット用両方のコードを抱えていたのがほとんど64ビット用一本化されたためOSが占める容量が大幅に減り10GBほど空き容量が増えた。

ただし、新OS切り替えにつきものの動作しないソフトも続々と。今MacBookに入れているのはATOKもMS Office もAdobe CSもPowerMac時代からの古いバージョンだからな…。ATOKについては覚悟していたが、Office2004がダメなのには参った。2008の評判が悪かったので導入を見送り次バージョンを待っていたのだが、やはり入れるしかないか…。ATOKについては早急に考えないと。救いはAdobe CS1が問題なく動いていることか。(CS3はG5に入れているので)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




…椎名林檎じゃねぇぇぇ(笑)

 来季から「ロータス」がF1に復活するらしい
 レーシングチームとしてのチーム・ロータスは財政破綻で1994年を最後にF1から撤退(奇しくもロータスF1最後の勝利を挙げたアイルトン・セナがタンブレロで逝った年でもあった)、運営権を買収したグループがパシフィックF1チームに名義貸しして翌95年は「パシフィック・チーム・ロータス」として参戦したが、あくまで名義だけでマシン形式等もチーム・ロータスからの継続性も何もなく、これも一年で撤退・消滅。
 その後、市販車部門のロータス・カーズ(一時はトヨタ傘下になりかけセリカXXの開発にも協力したが、その後GM傘下となりいすゞからジェミニの「ハンドリング・バイ・ロータス」なんてものも出た)共々紆余曲折を経て現在はマレーシアの資本下にあり、当面はイギリスに本拠地をおくものの先々はマレーシアのチームとして活動する魂胆らしい。
(これとは別に、ロータスの創設者コリン・チャップマンの遺族の運営で古いロータスのマシンのイベントやメンテナンスを行うクラシック・チーム・ロータスが存在する)

ロータスF1最後のマシンは無限ホンダエンジンを搭載した109だった。その次の112も設計に入っていたという。ロータスのマシンは市販車/レースカー・カテゴリー(F1/F2/インディ/ルマン等)を問わず開発順にコードナンバーが通しになっており、Type111はエリーゼ。尚、これもよく知られた話だがロータス市販車の名前は何故か全てEで始まる綴りとなっている。(Elite・Elan・Europa・Esprit・Exell・Elise・Exige・Evora…)
 さて、F1復帰に際してもこの通しナンバーを持つマシンで登場するのか。(市販車最新モデルであるエヴォーラがType124の筈だから125になるのかな?)

そしてロータスが先鞭をつけたマシンのスポンサーカラーだが、今回はどんなカラーリングでやって来るのか。個人的にはJPSの黒地に金文字が一番かっこ良くて好きなのだが、既にタバコ広告は禁止だしな。
…まさかマレーシアがナショナルカラーを決めて申請するとか?(そもそも今ナショナルカラーの制度って残ってたっけ?)

※ナショナルカラー:現在のスポンサーカラーにレーシングマシンが塗られるようになる以前は、チームの所属国ごとに規定されたナショナルカラーに塗られていた。サッカーのユニホームのナショナルカラーとは異なる場合が多いので注意。
・イギリス:濃緑 ・フランス:青 ・イタリア:もちろん赤
・ドイツ:銀(元は白) ・アメリカ:青地に白縞 ・ニュージーランド:橙
・日本:白地に赤(ホンダ初参戦時に本田宗一郎翁は「金色」で登録しようとしたが、既に南アフリカが登録済で断念)

ホンダが撤退しBMW(ザウバー)の撤退が決まり、さらにルノーの撤退も現実味を帯びてきた中、ふたたびF1は大手メーカー主導から生粋のレーシングチーム主導の形態へと回帰してゆくのか。今後の動向が気になる。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新政権発足。
 これが「始まりの始まり」なのか「終わりの始まり」なのかは後年の結果から判断されることだから今どうこう言うつもりもないし、始まる前から悲観的なもの言いをして貶すくらいならこういう選挙結果が出る前に自らもっと具体的な行動をしときなさいよ、と(一部のイタイ見解に対しては)思うだけなので、これ以上の見解をここで述べるつもりはない。

さて、鳩山新総理はあの宮澤元総理以来久々の東京大学出身の総理大臣ということになる。それも工学部。バリバリ理系のひとが総理大臣になるのはかなり珍しい。
 それどころか、このひとスタンフォードでPh.Dを取得しているので、名誉号でない博士号やPh.Dの学位を持つ人が総理大臣になるのも初めてのことなんじゃないのかな。政治家一族の出ながら祖父・父や弟とも全く異なる、(良くも悪くも)政治家としては普通と違う雰囲気を持っているのもそのあたりが理由かもしれない。
 また菅副総理は東工大出身、平野官房長官も中央大理学部出身と内閣中枢が理系出身者ばかりというのも極めて異例のことで、そのあたりがこれまでの内閣と運営手法の違いが現れるのかどうか興味深い。
 理系出身、それも政治家へ転身前は第一線の研究者だった新総理なのだから、世間を納得させるためには徹底した証拠・根拠と順序立てて整理された具体的な論理体系が必要ということは十分に分かっているはず…だが。
(もっとも国立大の教授クラスの先生の学会発表でもムチャクチャなのがたまにあるからなー…)
 個人的には、すぐに産業やカネに直結しそうな研究ばかりでなく長期的な視野に立って基礎研究への援助にもっと力を入れて欲しいと思うところだが。

個人的にちょっと笑ってしまったのは前原国土交通相。僕が長年住んでいた京都市左京区を含む京都2区選出の代議士で、京大OBでもあり、まだ府議だった頃から学園祭などで度々京大に講演に来ていたのを覚えている。
 近年は重度の鉄道ヲタであることが発覚…どころか、メジャーどころの鉄道趣味誌ほぼ全誌にインタビュー記事や編集部との撮影旅行記などで登場したらしい(苦笑)
 そんな人が国交相というのはまさに念願の…なのかもしれないが、高速道路無料化など道路行政に偏りすぎて環境など様々な面でバランスを崩している交通政策を見直すことができるかどうか。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






うーむ、やっぱ古代の声には違和感を感じてしまうなぁ。プロモーションDVDでは「ガッチャマン」と言われた作画は改善?されたっぽいけど。
 で、この「ヤマト復活編」のプロットや設定は、予想通り15年前に石原慎太郎・現都知事が関わったものがほぼそのまま生き残っている模様。   キャラクターデザインについては15年前の構想と今回の「完結編」は違っているようだが、さて真田さんはどんな風貌で現れるのか…。

 そういえば15年前当時のメカデザイン:小林誠、キャラクターデザイン:北爪宏幸というのは「ZZガンダム」の顔ぶれだよな…。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




DVDプレーヤーを買い換え。今更DVD再生専用機という選択肢もなかなかアレに思われるかもしれないが、現段階ではBlu-rayソフトも所有していないし、いずれはHDD/Blu-rayレコーダーを導入するだろうからその時にBlu-rayにすればいいや、という考えと、DVDも観るがCD再生機としての使用機会もかなり多いので、そのあたりを考慮しての選定となった。
 とはいえ現段階でも既に据置型DVD再生専用機は国内主要メーカーはほぼ生産終了して再生専用機もHDDレコーダーもBlu-ray対応機に移行しており(もちろん非対応機より高い)、なかなか選べる機種も少ないのだが、在庫がまだ残っている製品から選定の結果ヤマハのDVD-S663に決めてお買い上げ。まぁ今使っているAVアンプもヤマハのDSP-AX1300だし。もっともヤマハの最新型アンプなら有線コントロールで動作リンクできるところだけど。

このDVDプレーヤー、他機種同様にCD-RやDVD-Rに焼いたmp3・jpeg・wmvファイルなども再生する上にUSB端子が付いていて、USBメモリに入れたファイルの再生も可能となっている。これでiPodが再生できれば最高にナイスだったのだが残念ながらその機能はなかった(最近のヤマハ製AVアンプはiPodに対応しており、しかも今年新発売のヤマハ製CDプレーヤーに付いているUSB端子はiPod対応に進化している)
 もちろんHDMI端子も付いているから将来的にテレビとAVアンプを更新したときに生かされるだろう。当面は従来通りD端子による接続だが。もちろんCPRMにも対応。
 これまで使っていたPanasonic製プレーヤーは7年くらい前のもので、二層DVDの内容を一層DVD-Rに圧縮したディスクの再生時など、映像デコードに力を取られすぎて音声再生がブツ切れになる時が多々あったのだが(特にアニメ。jpeg画像もそうだが、mpeg系の圧縮方式はベタ塗りになる部分が多い映像は得意でなく、現在MSとバンダイが共同で技術開発をしているという)、今回はさすがにそういうこともない。映像処理能力に格段の進化を感じるよなぁ。

というわけで最初に再生してみたのはチャゲアス25周年記念イベント「熱風コンサート」(2004.8)DVD。5.1chサラウンド音声も入っているので確認も兼ねてということで。
 うーむ、セットリストが被るだけにデビュー3年目の大坂城西の丸庭園コンサート「THE 夏祭り」(1982.8)のDVDと観較べるといろいろ面白いなぁ。
 さて、コアとなるDVDプレーヤーの更新も果たしたし、故障中のMDレコーダーとLDプレーヤーとDCCレコーダーもそろそろ修理しないとな…
 …って、修理を請け負ってくれるところを探すのも大変そうだが(笑/特にDCC。LDもか?)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )