ONE DAY: RYOKAN's Diary III
誰にだって訪れるさ どうしたって悪い日は 地雷と番犬と腰に機関銃 ドイツ製でもダメでしょう
 



夕方に実家へ帰省。3ヶ月半ぶりに姪っ子に会ったが泣かれもせずにホッとした。紅白を見てGacktのステージに驚く。…ええと今年の大河はGacktが主役の「毘沙門天」でしたっけ?(^^;;)

そんなわけで2007年も今日で終わり。個人的には色々ありましていい1年ではなかったけど、母親の命が助かっただけで十分だったと思いたい。来年は沢山の「いいこと」がありますように。
 今年1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




京都に戻ってきてから、ビデオに録画しておいたM-1グランプリ決勝を観た。決勝当日はチャゲアスのコンサートだったので、最終決戦の結果は携帯でつないだネットで知ったのだが、サンドウィッチマンなんて殆ど誰も知らなかった敗者復活組が最高得点で最終決戦に勝ち進んだ上に本命視されたキングコングに勝って優勝したというのでひたすら驚き、当日の夜にYouTubeやニコニコ動画でどんな芸人なのか見ようとしたらその時点では1、2本しか上がっていなかった(それで一応どんなひとなのかは分かったが)。そのくらい無名の存在だったワケだ。
 まぁキングコングが敗者復活組(最終の9番目にネタ披露)までトップだったというのを聴いて「キングコングがトップじゃ今年は微妙かなー」と思っていたのだが、実際にビデオを見てみると予想以上に面白かった。既にテレビで売れているタレントという意識を捨てて漫才師として勝負に出てきた気合いと練習量は十分に伝わってきた。ま、あの芸風に対して好き嫌いがはっきり分かれるだろうなとは思うけど。
 かつて無名の存在からM-1で注目され決勝常連となった笑い飯や(決勝に残れなかった)麒麟が勝ちきれないまま今年もいま一つに終わってしまったが、このまま勝てないまま10年目を迎えそうな雰囲気になってきたなぁ。やはり2年前に彼等にとっての掟破りのネタをやった時に勝てなかったのが痛かったような。
 M-1の決勝は時間制限もあるし、普段のネタとは別にM-1用のネタを考えないといけないという話も出ているけど、なんだか昔のポプコンで「サビにインパクトのあるメロディーと歌詞をもってくるポプコン決勝狙いの曲を用意しないと勝てない」みたいな話になってきたな。そのためにポプコン優勝者は優勝曲で大ヒットは取れるけどその印象が強すぎて一発屋に終わってしまう人も多くなってしまったわけで、M-1でもそうなってしまう危険性はあるような気がする。

全国的には25日深夜に放送された「クリスマスの約束2007」は関西では1日遅れの放送。ついオンタイムで見てしまった。いや、さださん凄く良かったなぁ。まず小田さんがピアノ弾き語りで「秋桜」を唄い、それからゲストとしてさだまさしを呼び込んでトーク(これもまた面白かった)の後さださんが「woh woh」を唄った訳だが、これがまた物凄く良かった。普段のコンサートでは最近出してないような高音しっかり出てるじゃねぇか(笑)。
 そのあと二人の共作による新曲の制作風景の模様が放送されて「たとえば」が披露されたが、これがとてもいい曲になっていて感動した。歌詞を二人の相談で骨格を作りさだまさしが仕上げ、曲は小田さん一人で書いてバックの演奏がFar East Bandなので小田さん流の曲とアレンジになるのは当然としても、お互いに一人では出てこなかっただろう切り口の歌詞になっていて、これが良かった。あのテーマを今のさだまさし一人で書いたらもっと説教臭くなるだろうしな(汗)。これ、是非とも二人の歌唱でCD発売してほしいなぁ。(さだおだ?)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




そういえばクリスマスの時期に上京するのは初めてだなぁ。コンサートもご一緒するAOIさん・みみなと赤坂のイタリアンで昼食。昼間からしっかり呑む(^^;)
 そのあとニューオータニでお茶することに。今日はニューオータニでさだまさしディナーショーなので「ひょっとすると誰か知り合いに出くわすかもなぁ」と話していたら…、ホテルの廊下で御本人に遭遇しました(笑)。昼食を終えて会場入りしたばかりの様子の私服+メガネなし姿で、ホテル側のスタッフと打ち合わせしながら歩いていたので声をかけるのは憚ったけど。ホテルのガーデンラウンジでケーキセットを頼み、ここで弥生猛さんも合流。渋谷へ移動。

今日の渋谷はC.C.レモンホール(渋谷公会堂)山崎まさよし代々木第一体育館でチャゲアスのコンサートが催される。昨日のチャゲアスの公演にはスキマスイッチがVIP席にいたそうだが、たぶん今日は渋公にいるのであろう。代々木第一体育館に到着後、物販に立ち寄った後会場内へ。
 代々木は初めてだが、かなり東西方向に横長の室内でスタンド席は南北の側にしかなく、アリーナ席も東西と南北で列数が極端に違う。アリーナのどのあたりの席なのか席番号だけではよく分からずに探したら…、なんと西側ブロック前から10列目、楽屋からステージへの入場通路がほとんど真横。アリーナクラスの会場でこれだけいい席なのは初めてだなぁ。8年前のFC限定アコースティックライヴと同様にセンターステージで、スピーカーや照明、モニタースクリーンの組まれたセットは完全に天井から吊されており柱はもちろんケーブル類もない(ステージが回転するせいもあるが)

定刻より少し遅れて開演。いきなり「if」なんてもう何年も歌っていなかった曲から始まった。今回はアコースティックライブで弦・コーラス部隊もついたバンド編成なので、夏までの"DOUBLE"ツアーとも全く異なる選曲になるしアレンジもいつものライヴやCDで聴いているものとは全く異なるものになるという予想はついていたけど、イントロを聴いただけでは何の曲か分からずに歌い始めてから「えっ」と驚く連続。まさかアコースティックで「YAH YAH YAH」を聴くとは思ってもみなかったし、ライヴで立たずに「YAH YAH YAH」を聴く日が来るとは思わなかった(笑/拳は振り上げてたけど)。すごいアレンジが多すぎました。


CHAGE and ASKA Concert Tour 2007 "Alive in Live"
2007.12.23 at 国立代々木競技場第一体育館
1. if
2. river
3. 天気予報の恋人
4. Here & There
5. 好きになる
6. パラシュートの部屋で
7. 紫陽花と向日葵
8. 僕はこの瞳で嘘をつく
9. HANG UP THE PHONE
10. 終章
11. Man and Woman
12. YAH YAH YAH
13. ONE DAY
14. higher ground
15. Red Hill
16. NとLの野球帽
17. ロケットの樹の下で
<Encore>
18. 世界にMerry Xmas
19. SAY YES



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いや、あの人が出るのは少々意外ですが楽しみですな。そして紅白は何を歌うのでしょうかね。鶴瓶が司会だし、あの番組の主題歌「Birthday」をやるのかなぁ。今は他にもNHK絡みの曲があるってばあるけど。

さて俺個人のクリスマスはこれです。初・代々木であります。そして久しぶりのアリーナ席。通常のステージプランだとあまり良くない席番なんだけど、今回はセンター円形回転ステージなのでさほど後方ではないだろうと。
 今回のコンサートは99年にFC限定で行ったアンプラグドライブ以来のアコースティックコンサート。札幌では1日2公演というアイドルのような日程もこなすそうで(笑)、まぁ通常のコンサートほど動きがない分体力を使わないから可能な芸当ではあるが。バックに弦も入るらしいし、選曲やアレンジ、ギターの選択も含めて楽しみ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )