ONE DAY: RYOKAN's Diary III
誰にだって訪れるさ どうしたって悪い日は 地雷と番犬と腰に機関銃 ドイツ製でもダメでしょう
 



日付の変わる頃に「今夜中に生まれそう」と母親から連絡があったきりで、そのまま寝てしまったのだが、朝6時前に目が覚めるとちょうど母親が帰宅したところだった。
 1時30分頃、無事に3200gの女の子が生まれたとのこと。
 急遽産院に向かってから2時間半くらいで産まれたことになる。初産なので時間がかかるかと思いきや、意外にもあっさり。
 ま、何にしても元気でよかった。

連絡を受けて宇都宮から車をとばしてきた義弟も朝6時に到着、挨拶もそこそこに産院にすっ飛んでいった。
 昼には義弟のご両親も到着、ということで僕が実家で留守番。家業の注文の電話を受けたり新聞代を払ったり。

夜になってから、産院へ荷物を持参する際に初めて姪っ子に会ってきた。

 …ちっちゃいなぁ。
 自分にもあんな時代があったであろうということが信じがたい。

生まれ来た生命よ すこやかに羽ばたけ
悲しみの数だけをけして かぞえてはいけない
父と母が伝えた愛に 抱きしめられた子供たちよ
みつめてごらん その手に小さく光る
夢一匁
                (「夢一匁」 さだまさし)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実家に帰省するのは5月初めの連休以来だから約4ヶ月ぶりで、出産を間近に控えた妹と会うのもそれ以来になる。すっかりお腹が大きくなり(来月5日の予定というから当然だわな)、ほんとにお腹に西瓜というか球体が取り付いてる感じ(^^;;) 見るからに大変そうだし暑そう。
 体調維持のため、毎朝、暑くなる前に5000歩を目安に散歩するのを日課にしているそうで、今朝は僕もお付き合いで朝6時半から1時間ほど一緒に散歩。さすがに眠かった(笑)

今日の行程は実家から僕らが通っていた小学校まで、当時の通学路ルートで辿ってみた。 僕らが小学校に通っていた頃は、広い通りに信号が整備されていなかった関係で大回りのルートを指定されており、自宅から学校まで毎日40分くらい歩いて通っていたので、足だけは鍛えられたものだった(笑) 毎日疲れたけど。
 中学校も似たような距離にあって、しかも山の上にあったから更に鍛えられたが、妹が通う頃には自転車通学が許可されており、ちょっと悔しい思いもした(^^;)
 さらに高校も同じような場所にあり(ただし山の下)、こちらは最初から自転車通学が認められていたからラクなものだったが、そのせいで朝ギリギリまで寝ていたため、よく遅刻していたような(汗)
 だから、いちばんラクして通っているのは大学(下宿から徒歩5分、かつ大抵は自転車で行ってしまう)ということになるんだが。ま、ここ数年は時間のある時は帰り道をわざと大回りで1時~1時間半かけて歩くようにしていますけど…。話がそれた。

小学校時代の通学路を大人になって歩いてみると、ずいぶん道幅が狭く感じる。当時から変わっていない家や店や建物も残っているけど、かなり建て変わったり更地が増えたりでずいぶん変わったなぁという印象。
 小学校近辺にも新しい道路や大きなマンションが増えた。学校の建物自体はまったく変わっていないが、今は夏休みを利用して耐震補強工事を行っているらしい。
 なお妹は小学校~高校だけでなく大学の後輩でもあり(かつ学部まで一緒)、4年間は同じアパートの別部屋に住んでいたので、通学環境はずっと同じだったため、学校関係の話題ではかなり共有できるので話のネタには事欠かない。さすがに現住所の宇都宮の話にはついていけないが。
 さて、次にこの近辺をこうして歩くのはいつになることやら。

…で、昼中は従姉宅でMacのメンテナンスをしており(彼女のiBookバッテリーは交換対象に引っ掛かった)、夕方には両親と妹と4人で外に食事に。まぁ動けるうちに行っておこうということで、ここまでは予定通りだったのだが。
 それから帰宅して間もなく、妹に気配がやってきたらしく、23時過ぎに急遽、母親とともに産院に向かった。
 予定より1週早いのと今日昼あたりまでは特に兆候はなかったので流石に驚いた。 まさか「今なら代わりの人手もあるし、ここらで出ておくか」とタイミングを図られた…のか?(^^;)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ううむ、AppleもSONY製バッテリー回収ということになったか。
 昔からなにかと繋がりの深いSONYとApple。初代PowerBookを設計・生産していたのがSONYだったというのはマカーの間ではよく知られた話だし、実はiPodも内部のバッテリーは一時期SONY製だったしなぁ。WALKMANが売れずシェアをiPodに奪われても実利はあったわけで(笑)
アップルでは日本のソニー株式会社製のバッテリーセルが含まれた特定のリチウムイオンバッテリーがまれな状況で過熱するという安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認いたしました。

対象となるバッテリーは、12 インチ iBook G4、12 インチ PowerBook G4、および 15 インチ PowerBook G4 ノートブックコンピュータ用に、2003 年 10 月 頃から 2006 年 8 月頃の期間に世界各地で販売されました。

アップルは、対象バッテリーを自主的に回収し、お客様に対してはバッテリーの無償交換を行うため、世界各地でバッテリー交換プログラムを実施します。本プログラムは米国 Consumer Product Safety Commission (以下、CPSC) および他の国際安全機関との協力のもとで実施されます。
 とりあえず自分のiBook(G4化最初のモデルの、ほぼ最初のロット)を調べたら違っていてひと安心。もっとも3年近く使ってヘタれてきたバッテリーがこれで新品になるならそれもいいな…と思ってしまったのも事実(^^;;)
 ここを読んでおられるiBook/PowerBookユーザーの方も一度ご確認を。かなり申し込みが殺到しているらしく、早めに申し込まないと(いや既そうかも)交換バッテリーの到着がものすごく遅れる可能性があるみたいです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




22日~24日まで農学研究科の院試。 筆記試験は23日まで、24日は面接という日程で、その日のうちに試験結果が判明してしまうため、みんなが気楽に飲めるのは面接の前日、23日の夜しかない。(…面接は?)
 ということで、例年、面接の前日に研究室で院試打ち上げをして4回生(近年はほとんど全員が受験する)を慰労するのが恒例になっており。 今年もうどんパーティーで打ち上げを挙行。うーむ、流行りものだなぁ。
本場・香川出身のM1を料理長に、手打ちで前日から仕込み、カレーうどん用のカレーも準備。自家製手打ちうどんの他、ホンモノの讃岐うどんや学会が行われた秋田土産の稲庭うどんも用意され、ざるうどん・釜玉うどん・カレーうどんに。うまかった。
 当然、酒もひたすら飲んでいる訳で…。

院試が終わると、院試勉強で8月を過ごした4回生は遅い夏休みということでしばしの息抜きへ。 また院生の大半は秋田の学会以降、夏休みやインターンに出ており(実は打ち上げに参加した院生は僕を含めて4人しかいなかった)、学会でみんな秋田へ出掛けていた8月上旬以上に人の少ない研究室である。
 で、僕も今週末は実家で過ごす予定。 9月上旬に出産を控え実家に帰っている妹のお腹を大きいうちに見ておこうかと。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週は10月に発表する予定の学会の要旨の作成に追われていまして。
 いろいろ不具合の多かった個人的状況下で、更に要旨の内容についてダメ出しを喰らいまくって、相当に凹みました…。
 提出締切日にちょっと間に合いそうになくなり(この時点でダメダメです)、大会委員長の先生に直接電話して締切延長をお願いするとあっさりとOKを頂き、金曜になんとか仕上げて夜に速達の簡易書留で郵送した。…のだが。

最近の書留や小包は引受番号を入力すればネットで配送状況を確認できるので、土曜日はそれを利用して状況を追っていたのだけど。
 夕方には先方の集配局に到達し、その日のうちに配達予定、と出たので無事に到着と安心していたら、そのあと改めて確認すると
「あて所不明につき差出人に返送」
…と表示が出てパニック。
 慌てて書類などを確認すると、なんと学会の大会要項に記載されている要旨送付先の郵便番号が誤植だったのである。
 しかも、誤った郵便番号で出る住所が正しいものと一文字違いというややこしさで、こちらも見落としてしまったらしい。
 宛先が大学なら郵便物が多いはず(うちの大学の場合は専用の番号まで持っている)だから、少々の間違いも集配局で気付いて気を利かせて届けてくれそうなものだが、今回の郵送先は大学本部ではなく「サテライト校舎」という、都心部に作った出張所みたいなもの(社会人大学院向け)のため、一般的な大学より郵便物が少なくて局の方も気付かなかったのかなぁ。

いずれにしても、締切を延ばしてもらった要旨が送り返されてくる状況に変わりはない。しかも差出人住所を大学の住所にしていたので、事務の都合上こちらの手元に届くのは月曜の午前中以降になってしまう。
 それはかなりマズイので、ネットで配送状況を追いつつ、こちら側の集配局まで戻ってきたことを確認したところで局に連絡を入れて事情を説明し、書留を出した時の控えを持参して局の窓口でブツを回収することになった。
 それが日曜の夕方のこと。ブツは無事に捕獲成功。

で、今日は朝イチで大阪まで出掛けて、自力で提出先のサテライト校舎まで直接持参。郵便番号の誤植をきちんと先方にも確認させて、なんとか無事に?受理された。
 そのまま大阪で遊んだり甲子園まで出掛けたい気分だったが、いろいろ山積みなのでとっと帰還。ま、期せずして学会本番の会場の下見ができたことが唯一の収穫か?
 そんなわけで、非常に気分の疲れる週末でした…。 今日も既にへろへろっす。

それにしても甲子園。決勝は凄い試合だったなぁ。昨日があんな試合で、両エースとも4連投になるから(特に早実の斎藤)、また今大会の本塁打の多さや突然変なスイッチが入って打線大爆発とか妙な投手炎上率の高さを考えると、今日は炎上しまくりの馬鹿試合になっても不思議はなかったんだが、最後まで締まったいい試合だった。これも夏三連覇のかかるチームと古豪という、基礎からしっかり出来上がったチーム同士の対戦だったからだろうか。
 しかし今日の試合で個人的にいちばん面白かったのはコレだったんだけどな(笑)。マモノ仕事が速すぎ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ