ONE DAY: RYOKAN's Diary III
誰にだって訪れるさ どうしたって悪い日は 地雷と番犬と腰に機関銃 ドイツ製でもダメでしょう
 



NHK生放送のあと文化放送(ラジオ)の生放送が30分、そのあとアンコールで6時間を超えるライブ終了。
 いや凄いライブでした。
 土俵のサイズの正方形ステージにバックバンドなしの完全ソロ弾き語りのライブ。センターステージということになるが、スペースとサイズの制約上回転機構は作れず、したがって正方形ステージの東西南北4方向にマイクが立ち、さださんが1曲唄う度に時計回り順に次の方角へ移動していた(笑)。
 相撲の時の吊屋根は天井のいちばん高い位置まで上げられ、本来の高さにはトラスを組み照明やスピーカー、スクリーンをセットしたものが吊ってある。
 また床全体がLEDディスプレイになっていて、土俵になったり色彩効果を写し出したり、スクリーンと照明の両方の役割を果たしている。この演出は面白いな。(バックバンドがなくステージ上に一人しかいないからこそ可能な演出ではあるが)
 映像の使い方はチャゲアスや小田さんやユーミンでは当たり前のようなものだが、さださんのコンサートとしては珍しく映像での演出に凝ったものだったし、使い方も良かったと思う。

 選曲はこれがまた超コアというかマニアックというか、有名どころの曲は極めて少なく素人にはお薦めできない内容(笑)
 入場時に渡された「お土産」の中に福餅・手拭とともに入っていたケミカルライト(赤・黄・緑・橙・ピンクがランダムに1本)を振って年越し前のラスト曲、その名も「大晦日」(おおつごもり)を客みんなで演出。新年1曲めは「春爛漫」。

休憩を挟んで「年の初めはさだまさし」公開生中継へ。
 一万人の客を前にして一人で演る緊張感がいい方に出た面白いカウントダウンライブでした。


カウントダウンイベント終了後、友人知人9名(全員mixiユーザーと判明)で上野に移動し打ち上げ。これって新年会なのか?(^_^;)平常時にはありえない、なんだか不思議な顔ぶれの宴会であった。

ともあれ皆様お疲れさまでした。

そのあと湯島天神で初詣。


[セットリスト]
※モノローグさんが某コミュに書き込まれたものを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

<第1部>
01. 虹 -ヒーロー-
02. 19才
03. 紫陽花の詩(映像合成により吉田政美氏と共演。バーチャル・グレープ)
04. 殺風景(バーチャル・グレープ)
05. 案山子(映像合成により市川の田中さん達男性コーラス隊と共演)
06. 神の恵み -A Day of Providence-
07. 防人の詩

<第2部>
08. 聖夜 ~ ペチカ ~ 北の国から
09. 不器用な花
10. 献灯会
11. いのちの理由
12. 奇跡

<第3部>
13. フレディもしくは三教街
14. 主人公
15. 風に立つライオン
16. 大晦日
 カウントダウン:2010年を迎える
17. 春爛漫(with 佐田玲子・チキンガーリックステーキ)

<NHK「年の初めはさだまさし」公開生放送>
18. 関白失脚
19. 飛梅

<文化放送「国技館だヨ!さだまさし」公開生放送~Encore>
20. 青の季節
21. 最期の夢



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




14:10「のぞみ」で名古屋を出発。車窓に富士山を眺めつつ東京へ。

このあとの年内の日記は恐らく単なる行動報告になると思うので、少し早めのご挨拶をば。

 今年は自分自身たいへんな激動の年となり色々なことがありましたが、なんとか一年のりきることができました。
 皆様にも様々なかたちで励まされたり楽しませて頂いたりと、今年もお世話になりました。

 喪中ということで例年年賀状を戴いている方々には失礼させて頂きますが、どうぞ来年もよろしくお願いします。

 皆様よいお年を。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




土曜日が仕事納めで、昨日から年末年始の休暇。
 当初は昨日のうちに帰省するつもりだったが、部屋がなかなか片付かなかったのと、休みになった途端緊張感が緩んだせいか腰痛が急に酷くなり片付けが余計に進まず本日に延期。(T_T)
 銀行のATMでえらく待たされ、大阪駅に着いてみれば在来線は事故か何かで遅れ絶賛発生中。なんなんだ今日は一体。

京都で途中下車して土産を買い、今月3度めの名古屋へ向かう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




かねてから噂があったが、このほど正式発表があった模様。
http://www.asahi.com/business/update/1215/NGY200912150018.html

 トヨタのおかげで名古屋だけ景気がよかった2年ほど前、名古屋駅周辺に次々と超高層ビルが建てられる中で大名古屋ビルヂングにも建て替え話が持ち上がっていていたのは知っていたが、この景気の中でも老朽化や耐震性の懸念から建て替えがとうとう決まったようだ。
 大名古屋ビルヂングに限らず「ビルヂング」は以前は三菱地所所有ビルでは当たり前に使われていた名称で、たとえば東京の丸ビルだって建て替え前は「丸の内ビルヂング」だった。gではなくdを子音にもつ音をカタカナにする時は「ヂ」というのが三菱の考えだったのだろう。たしか「三菱ヂーゼル」というのもあったな。
 こういう企業独特の癖はなかなか変更しないもので、トヨタでも「ボディ」でなく今も「ボデー」と表記している筈。

特に「大名古屋ビルヂング」が有名になったのは名古屋駅の正面側入口の真向かいに位置しビル名が大きく表示されていること、屋上の回転球形広告塔(長らく森永製菓、のちコカコーラになり近年撤去)のネオンサインが印象的だったことによると思う。
 しかし最近建てられた三菱地所所有ビルは「ビルディング」だし、「ビル」が付かないものもある(横浜ランドマークタワーなど)。だから今回の建て替えによって「大名古屋ビルヂング」の名が消える可能性は高い。
 他にも元名古屋中央郵便局跡地と隣のホテルアソシア/松坂屋名駅店も再開発で超高層ビルに建て替えられるので、あの一帯は名鉄名古屋駅/名鉄百貨店と近鉄名古屋駅を除くとほとんど超高層ビルに建て替わるような気がする。
 セントラルタワーズ(JR名古屋駅)とミッドランドスクエア(トヨタ+毎日)ができて変貌した駅前の風景がさらに一変するだろうな。正直寂しい気もするが。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週水曜日に続いて、仕事を終えてから新大阪へ。「のぞみ」で名古屋に向かうところ。
 けど今回は湿っぽい話は一切なし。明日はライブです。初のライブ遠征目的の有給休暇(勿論申請時にはそんなことは書きませんが)。はぁ楽しみ。


いま自分のiPodで流れているのは桑田さんの新曲。もう「声に出して歌いたい日本文学」メドレーが頭の中をぐるぐる(笑)
 そういえば「音楽寅さん」がDVD-BOXで出るそうだが、よくぞ権利関係の壁を乗り越えたよなぁ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ