コメント
 
 
 
スタンディングオベーション (にら)
2006-04-03 11:48:36


都合よくクルマが見つかり、

偶然にもエンジンがかかり、

それを運転して逃げ帰る途中、

襲い来るコウモリ型生物に絶体絶命。

進化の波がグッドタイミングで来て、

コウモリはみーんな吹っ飛ばされて、

同じくそれに吹っ飛ばされたクルマは、

上手い具合にタイムサファリ社の玄関に。



てな感じで、定番設定ながら突っ込んだらキリがないタイムバラドクスをごまかすため、サバイバル純粋御都合主義アドベンチャーに仕立ててましたね。



そんな意図を無視して、SFっぽい宣伝しちゃった配給の連中も、脳死に近いくらい腐ってますね。



ちなみに自分は腐ってないんじゃなくて脳ナシですが、TBありがとうございました。
 
 
 
予\告 (ryodda)
2006-04-03 16:56:15
内容と違うこと多いですよね。

もうほとんど信じてませんが、やっぱ予\告を頼りに映画を選ぶ人もけっこういるのでしょうか?

どんな映画でも「感動の大作」か「全米ナンバー1」か「巨匠最新作」になっちゃうのに。
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2006-04-04 18:26:37
こんにちは♪

そういえば本当の意味のタイムワープはあれ一回でしたね~。

どういう映画でもワープのシーンは好きです(笑)

難しい映画の合間にこういうのを見るのがまた楽しいですね!
 
 
 
たまには (ryodda)
2006-04-04 20:44:22
こういうので気が抜けるのもいいです。

ただ、バカに見えることが意外にマジで実験的だったりもしますよね。

この映画も、ちょっとだけ新しいことに挑もうという雰囲気はありました。

成功してるかどうかはともかく。笑
 
 
 
TBありがとうございます。 (trichoptera)
2006-04-11 10:14:30
評判がよろしくないのをあえて見たのが良かったかもです。楽しめました。

あの説明的で、ご都合展開は意図的なんじゃないかと思ってしまうのは、考えすぎでしょうか…。
 
 
 
意図的 (ryodda)
2006-04-12 09:56:50
だと思いますよ。

こんなにB臭濃厚な映画もめずらしいです。

おもしろさを度外視すれば、今年一番気になった変な映画でした。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。