ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』

2019年12月より新ブログに移転しました⬇︎
https://ryofujisaki.work

日清『一度は食べて見たかった日本の名店 鳴龍 担担麺』

2018年01月03日 | 辛さレベル☆☆
日清『一度は食べて見たかった日本の名店 鳴龍 担担麺』

辛さ満足レベル:☆☆
旨さ満足レベル:☆☆☆☆
※レベル表記方法についてはこちらのページを。



この『鳴龍』というお店は、実店舗は未訪問なのですが、以前、日清食品からカップラーメンが出ていて、それがなかなか美味しかったのです。




一応、、ミシュランガイド東京2017の一つ星掲載店らしいのですが、そんなのは僕にとってはどうでもいいんです。
僕が美味しいと思えればそれでいい・・・。


中身は、液体スープと芝麻醤と麺のセットになっています。
麺は細麺です。


"店主直伝の肉そぼろの作り方"が書かれていたので、せっかくなので作ってみることにしました。

ただ、味噌がなかったので、ピーシェン豆板醤で代用。これだけでスープの味に影響が出てしまいそう。(良い方向に)
また、豚ひき肉がなかったので牛ひき肉で代用しました。

スープだけだとこんなかんじ。

芝麻醤は後がけになっています。

完成。



肉そぼろの味でスープの味が変わってしまう前に、純粋なオリジナルスープの部分を味わってみます。

醬油ベースのスープで、酢味は強めです。
ダシがなかなか良い。複雑な出汁の味わいがあります。
原材料を見てみると、ポーク、チキン、オイスター、ビーフなどいろんな
実店舗では無化調らしいが、流石にインスタントは無化調ではない。


芝麻醤を入れて混ぜたら酢味は弱くなり、バランス良くなりました。
芝麻醤の味は弱めなので、個人的にはもうちょっと芝麻醤を効かせたい。
麻辣はどちらも弱目ではありますが、花椒もちゃんと合います。
正統派な日本式担担麺とはちょっと違う味ですが、まあ、店名も『創作麺工房 鳴龍』ですしね。
スタンダードな日本式担担麺とは違った感じですが、なかなか美味しいです。
でも、カップ麺ヴァージョンともまた違った感じの味です。(同時に比べてないのであくまでもイメージです)

ひき肉にピーシェン豆板醬を入れたのも味に影響しているとは思いますが・・・

肉そぼろは味噌の代わりにピーシェン豆板醬を使うことをお勧めします。


原材料






コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ニッスイ『名店秘伝の味 らー... | トップ | 南風花(はいばな)『島ラー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。