ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』

2019年12月より新ブログに移転しました⬇︎
https://ryofujisaki.work

広島つけ麺 ぶちうま『つけめん(ぶち辛)』

2012年08月22日 | 辛さレベル☆☆☆☆
広島つけ麺 ぶちうま『つけめん(ぶち辛)』

辛さレベル:☆☆☆☆
旨さレベル:☆☆☆
※レベル表記方法についてはこちらのページを。


新橋の路地裏。
こんなとことに店があるのか?というような場所にあるお店。(行ったらびっくりすると思う)

広島つけ麺の店『ぶちうま』

広島風辛つけ麺のお店で、基本メニューはつけ麺のみ。
麺の量と辛さを選ぶようになっている。


辛さは、基本40段階になっていて、40辛までは料金は同一らしい。
40辛でも辛さが足りない場合は、プラス150円で『ぶち辛』というのが選べる。

当然『ぶち辛』を注文。

ここのつけ麺は、6種類の唐辛子をブレンドしているらしいが、『ぶち辛』はさらに違う唐辛子を入れるらしい。
想像するにハバネロかジョロキアだろうな。

これがスープ

他の人が頼んだ40辛と比べてみると、色は変わらないけど、スープの上に唐辛子粉のようなものをふりかけたあとがある。

まずはスープを飲んでみる。
これは豚骨ベースかな。
あ、この独特な香りはハバネロだな。
お店の人に「これはハバネロですよね?」と尋ねてみると、「そうです。よくわかりましたね」との事だった。
ハバネロは香りがあまり好きじゃないんだよなぁ。
ぜひジョロキアを使ってほしいなぁ。

まあ、ハバネロの粉末を使っているだけあって、それなりにしっかり辛みはある。
スープもなかなかおいしい。
せっかくの旨味をハバネロのクセが邪魔してしまっているのが残念だ。
スープも麺も冷たいので、辛さはたいして感じられないけど、これでスープが熱々だったら、中本の北極ラーメン程度の辛さに感じられるかもしれない。

中本の冷やし味噌ラーメンも、北極ラーメンより辛い事になっているけど、冷たいが為に北極ラーメンより辛くなく感じるので、料理の熱さは辛さを助長するのだろう。
熱くないためか、僕の汗の量もいつもよりかなり少ない。

テーブルの上に一味唐辛子(ハバネロではない)が置いてあるので、辛さが足りなかったらそれを入れてもいいだろう。
個人的には150円追加の『ぶち辛』でハバネロの味にするくらいなら、割り増しなしの40辛で注文して、テーブルの上に置いてある唐辛子を好きなだけ追加した方が味的には良いのではないかと思った。

食べ終わったあと、唇の周りがヒリヒリしてた。
まあ、普通に辛いよ!

あ、サイドメニューのチャーシュー丼がおいしかった。
コメント   この記事についてブログを書く
« 子供の頃 | トップ | 飾りじゃないのよカレーは『... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。