香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

新聞小説『荒神』

2014-04-30 20:44:52 | 本のこと
朝日新聞朝刊に連載されていた
宮部みゆきさんの『荒神』が
本日403回を持って終了しました


毎日、毎日、楽しみに読んで
読み終わったら、切り取っておりました
挿絵はこうの史代さんで
この挿絵も、ホント楽しみでした

時代物でありながら、ちょっとスペクタクル?
あ、それは違うな
少しづつ読んでいるので
村の名前や登場人物がちょっとごっちゃに・・・
単行本になるまで時間があるだろうけど
読み直さないで
出版されるのを楽しみにしようかな
でも、この新聞の切り抜きは大切にとっておきます
だって、毎回、こうの史代さんの挿絵つきですよ
なんて贅沢でしょうか
終わってしまって、さびしいな

明日からは、林真理子さんの小説が連載されるそうです

  

今年のゴールデンウィークは暦通りかなと思っていたら
2日から5日間、お休みを頂けることになりました
とりたてて予定はありませんが
1日早くお休みをもらえるのはうれしいな
ただ、今日の仕事の連絡で、ちょっと暗雲が・・・
いや、でも、休もう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ミュシャ展 | トップ | 満月の道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本のこと」カテゴリの最新記事