香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

女のいない男たち

2014-04-23 21:52:33 | 本のこと
村上春樹さんの新刊
『女のいない男たち』


短編小説というにはちょっと長めの5編と
書き下ろし1編の小説集
めずらしく春樹さんの「まえがき」があり
この小説集のモチーフは
女のいない男たち
読み終わって納得でした

6編全てのストーリーの中で
色々な形で女性を愛する男の姿が描かれています
それぞれのやり方・考え方で
悩み、苦しみ、傷つき
あるいは、溺れて、迷い
執着し、許し、もがいている様子が痛々しくもある
全てが違って、少し変

本の装画は、6編の中の
「木野」というお話の絵です
青山の根津美術館の裏にある
一軒家のBar木野と
灰色の野良猫
このお話がわたしは一番好きでした


仕事帰りに連れて帰って来た
可愛らしい姫うづき
越冬もするようなので大切に育てなきゃ

そして、植物男子ベランダーに触発されて

多肉ちゃんたちの寄せ植え
桜も梅もチューリップも水仙も
咲いていない札幌だけどもうすぐだよ
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« いつか読書する日 | トップ | ふつうな ゆるゆる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (くろいぬ)
2014-04-24 23:54:46
伊達お疲れ様でした( ´ ▽ ` )ノ
村上春樹さんとは全く関係ないですが(笑)

【昭和の犬】読んで???ってなったので
ここにきてみました

師匠の感想読んで(2編のみの感想ですが)ちょっと安心しました

最近の僕は読書したいモードです♪

http://ameblo.jp/kuroinu0012/
くろいぬさん ()
2014-04-25 09:10:09
コメントありがとうございます

伊達、出なかったんですね
ハーフのトップに人と9kmちょっとの地点で
抜かれてしまいました・・・はは

「昭和の犬」全部読んだのですか
忍耐力が必要だったのでは?と想像します
姫野さんの「リアル・シンデレラ」は
とっても好きな小説です

朝日新聞に連載されている
宮部みゆきさんの「荒神」が今月で終わりますが
当然ですが、面白かったです
道尾秀介さんの新刊も
すごく気になっているんです
読書したいモード、わかります

コメントを投稿

本のこと」カテゴリの最新記事