幸せアップ+α

TVを見ていることが多いし、いろいろ感じることがある。

ポスト平成 

2019-01-07 08:44:38 | 社会

元旦のNHKスペシャルで、タモリや建築家の隈研吾氏たちが「ポスト平成」

について話していました。

隈氏は右肩上がりの時代は過ぎ、今後は右肩下がりを楽しむ、みたいなことを話していました。

隈氏が建築事務所を開いた時はバブル崩壊で10年間は日本での仕事はほとんどなかった。

アジアの国々で仕事をした。それが今、思うと良かったと話していました。

 

日本は人口減少社会で右肩下がりだけれど、それを良い方向にしていくしかない。

 

今朝、見たTVでは似たような内容でした。ちょっと見ただけです。

どなたかが、オリンピック、万博、リニアモーターカー、その他、

発想が昭和と同じみたいなことを話していました。言われてみればそうです。

私はリニアモーターカーって、そんなに必要なのかって常々思っています。

狭い日本そんなに急いで何処へ行く っていうフレーズが思い出されるのです。

オリンピックも万博も賛成ですが、どんなことでもプラスとマイナス面はある。

発想の転換って一番難しい・・・

~~~

俳句の勉強のつづき。

駅伝やマフラー巻いて旗を振り     (マフラーを巻くは当たり前) 

     ↓

駅伝や顔までマフラー旗を振る    


新年のプレバトで、駅伝の句がありました。

雪晴れやエース区間の九人抜き

このような発想ができない。なっちゃん先生の直しはなしでした。

 

私の感想ですが、雪晴れ が他の季語の方が良いと思いました。

箱根駅伝は比較的、温暖な所を走るのでのでというのがピント来ませんでした。

 

 

     



 

 

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 初俳句 ←初心者を脱出できない | トップ | 湘南平へドライブ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マフラー (アガサ)
2019-01-07 11:50:43
マフラーで顔まで埋まって寒そうな様子がわかります。
私もプレバト見ましたが、9人はちょっとな~なんてね。外国人枠でたまにありますけどね。
確かに、雪はありませんね。

新しい時代は、頭を切り替えて行きたいですね。

バブル (keito2)
2019-01-07 13:27:35
今の若い人たちはバブルの経験も崩壊の経験もないのですよね。
「右肩下がり」はよくないイメージですが、それを楽しむという発想も面白いですね。
「顔までマフラー」の方がぐっといい感じがします~
「雪」がピンとこないって地元の方ならではですね。
アガサさんへ (るり)
2019-01-07 19:25:26
マフラーにヒントをもらい、推敲できました。ありがとう~♪ 
「雪晴れや~」が、少々気になりました。
俳句も頭の切り替えに役立ちそうですね。
keito2 さんへ (るり)
2019-01-07 19:30:49
あのバブルは何だったのでしょうね。
「右肩下がり」をマイナスと捉えない新しい発想が、どんどん出てくるといいですね。
「顔までマフラー」は娘の姿です。手袋もして万全でした。
「雪」とは無縁のように感じます。箱根山は雪がありますが・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事