幸せアップ+α

TVを見ていることが多いし、いろいろ感じることがある。

俳句の新年勉強会

2019-01-09 19:43:04 | 俳句の練習

今回も有意義な勉強会でした。

元旦の神奈川新聞に俳句と短歌が選ばれています。

 

     天  この国の戦後より永久に初日の出

     地  初乗りのフェリーは安房へ発つ気配

     人  初凪やおとたちばなの走水 

 

「地」は先生の句です。フェリーが出発するのを見ていると、

船が身震いするような感じがして、それを詠んだそうです。

「天」平和の尊さを詠んでしる。

「人」走水は近くにある。

おとたちばなひめは、やまとたけるのみことの妃とされ、尊の東国攻めに同行する。

走水の海(浦賀水道)で暴風のため船が進まなくなったとき、

海神をなだめるため海に身を投じて、風をしずめたといわれる。

対岸の千葉の木更津は「君去らず」から来ているという説があるそうです。


今回、先生が選んだメンバーのNo.1の句:


初空に末広がりの飛行機雲

 

行機雲は字余りですが、これで良いそうです。

アガサさんの句:

※ 冬街道たすき守って走り抜く

冬街道たすきを継ぎ走り抜く 

 

温々と日差し蓄え冬ふとん

温々と日差しを得たる掛布団 

布団は冬の季語なので、掛布団または敷布団とした方が良い。

ふとんは漢字とした方が良いとのこと。

 

日を浴びて静かに乾き冬の田は

日を浴びて静かに乾く冬田かな

冬田かな とした方が切れが良い。


私の句:

※ 石だたみ異国の猫も日向ぼこ


駅伝や顔までマフラー旗を振る

駅伝やマフラーしかと旗を振る

 (しかと:確かと)


笑い初めゲームに勝って男の子

男の子ゲームに勝って笑い初め

句ができたら、上下をひっくり返してみることも大切。

これは上下を変えた方が良い。この方がしっくりしますね。

※印が選ばれました。


先生は年間、千句くらい作るそうです

俳句は「切れ」が大切。切れ字を使わなくても、切れはありますね。



ジャンル:
習い事
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 湘南平へドライブ | トップ | 新・浅見光彦シリーズ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
添削 (アガサ)
2019-01-10 06:13:51
直してもらうと課題がはっきりしますね。
切れと語順に気をつけるのですね。
自分でもひっくり返してみたりするのですが、よくわからなくなってしまいます。
No.1の飛行機雲は、初春の感じがよく出ていますね。
先生の句は別格ですね。
romaさんの句会のようすは「俳句さく咲く」のイメージです。
アガサさんへ (るり)
2019-01-10 07:23:42
添削してもらうとスッキリしますね。
家の窓から飛行機雲を見たことを詠んだそうです。時々、空も見上げないとね~。
初春の句は清々しくていいですね。
元旦の投稿句は皆さん、一番力を入れて詠むとのこと。
神奈川新聞の選者は交代なので、句の好みが偏らないのが良いそうです。
なるほどぉ (keito2)
2019-01-10 16:38:50
先生の添削をみると「あーなるほど」と思います。
勉強になりますねぇ
私には天地人の句は難しすぎて解説がないとよく分かりませんでした。
「人」の句は古事記にあるお話なのでイメージはできました。
keito2 さんへ (るり)
2019-01-10 21:31:41
さすが先生ですよね。先生の一言一言を聞き逃さないようにしています。
私も解説されないと深い意味は分かりませんでした。古事記はkeito2 さんは読まれているので親しみやすいのではないでしょうか。
おとたちばなひめが詠まれるって、すてきですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

俳句の練習」カテゴリの最新記事