「言葉の泉」

言葉の種が葉を茂らせることを祈って。

Dvořák: Symphony No. 9 "From the New World" / Karajan · Berliner Philharmoniker

2017年04月25日 | コンサート、CD、DVD,音楽レビュー
Dvořák: Symphony No. 9 "From the New World" / Karajan · Berliner Philharmoniker
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 詩仙堂のイメージを再現した... | トップ | 人間失格の亡国の大臣たち »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (tempo1078)
2017-04-25 13:23:09
大巨匠、
カラヤン先生、
大好きです。

風貌がいい、哲学者然としている。
これは人間として
大切な要素。

そして、
緻密な音楽構成、
何度聴いても、飽きることは
ありません。

日本人指揮者でも、
彼の音楽の芸術性は
小澤征爾さん、佐渡裕さんに
引き継がれていますね。

その意味に於いても
カラヤン先生は、日本の
クラシック界にも、
多大な貢献をしている訳ですな。
tempo1078さんへ(帝王) (ろこ)
2017-04-25 13:50:08
tempo1078さんへ
 こんにちは。
 同感・共感。
 帝王と呼ばれるのにふさわしい才能と風格と、美意識の持ち主ですね。
 特にこの「新世界」は名演中の名演。
 細部にわたる表現の繊細さと洗練された音の響きと美しさは比類なきものです。
 カラヤンだけのドヴォルザーク。
 聞き惚れます。
 tempo1078さんがおっしゃるように、容姿も素敵です。孤高の人、哲学者のような怜悧さに惹かれます。
 小澤征爾を可愛がって育てたのはその音楽性の継承でもありましたね。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。