Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

隠し剣 鬼の爪

2009年04月15日 01時00分19秒 | 映画(か行)
藤沢周平の人気剣豪小説「隠し剣」シリーズの中の「隠し剣 鬼の爪」と「雪明り」を基に、山田洋次監督が映像化した本格派時代劇もの。出演は、永瀬正敏、松たか子、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子、倍賞千恵子他。

<あらすじ>
幕末の東北。海坂藩の平侍、片桐宗蔵(永瀬正敏)は、母と妹の志乃、女中のきえ(松たか子)と、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。ある日宗蔵は、きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、やつれ果てたきえを背負い連れ帰る。その頃、藩に大事件が起きた。かつて、宗蔵と同じ剣の師範に学んだ狭間弥市郎が、謀反を起こしたのだ。宗蔵は、山奥の牢から逃亡した弥市郎を切るように命じられる…。(goo映画より)


タイトルから予想していたものと違って、身分違いの恋が主体となったストーリーでした。しかも、その恋がドラマチックに展開するわけでもなく、淡々としたものだった上に上映時間も長いので、中盤はちょっと退屈気味だったかなー。

後半になって、剣の指南を受けたり、弥市郎と戦う場面になると、一気に引き締まって面白くなりました。こういう時代劇ならではの殺陣はいいですねー。緊迫感もありますし。
私としては、恋愛を主体とするよりも、剣にまつわることを中心に描いて欲しかったかなー。
タイトルの「隠し剣」自体が、ラストのラストまで、全く出てこないというのも勿体無い気がします。(←隠し剣だから仕方ないのか・・・)
ちなみに、あの剣は自分的にはすごく意外で、ビックリしました。

コメント   この記事についてブログを書く
« ハネムーン・イン・ベガス | トップ | TYTANIA -タイタニア-/第3... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事