Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フラガール

2007年07月25日 00時15分00秒 | 映画(は行)
まわりの評判が良かったので、ずーっと見たいなと思っていた作品でした。見てみると、評判通りなかなかグッド
かなーりベタな展開なんだけど、じーんと心に響くものがありました。(泣けるとまではいかなかったですが)それにシリアスさとコミカルさが丁度いい感じなんですよね。
この感じ、「ALWAYS 三丁目の夕日」を見た時の感じに似てるかも。こういうのを見ると、日本の映画もだんだん良くなってきてるなーと感じます。

あらすじを簡単に書きますと・・・。

昭和40年代、時代の流れに逆らえず、かつては賑わった福島県いわき市の炭鉱が大規模な縮小に追い込まれ、従業員の解雇など町中が不況にあえいでいた。その起死回生の策として炭鉱会社は地元の温泉を利用した「常磐ハワイアンセンター」を立ち上げ、その目玉として地元の娘達によるフラダンスショーを考えていた。
早速、ハワイでフラダンスを学び、SKDで踊っていた平山まどか(松雪泰子)を東京から招き、地元の娘達に特訓しようとするが、彼女たちはド素人。さらには、住民たちの猛反対にあい・・・。

この話って、実話を元にしてるそうで、そのせいかよりいっそう、リアリティがありますね。
そして、キャストもすごく良かった!
松雪泰子演じるフラダンスの教師まどかは、普段はクールで突き放した感じだけど、結構人情家で激情家。派手な衣装も、都落ちしてきた影のある感じもすごく良く出てました。
それと、フラダンスショーのリーダーをつとめる紀美子役の蒼井優も良かったです。私は彼女の演技を見るのは初めてだったのですが、派手な感じじゃないのに、存在感ありますねー。特にラストのソロは目が釘付け!すごく練習したんでしょうねぇ・・・。

コメント (14)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
« 戻りました♪ | トップ | バッテリー »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (kirei1995)
2007-07-25 23:21:10
優ちゃん、良かったですね。
松雪さんも素敵でした。
こんばんは! (由香)
2007-07-25 23:59:47
Yuhiさん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
ストーリーはベタな感じでしたが、魅力ある映画でしたね~実話が元になっているので、胸に迫るものがありました。
でも、この映画は何と言ってもダンスシーンですね!
最後のダンスには目がクギ付けでした。
松雪さんが練習で踊るシーンも美しかったですね。とても印象に残っています。
こんばんは! (アイマック)
2007-07-26 00:14:39
お久しぶりですね!

私、中盤からハンカチ用意でしたよ・・・
実話というのが重みを感じるよね。
女性の心意気が伝わってきました。
松雪泰子の怒鳴るところは、かっこよかったですー。
蒼井優のソロのフラダンスは見応えありましたね!!
>kirei1995様 (Yuhi)
2007-07-26 00:22:35
こんばんは!

本当に蒼井優は見ごたえありました。
松雪泰子は、もう貫禄を感じますね。
これからも活躍して欲しい女優さんです。
>由香さま (Yuhi)
2007-07-26 00:24:47
こちらこそ、コメントどうもありがとうございます~!!

本当にいい映画だったと思いますが、仰る通りダンスシーンは圧巻ですよね。
松雪泰子のダンスも、本当にサスガと思いました。
手足が長くて、本当に絵になるんですよねー。本物のダンスの講師のようでした。
>アイマック様 (Yuhi)
2007-07-26 00:27:40
こんばんはー。本当にお久しぶりでございます。
またヨロシク御願いします~。

やっぱり実話っていうのが、グッときますよね。
松雪さんは、本当に貫禄が出てきましたね。
ダンスもすごく素敵だったし、男を怒鳴りつけるところなんか、カッコイイ♪って思っちゃいました(笑)。

バレエ (kimion20002000)
2007-07-26 00:35:22
TBありがとう。
もともと、蒼井さんは、バレエを小さい頃から習っていましたからね。「花とアリス」のバレエシーンなんか、とっても可愛いですよ。
>kimion20002000様 (Yuhi)
2007-07-26 22:48:36
こんばんは!コメントありがとうございます。

蒼井さんって、バレエをやってたんですね。
どうりで上手いはずですね。
「花とアリス」という作品はまだ観てないんですが、すごく良さそうですね。
ぜひ観てみたいと思います♪
こんばんは! (JoJo)
2007-07-26 23:18:57
Yuhiさん、こんばんは!TB&コメントどうもありがありがとうございました(嬉)「スパナチュ」ばかりに目が奪われていて、「フラガール」の記事アップされていることに気づかず(T。T)大ボケなわたしが露見です・・・すみませんっ!

松雪さん、キレイなだけでなくダンスも演技もよかったですよね~!この役ピッタリだったのではないでしょうか!?それにしてもポキッと折れそうなくらい細い!!そして蒼井優ちゃんのダンスは圧巻でしたね~たしかバレエを習われていたとかで、玄人でしたよね!ところで今「嫌われ松子の一生」に惹かれています。地上放送されないかなあ・・・。
>JoJoさま (Yuhi)
2007-07-27 22:46:17
こんばんは!いえいえ、私も最初は全然気づかなかったんですよ。最近はどうしても「スパナチュ」の話題ばかり追ってしまってますので(笑)。

ところで、松雪さんは本当に綺麗でダンスも演技もいいですよねー。男に負けてない所とか、サバサバした所なんかは、まさに本領発揮!といった感じでしたね。
蒼井優ちゃんは、バレエをやっていたそうで、さすがに上手いし、人の目を惹きつけるものを持っていますね。
きっといい女優さんになるでしょうねー。

「嫌われ松子の一生」は、映画&ドラマは観てないのですが、原作を読みました。暗い話かと思っていたら、案外さっぱりとしていて、面白かったですよー。かなりの話題作だったので、いつかきっと地上波でも再放送されると思いますよー。

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

51 トラックバック

★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
フラガール (5125年映画の旅)
昭和40年、閉山の危機に見舞われた東北の炭鉱町は、起死回生のために炭鉱からの温泉を利用したレジャー施設、『常磐ハワイアンセンター』を建設する。その施設の目玉であるフラダンスショーに情熱を賭けた女性達を描いた、実話を元にした物語。 この映画は素晴しい...
『フラガール』 (Sweet* Days**)
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計画が持ち...
「フラガール」 (てんびんthe LIFE)
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛くてもの悲...
フラガール (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、相次いで炭鉱が閉山に追い込まれていた。そこで福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設『常磐ハワイアンセンター』の計画を進めていた。目玉なるのはフラダンスのシ...
フラガール (2006) 120分 (極私的映画論+α)
昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。
『フラガール』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixty-nine』のこと、 いつもよく言わなかったものね? でも、これもあの映画...
フラガール (UkiUkiれいんぼーデイ)
今年、私の観た中で第1位に輝きました! 良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ! 脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ! 特筆したいのは、それぞれがバッチリ適役だった俳優陣です。 とにかく蒼...
蒼井優情報 (蒼井優驚愕ニュースブログ情報)
今週、7月28日(土曜) 雑誌名:「LUCi」(扶桑社)9月号 が、発売です
フラガール (シャーロットの涙)
躍らせてくんちぇ~♪ ダンス好きにとってはもっとダンスシーンが見たくもあったけど、あったかい心のつながりに何度も涙をもらいましたー。 昭和40年・・・この頃にはどこにも「一山一家」のような精神があったのだと思う。関わり合う人々それぞれが家族同然であり、映...
「フラガール」 (さっぽろシネマパラダイス)
  炭坑の閉山で活気を失った町の再生を期して計画されたレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”(現・スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる感動秘話を映画化したハートフル・ストーリー。 施設の目玉となるフラダンスを教えるため東京から呼び寄せられたダン...
■ フラガール (2006) (MoonDreamWorks)
監督 : 李相日出演 : 松雪泰子 / 豊川悦司 / 蒼井優脚本 : 羽原大介 (パッチギ)公式HP:http://www.hula-girl.jp/index2.html予想外に感動的な良い作品でした☆ボロボロ泣いちゃった・・・思わずフラダンスを習いに走りたくなります(笑)・・・ 原作は、小...
映画「フラガール」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「フラガール」 昭和40年、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描く。 「黒いダイヤ」ともてはやされた石炭の時代も終焉を迎えつつあり、危機的状況にある炭鉱の町。...
『フラガール』 (京の昼寝~♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一徳、高橋...
フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優 (カノンな日々)
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。いつの間に...
フラガール (小部屋日記)
(2006/日本)【劇場公開】 久々、劇場で号泣・・・それも清々しい涙。 「山をハワイにすれば、みんな幸せになれる!!」 それを信じて、女性たちは踊る。 前に向かって進む心意気。 「踊っぺ!」 ラストのフラダンスシーンは圧巻!!! 思わず拍手しそうになりました^▽...
フラガール (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
              評価:★10点<+1点>(満点10点) 2006年 120min 監督:李相日 主演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 池津祥子    岸部一徳 富司純子 ダンスの教師と少女達の友情と成長...
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) (サーカスな日々)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「地雷を踏...
フラガール (とんとん亭)
「フラガール」 2006年 日 ★★★★★ めちゃめちゃ感動します! 昭和40年福島県いわき市。炭鉱の町だったが、時代が炭鉱を必要と しなくなり、閉鎖の危機にあった。会社は破格な金を投じて東北の片 田舎に レジャー設備“常磐ハワイアンセンター”...
「フラガール」無謀な夢構想を現実にした炭鉱の人たちと娘たちの情熱ダンス (オールマイティにコメンテート)
「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想に色々な...
凝り固まった心が解きほぐされていく。『フラガール』 (水曜日のシネマ日記)
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に描かれた物語です。
フラガール (Akira's VOICE)
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
フラガール (映画を観たよ)
すんごくステキな映画! いつも通りの展開だと思ってたんですよね。 最初は色々あるけどみんなで解り合って頑張って最後には大成功!っていう展開だと思ってたら違った! いや、展開はいつも通りなんだけどフラにかける思いが違う! だって生活と未来が懸かっているんで...
「フラガール」 (the borderland )
あなたは、しずちゃん(南海キャンディーズ)で泣けますか? 最初はお笑い担当だと。いかにもな設定やなぁと思ってましたが、思わずホロリとなってしまいましたよ。 福島県いわき市で脱炭鉱のために作られることになった常磐ハワイアンセンターの誕生をめぐる物語。シ...
フラガール(06・日) (no movie no life)
働くということが炭鉱労働者になることしかなかった時代は、誰も迷いはなかった。 しかし、そうではなくなったとき。 昭和40年、福島県いわき市。 石炭から石油へと時代が変化する中、炭鉱の町の情勢は厳しく、多くの失業者が予想された。新たな雇用を創出するため、...
フラガール(映画館) (ひるめし。)
未来をあきらめない
フラガール (ビター☆チョコ)
昭和40年、炭鉱の町福島県いわき市。時代の変化とともに日本中の炭鉱が閉山に追い込まれ、いわきの常磐炭鉱も例外ではありませんでした。炭鉱の縮小に伴う大量の解雇は住民に大打撃を与えます。そんななか、会社は雇用の場を確保するため坑道に噴出する温泉を利用して炭...
フラガール (ビター☆チョコ)
昭和40年、炭鉱の町福島県いわき市。時代の変化とともに日本中の炭鉱が閉山に追い込まれ、いわきの常磐炭鉱も例外ではありませんでした。炭鉱の縮小に伴う大量の解雇は住民に大打撃を与えます。そんななか、会社は雇用の場を確保するため坑道に噴出する温泉を利用して炭...
フラガール(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】李相日 【出演】松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/池津祥子/徳永えり/岸部一徳/富司純子/他 【公開日】2006/9.23 【製作】日本 【ストーリー】 昭和40年。エネルギー革命により需要は石炭から石油へと移り
「フラガール」★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
昨日、感想をアップするつもりでしたが、力尽きて(←・・・)今日にまわすことに~。日本アカデミー賞10部門受賞、その他各賞多数受賞、さらに米アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門に日本代表として出品というこの作品を、わたしは、ヨコハマ映画祭に行った...
フラガール (BLACK&WHITE)
監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山により町が衰退していくの
映画~フラガール (きららのきらきら生活)
  「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハ...
フラガール (Sapphire)
2006 / 日本 監督:李相日 CAST: 松雪泰子 / 豊川悦司 / 蒼井優 / 山崎静代 / 岸部一徳 / 富司純子 / 徳永えり 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活か....
フラガール (迷宮映画館)
お隣は福島県のいわきの炭坑町。時はエネルギー転換の大嵐を受けて、日本国中の炭坑が次々と閉山の憂き目に会っていた頃・・・。 昭和40年。ボンネットバスが闊歩していた田舎町に、突然振って沸いたハワイを作ると言う話だが、「そんなんできるわげねえっちゃ」というの...
きっちり作った再生物語 「フラガール」 (平気の平左)
評価:80点
フラガール (to Heart)
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマ。 時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村では、危機的な状況の中、炭坑で働く人々はツルハシを捨て、...
フラガール (Lovely Cinema)
昔なんで東北にハワイアンセンターなんてあるんだろうと?疑問におもったことがあったけど、閉鎖に追い込まれていく炭鉱の村の生き残りをかけた必死の村おこし、いやそれ以上のプロジェクトだったんですね。 初めはなまりがあってなんて言ってるのかよく聞きとれませ...
フラガール (りらの感想日記♪)
【フラガール】 ★★★★★ 2006/10/05 ストーリー 昭和40年、閉鎖に追い込まれた炭坑の村。炭坑で働く人々はツルハシを捨て、北国の
フラガール・・・・・ (サクサクっと・・・)
フラガールスタンダード・エディション とっても評判のいいみたいな 「フラガール」 でも過度な期待をするとあとで意外とガッカリみたいなことが多いので 今回は、前知識をあまり入れず普通に見ようと思ってました・・・・・
フラガール (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  私、生粋の東北人です・・・  
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 今年見...
フラガール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇...
フラガール (ぷち てんてん)
フラガール見てきちゃいました。見てきたというよりも、泣いてきたというのが正しいのかも(笑)泣かせるのがうまいんだもの^^)☆フラガール☆(2006)李相日監督松雪泰子・・・・・・・平山まどか豊川悦司・・・・・・・谷川洋二朗蒼井優・・・・・・・・谷川紀美子山...
フラガール (★Mooooovie★)
久しぶりの邦画DVD 感動したしいっぱい笑ったし泣いたしすごく心温まる作品 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱がドンドン閉山して行き石炭から石油に変わっていく時、市に"ハワイ"を作る計画ができ市民から大反対される中、めげずにダンサーを目指す炭鉱娘とその娘達に....
フラガール (シネマ通知表)
2006年製作の日本映画。 『子ぎつねヘレン』の松雪泰子主演によるドラマ。昭和40年、閉鎖の迫る炭鉱を抱えた街を救うべく催される一大プロジェクト。その目玉となるフラダンスショーのために呼ばれた女ダンサーは、ド素人の炭鉱娘たちに嫌々ながらフラダンスを教えるが…...
フラガール (ネタバレ映画館)
でかい・・・しずちゃん。
フラガール (SSKS*)
オフィシャルサイト 2006 日本 監督:李相日 出演:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳 ストーリー:昭和40年、福島県いわき市は炭鉱の町だったが、石炭から石油へエネルギー源が変わり、閉山が続いていた。その危機に炭鉱会社が目をつけたのは観光。い...
『フラガール』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。そんなまちを救うため、この北国に“楽園ハワイ”を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。盆...
フラガール (mama)
2006年:日本 監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、富司純子、豊川悦司、高橋克実、岸部一徳、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝 昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もな...
「フラガール」映画 (日々のつぶやき)
先週発表された「キネマ旬報ベストテン」にて、邦画部門1位だった「フラガール」 もう上映終了してるし・・と思っていたら、近くのミニシアターでアンコール上映していました!!! なので早速行ってきました。 ものすごくいい作品で、心温まるとてもいい映画なの
フラガール Hula Girl (映画!That' s Entertainment)
●「フラ・ガール Hula Girl」 2006 日本 シネカノン 120分 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子他 <2006年度 日本アカデミー賞、ブルーリボン、キネマ旬報1位他多数受賞作> 茨城県常...