Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チーム・バチスタの栄光

2008年10月25日 00時59分26秒 | 小説
海堂尊作「チーム・バチスタの栄光(上)(下)」(宝島社刊)を読みましたー!
以前に映画版は見ていたんですけどね。(感想はコチラから)

原作本は、第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品で、映画化・ドラマ化もされている超人気作品。映画を見る前から小説版をぜひ読んでみようと思っていたものの、図書館で予約しても半年以上待ち・・・。その間に映画版の方を先に見てしまい、犯人も分かっちゃったし、小説はもういいかなーなんて思っていたんですけどね。
でも、これだけ人気のある小説だし、原作があるものは、やはり原作を読んでおかないと良さが分からないかも・・・と思って読んでみました。

読んでみての感想は、やっぱり小説版は読んでおくべき!ということでした。もちろん、映画には映画の良さ(手術シーンの緊迫感など)があったのですが、やはり2時間程度では、一人一人の描写に時間を割く余裕がなく、誰が誰やら・・・という感じでしたし、肝心の真犯人の方も唐突に分かっちゃった感じで、今ひとつ盛り上がりに欠けてたような・・・。それに、真犯人が分かったあとの後日談なんかも、小説版は細かく描写されていて、興味深かったです。

そして何と言っても、田口&白鳥コンビのインパクトが全然違う!映画版の田口は女性に変更されていて、ホワーっとしたお人よしタイプでしたが、小説版では、結構辛らつで皮肉っぽい部分もあり、単なるお人よしではない。
さらに、白鳥は常識をぶち壊すハチャメチャ感が映画よりも一段とスゴイ!次は何を言い出すか、何をするのか、全然予測がつかない楽しさがありましたねー。

これを読んだら、人気が出るのもナルホドと思いました。続編もあるようなので、こちらも是非読んでみるつもりです。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« デスパレートな妻たち2 | トップ | LOVERS »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エクスカリバー)
2008-10-28 00:07:19
どうせお読みになるのなら、『ナイチンゲールの沈黙』と『ジェネラル・ルージュの凱旋』、一気読みされることをお勧めします。
というのもこの2作品、同時進行なんですよね。
両方合せて読むことで、「ああ、この台詞はあのことを踏まえていたのか」とか、「この時はあっちであんなことやってたんだなぁ」と二度楽しめます。
またどちらか一作だと田口センセの出番が少なくて物足りなくも感じるのですが、実はものすごーく大変だったこともわかります(苦笑)。
>エクスカリバー様 (Yuhi)
2008-10-28 21:29:32
こんばんはー!TB&コメントありがとうございます~。

>2作品、同時進行
え!?そうなんですかー?続編があるらしいというのは知ってたんですけど、まさかそういうことだとは・・・。
教えて下さって、ありがとうございます!
ぜひぜひ、一気読みしてみたいと思いますv
こんばんは! (由香)
2008-10-28 23:27:46
お邪魔します♪
Yuhiさんが小説を堪能されたようで良かったです
映画を先に鑑賞されていても面白かったようですね~
やっぱり田口&白鳥コンビが最高に面白いですし、海堂さんの機智に富んだ文章が読んでいて楽しいですよね~
続編についてはエクスカリバーさんが説明されているので割愛させて頂きますが、、、ちょっとナイチンゲールにはイマイチ感を持たれるかもしれませんが、その後のシリーズは面白いので是非!
>由香様 (Yuhi)
2008-10-28 23:49:59
こんばんは!

小説版、とっても面白かったです~。田口&白鳥コンビはいいですよねー。面白いので、サクサク読めちゃいました♪

>ナイチンゲール
えー。そうなんですか?でも、続きが面白ければ、全然問題ナシです!
また読み終わったら、このブログに感想をアップしたいと思います。
Unknown (エクスカリバー)
2008-10-29 20:47:45
そうなんですよねー、由香さんのところにも書いたんですけど(苦笑)。
なので余計一気読みしたほうが宜しいかと。

でも、ここまで密接にリンクしてるとは読み始めるまで知らなかったのでビックリでした。
>エクスカリバー様 (Yuhi)
2008-10-29 22:14:38
なるほどなるほどー。

由香様もエクスカリバー様も仰るくらいだから、やっぱり一気読みしかないですね~。

>ここまで密接にリンクしてるとは
そんなにリンクしてるんですかー。私はそういう話好きなので、すごく楽しみです!

バチスタ手術 (Ken)
2008-11-30 03:12:54
映画版をDVDで見ました。映画の方にコメントする方が筋なんでしょうが、小説版の方が話が緻密で重厚に進み、面白いんだろうなあ、と思いまして‥。読むと、僕らの知らない病院内部のことなんかも細かく解って面白いだろうな、と好奇心をそそられました(バチスタも何の意味かも知らなかったし)。ただ読むとなると、ミステリとして、先に真犯人が解ったのは非常に残念ですが。二段オチは凝ってましたねえ。
文庫で上下巻になるような長編小説を2時間弱の映画化すると、かなり無理が生じるようでたたみこむように進んで行きますね。小説だともっと緻密で詳細で面白いんでしょうね。
映画は、竹内さんのぼーっとのほほんとしてお気楽気味な主人公と、相変わらず変人をやらせるとピカイチな阿部さんの激烈変人官僚調査員が好対照で実に良かったです。
やはり、映画の方に入れるコメントだったか‥。
でも、最近の推理もので、サイコ殺人鬼がいました、で落とすのは安易過ぎる気がしてはしまいましたけど‥。あ、ネタバレだ。
>ken様 (Yuhi)
2008-11-30 16:02:27
こんにちは!いつもコメントありがとうございます~★

さて、こちらの作品、映画版をご覧になられたようで・・・。私も映画版が先だったのですが、ちょっと登場人物(バチスタチーム)の描写が少なすぎるのが気になったくらいで、後はとても楽しめました。

ただ、後で原作小説を読むと、やっぱり小説を読んだ方が面白さはありましたねー。特に田口&白鳥のキャラクターは、完全に原作の方がインパクト大でした。

ken様も、是非原作小説の方も読んでみて下さい!

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事