Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オーストラリア

2009年03月14日 23時52分18秒 | 映画(あ行)
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛と冒険のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。

<あらすじ>
第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大な牧場と1500頭の牛だった。牧場を立て直すため牛を売ることを決心したサラは、ドローヴァーの力を借り、牛を引き連れ出発する…。(goo映画より)


何度が予告編を目にしたことがあり、「風と共に去りぬ」のようなドラマらしいとの噂も耳にしていたので、ちょっと興味を持っていました。
ただ、見てみた後の感想では、スケールが大きくて壮大だけれども、そこまで波乱万丈なドラマというわけでもなかったですね。
でも、すごくシリアスなドラマだと思っていたら、案外コメディ調な部分もあったりして、私としてはなかなか楽しめました。約3時間もあるような映画って、だんだん「いつ終わるのかなー」とか、妙に時間が気になったりするんですが、今回は全くそういうこともなかったですし、あっという間に終わった感じです。

オーストラリアの壮大な風景、自然の脅威、ミステリアスな風習。どれをとっても魅せてくれる要素大ですし、ハラハラ・ドキドキな場面(牛を追うシーンとか)もあるし、憎らしい敵もいるし、そういう意味では分かりやすいストーリー展開でした。そこが良かったのかもしれませんね。

主演のニコール・キッドマンは、最初はお高くとまった貴族の女性という雰囲気で、あまり感情移入できそうにない感じでしたが、徐々に男勝りなお転婆な性格とか、情に厚い性格なんかが見えてきて、可愛くなってきました。
また、アボリジニと白人との混血であるナラという少年が、健気で可愛くて、物語の中ではかなり光っていたと思います。

物語の後半、日本軍がオーストラリアを攻めてくるシーンがあるのですが、あれは見ていて辛かったです。日本ってオーストラリア領にも攻め入っていた事があったんですね。全然知らなくて、ちょっと恥ずかしかったです・・・。

それにしても、この映画を見ていると「名もなきアフリカの地で」を思い出してしょうがなかったです。あちらも長いストーリーですし、同じく第二次世界大戦の時代辺りを描いていて、似通った部分が多いんですよね。とは言え、主人公の女性はサラと違ってなかなか新天地になじめず苦労していたし、かなりリアルに描かれていましたけど。でも、自然の美しさや活力なんかは同系統に思えて、そこが興味深いです。

コメント (2)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
« 幸せのちから | トップ | 銀色のシーズン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメディエンヌ! (sakurai)
2009-03-15 09:14:23
二コールのコメディエンヌぶりに、脱帽でした。
これほどコミカルな彼女を見たことなかったです。
監督が、自分のアイデンティティたるオーストラリアを、こうやって撮りたかった!!という意志が感じられた映画でした。
>sakurai様 (Yuhi)
2009-03-15 13:17:36
こんにちはー!TB&コメントありがとうございました~。

この映画、まさにオーストラリアのための映画って感じでしたね。壮大な風景と歴史・・・。今まであまり知らなかった事も多く、興味深い作品でした。

>二コールのコメディエンヌぶり
そうそう!私も初めて見ましたが似合っていましたよね。いつもクールな感じの役柄が多かったので、びっくりしましたが、さらに役柄の幅が広がりそうですね!

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

55 トラックバック

オーストラリア (メルブロ)
オーストラリア 242本目 2009-3 上映時間 2時間45分 監督 バズ・ラーマン 出演 ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン ブランドン・ウォルターズ デヴィッド・ウェンハム ジャック・トンプソン デヴィッド・ガルピリル 会場 よみうりホール(試写会 ...
オーストラリア (LOVE Cinemas 調布)
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリ...
「オーストラリア」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
日記に、「オーストラリア」が観たい、って書いたら、試写状を譲ってくれた有り難い人がいまして、今回観る事が出来ました。上映時間は2時間45分、「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」に引き続き、長尺の映画、事前にリタを投下して、絶対眠らないぞ!と、気合いを込...
オーストラリア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャ...
劇場鑑賞「オーストラリア」 (日々“是”精進!)
「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が...
オーストラリア (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な...
オーストラリア (花ごよみ)
監督は、オーストラリアが故郷の、 バズ・ラーマン。 広大なオーストラリアの、 美しい風景が背景、 時代は第2次世界大戦直前の設定。 主演はニコール・キッドマンと、 ヒュー・ジャックマン。 二人ともオーストラリア出身。 オーストラリアの俳優として有名なのは ...
オーストラリア (迷宮映画館)
どうせ見るなら大スクリーンで!!鳥肌もんです。
オーストラリア (勝手に映画評)
第二次世界大戦直前のオーストラリアが舞台。オーストラリアの所有牧場に来たイギリス貴族婦人が、数々の困難に直面しながらも牧場の運営をする事になると言う話。まぁ、そう言う説明だとイマイチ的な雰囲気も感じますが、オーストラリアの雄大な自然と人間の戦いを描いた...
『オーストラリア』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
4年ぶりくらいに試写会に応募したところ、珍しくも当たってしまいました。 350組700名ご招待!ということなんですが、確率はどのくらいだったんでしょうかね。とりあえずODNさん、有難う。 で、美女をお誘いしたんですが見事にフラれてしまいましたので(涙)...
オーストラリア (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「オーストラリア」を観た。 帰ってこない夫を追ってはるばるロンドンからオーストラリアにやってきたサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)だが、夫は殺され、牛は畜産業界のボスにくすねられていて、自分に残されたものを守るために、1500頭の...
「オーストラリア」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「オーストラリア」公式サイトポスターでラブラブの二人を見つつ「だ、大丈夫かなあ私・・」とそもそも不安たっぷり・・ ラブストーリーあんまり得意じゃなくてや、やっぱりこの二人の恋愛には全然興味持てませんでしたすみませんだけど前半、ア...
「オーストラリア」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  「ムーランルージュ」から7年。バズ・ラーマン監督の新作ということで製作段階から聞こえてくるニュースに期待でワクワクしていたのですが、昨年秋アメリカで公開されたおりには、興行的には振るわず、評判も今ひとつ…。観に行って「なる...
映画 【オーストラリア】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「オーストラリア」 『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、再び二コール・キッドマンと組んだ壮大な物語。 おはなし:第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。英国貴族サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土...
【オーストラリア】★ニコール・キッドマン★ヒュー・ジャックマン (猫とHidamariで)
本当の自分に出会える場所。  それはここではない、     遠いどこかかもしれない・・・前に進むための涙もある。オーストラリアHPオーストラリア シネマトゥデイ英題:AUSTRALIA製作年:2008年製作国:アメリカ/オーストラリア日本公開:2009年2月28日上映時間....
オーストラリア (Akira's VOICE)
依り所が弱くて,心に響かない・・・。  
映画「オーストラリア」試写会@東京厚生年金会館 (masalaの辛口映画館)
  映画の話 第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠....
オーストラリア (そーれりぽーと)
もう映画は撮らないと言ってたはずのバズ・ラーマンが、『ムーラン・ルージュ』以来久々にメガホンを取った『オーストラリア』を観てきました。 ★★ 大好きなんですよ、赤いカーテン三部作は。 でもこれは…。 『アレキサンダー』がポシャッた代わりに、オーストラリア...
『オーストラリア』 (めでぃあみっくす)
ハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。 ラブロ...
オーストラリア (ともやの映画大好きっ!)
(原題:AUSTRALIA) 【2008年・オーストラリア】試写で鑑賞(★★★☆☆) 「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が、故郷であるオーストラリアの歴史を壮大なスケールで映画化。 ひとりの英国貴族の女性がさまざまな人々と出会いながら...
『オーストラリア』 (ラムの大通り)
(原題:Australia) ----これ観るの、いつもに比べてちょっと遅いよ。 もう公開まで2週間しかないじゃニャい。 「いやあ、3時間近い映画は どうしても腰が引けてしまうんだよね」 ----でも監督がバズ・ラーマンだし、 その凝った映像を観ているだけで楽しんじゃニャいの...
「オーストラリア」 (てんびんthe LIFE)
「オーストラリア」試写会 よみうりホールで鑑賞 美しい女と美しい男。 広がる大地。 家族のように暖かく包み込む人々。 妬み、裏切り、争い。 たくさんの要素を詰め込んでこれでもか!という押しつけもさほど感じず、3時間弱苦痛も感じず鑑賞することができまし...
オーストラリア (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/オーストラリア 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン    ヒュー・ジャックマン    デヴィッド・ウェンハム    ブライアン・ブラウン    ジャック・トンプソン ヒュー・ジャックマンにヒューヒ...
『オーストラリア』 ('09初鑑賞26・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 2月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:00の回を鑑賞。
「オーストラリア」 (みんなシネマいいのに!)
 第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台に、イギリス人貴族の女性が、1500頭
オーストラリア (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:オーストラリア 監 督:バズ・ラ
オーストラリア (まぁず、なにやってんだか)
昨日、ウェルシティ東京で「オーストラリア」の試写会を観てきました。 2時間45分の大作です。まさかこんなに長いとは思っていなかったので、会場で上映時間を言われてどよめきました~。 名作『風と共に去りぬ』を意識してる?って感じの強い女性を描いています...
『オーストラリア』 (2008)/オーストラリア (NiceOne!!)
原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェナム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオース....
虹の彼方に~『オーストラリア』 (真紅のthinkingdays)
 AUSTRALIA  1939年9月。英国貴族のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、オースト ラリアの領地に出向いたまま帰らぬ夫に会う...
オーストラリア(試写会)AUSTRALIA (まてぃの徒然映画+雑記)
「ベンジャミン・バトン」に引き続き、2時間45分という長大作。こう長いのが続くと、やっぱりきっちり90分台で終わらせてくる香港映画は素晴らしいね。オーストラリアのダーウィンと北部地域を舞台にして、アボリジニの問題や太平洋戦争を織り交ぜながらストーリーは進ん....
映画「オーストラリア」 (FREE TIME)
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。
「オーストラリア」試写会 大自然の迫力! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫...
オーストラリア (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
オーストラリア出身の監督・俳優・主要スタッフが、国の威信をかけて作った大河ロマンだ。第二次大戦前夜のオーストラリアにやってきた英国貴族サラと野性的なカウボーイ・ドローヴァーの恋を軸に、悪徳牧場主との対決、1500頭の牛を連れての大陸横断、夫殺しの謎、日...
オーストラリア (ルナのシネマ缶)
主役の2人も オーストラリア出身だし 主要キャストを オーストラリア出身者で 固めるという こだわりの作品です。 2時間45分は結構長いですが、 中盤までは、結構楽しめました。 まあ、後半はそこそこって感じです。 第二次世界大戦を目前に控えたオース...
★オーストラリア(2008)★ (CinemaCollection)
AUSTRALIA前に進むための涙もある。目を覆うほどに壮大で、空想をかきたてる叙事詩のようなオーストラリアの大自然が1人のイギリス人女性の人生を一変させる・・・。上映時間165分製作国オーストラリア公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2009/02/28ジャンルドラマ/ロマ...
オーストラリア・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
国名そのものをタイトルにした映画というのは、極めて珍しいのではないかと思う。 オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が、同じくオース...
「オーストラリア」 物語る本能 (はらやんの映画徒然草)
「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。
映画 『オーストラリア』 (きららのきらきら生活)
『前に進むための涙もある。』
オーストラリア (こんな映画見ました~)
『オーストラリア』 ---AUSTRALIA--- 2008年(オーストラリア) 監督:バズ・ラーマン 出演: ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム 、ブランドン・ウォルターズ イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマ...
オーストラリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶酔...
オーストラリア (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年2月28日 公開 ★★★☆☆ 想像してた以上でもなく以下でもなく・・・ 星3っつ! ナラ!ナラはどこぉ~! ミエとワカヤマの間です!ヾ(*^ー^)ゞ もね、最初っからさぁ、ジョン・カビラさんがオーストラリアの観...
オーストラリア /AUSTRALIA (我想一個人映画美的女人blog)
『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、 オーストラリアずくしの本作{/ee_3/} でもこれ、アメリカ映画。 ちなみに、オー...
オーストラリア (シネマ日記)
この作品、映画館で見るつもりはなかったのですが、にゃおが「話はどうでもいい。美しいニコールが見たい」というので、見に行ってきました。結果、見に行って良かったです。結構泣けたー!いやー、しかし、これ、ヒュージャックマンのファンめちゃくちゃ増えるでしょうね...
映画 『オーストラリア』 (きららのきらきら生活)
『前に進むための涙もある。』
オーストラリア (心のままに映画の風景)
イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、 オーストラリアの領地に旅立ったまま1年も帰ってこない夫に会う...
オーストラリア◇AUSTRALIA (銅版画制作の日々)
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオースト...
オーストラリア (ケントのたそがれ劇場)
★★★  オーストラリアの監督の、オーストラリア出身のハリウッドスターによる、オーストラリアのための歴史スペクタル風ラブロマンス映画とでも言っておこうか。主演はニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンである。 1940年代を背景として、美形の男女二人...
【オーストラリア】 (+++ Candy Cinema +++)
【AUSTRALIA】 【監督・製作・脚本】 バズ・ラーマン   【脚本】 スチュアート・ビーティー、ロナルド・ハーウッド、リチャード・フラナ...
オーストラリア☆独り言 (黒猫のうたた寝)
どうも、この曲使ってくれた映画って・・・評価が甘くなるんだな(笑)グラスハープのover the rainbow に少年たちの透きとおるコーラスが絡むクライマックス涙出そうだわ~『オーストラリア』観ました。バズ・ラーマンの久々の大巨編・・・3時間近くも^^;とはいえ、...
『オーストラリア』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大...
『オーストラリア』 (Australia) (Mooovingな日々)
オーストラリアを見ました。バズラーマン監督、ニコールキッドマン、ヒュージャックマンほか。 故郷のオーストラリアでサラがロンドンから移住しあらたな経験から人生で本当の価値ある大切なものに気づく。乾ききった砂漠のような土地が雨期にはエデンの園のように潤う...
オーストラリア (映画三昧、活字中毒)
■ 池袋シネマサンシャインにて鑑賞オーストラリア/AUSTRALIA 2008年/オーストラリア/165分 監督: バズ・ラーマン 出演: ニコール・キッド...
「オーストラリア」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
これぞオーストラリアという風景は見応えありました
mini review 09409「オーストラリア」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』の...
映画評「オーストラリア」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年オーストラリア映画 監督バズ・ラーマン ネタバレあり