Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

ALWAYS 三丁目の夕日

2006年12月02日 00時15分38秒 | 映画(あ行)
 実はこの映画、今年の夏休みにスイスへ旅行に行った帰りの飛行機の中で見ていたのです。邦画には特に興味もなかったし、ましてや昭和30年代の日本なんて、古臭そうで全然興味なかったのですが、日本語で見ることのできる映画というのが、これかアニメくらいしかなかったので、テキトーにこれを見ていました。

 ところが、思った以上に面白く、段々と熱が入ってきて、じっくり見てたのですが、なんとラスト30分くらいの所で、上映中止になってしまい・・・・。
それ以来、続きがどうなったのか、気になっていました。でも、ラスト30分の為にわざわざDVDを借りるのもなー(ましてや、だいたいの予測はつくし・・・)と思ったりして、結局今まで見なかったのですが、本日テレビで放映してくれたおかげで、やっと最後まで見ることができました

 昭和30年代というと、電化製品もまだまだ揃ってなくて、ツギのあたった服を着たりして、みんな慎ましく生きていたんですね。
でも、物はなくても、人々の中にはまだまだ暖かいものが通っていたんだなーということが、すごく伝わってきました。

 ごくごく普通の人々の暮らしを描いていて、大きな事件もなければ、ヒーローがいるわけでもないのに、癒されるというのか、いい話だったなーと純粋に思える映画でした。

 なんと2007年の秋には、続編が公開されるそうです。ヒロミさんと茶川さんのその後も気になりますし、もう一度、あの世界に触れてみたいなと思ってるので、嬉しいかぎりです

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« LOST/シーズン1 第7... | トップ | アイデンティティー »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-12-02 00:45:29
こんばんは♪
続編決定ということですね~。
これも大ヒットしたおかげですよね。
更に良いお話になるように脚本を練り上げてほしいです。
続編 (kossy)
2006-12-02 00:46:21
気になってきました。
ヒロミがどうなるのかも気になりますが、
六子に多分ボーイフレンドができることでしょう。
SFの要素も取り入れてくれたらいいのになぁ~
タバコ屋のおばちゃん(もたいまさこだっけ?)が過去へタイムスリップする話・・・
じっくり待とうっと♪
スイス! (sakurai)
2006-12-02 08:12:23
いいなあ。そっちに反応したりして。
やっぱ昭和30年代なんて古臭いですよね。でもあのセピア色の世界になんともいえない匂いを感じるのですよ。その匂いを感じていただけましたでしょうか。
コメント↑二人も同じ年代組ですな。

続編、是非気合の入ったものを作ってもらいたいです。続編でぽしゃるのも多いので。でもこの連載は何十年も続いていて、逸話はいくらでもあるので、何ぼでも作れそうです。
LOSTの方にもお邪魔します。
>ミチ様 (Yuhi)
2006-12-03 00:29:39
こんばんは!
TB&コメント、ありがとうございました!

続編の件、本当に嬉しいですねー。
さらに良い作品が生まれることを、心より願っています・・。

この作品を見て、新しいだけがいいという訳ではないんだなーとしみじみ思いました。
>Kossy様 (Yuhi)
2006-12-03 00:31:57
こんばんは。
TB、コメント、どうもありがとうございます~!

「六子にボーイフレンド」説、確かにありそうですね。
それに鈴木家にも新たな住人が増えるような話もありましたし、誰なのか気になります・・・。

>sakurai様 (Yuhi)
2006-12-03 00:36:15
こんばんは!
TB&コメント、ありがとうございました。

<スイス>に反応があるとは(笑)。
旅行の話もUPしようと思っていたのですが、未だに書けていません(汗)。
トラブル続きだったので、ネタには困らないはずなんですが。

映画でもドラマでも、「続編」ってどうしても、ちょっと落ちてしまうものが多いですよね。
だから是非、今作を上回るものを、練りに練って作って欲しいですね!


TBありがとうございました。 (かしこまりっ!本舗)
2006-12-03 16:39:43
こんにちわぁ!
初めましてです。

TBありがとうございました。
映画については、私のまわりで見ていたメンバーが皆「いいっ!!」と言っていたんで、気になってた映画だったんですが、こんなに早くTVで見れるとは・・・
感動して、涙ボロボロ後半は流しながら見てましたよ。
古き良き時代は、やっぱりいいですねぇ~!

お暇なお時間がありましたら、是非また覗いてください。
よろしくお願いします。
>かしこまりっ!本舗様 (Yuhi)
2006-12-03 21:35:41
こんばんは!初めまして。
コメント頂きまして、どうもありがとうございます!

最近は、映画も随分早くテレビで見れるようになりましたよねー。
すごく嬉しい限りですが・・・。
古き良き時代って、死語になったかと思っていましたが、この映画を「いい!」というご意見がたくさんあることを知り、まだまだそう思う人が大勢いるんだなーと思って、ちょっと嬉しかったです。

私もまたブログにお邪魔させて頂きますね。
今後ともよろしくお願い致します。
続編ですかぁ・・・ (cocos)
2006-12-09 18:46:49
こんにちは!
TBさせて頂きました。

私はDVDで初めて観たのですが感動しました。
出来れば劇場で観たかったですねぇ。
続編が作られるなら、今度こそ劇場でと
思っています。

今後とも宜しくお願い致します。m(__)m
>COCOS様 (Yuhi)
2006-12-09 22:44:58
こんばんは!
TB&コメントありがとうございます!!
私の方からも、TBさせて頂きました。

私も続編があるなら、ぜひ劇場で見たいなーと思ってます。
やはり迫力ある大画面で見た方が、一層話に引き込まれますもんね。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見るこ ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・
お薦めっ!ざ・職人(ファッション)*『三丁目の夕日&江戸職人... (かしこまりっ本舗)
『ALWAYS 三丁目の夕日』を見て、また涙してしまった1号のりまき♪です。2号くらまんーから、「いい映画だよぉ~!」と聞いていて、いつか見たい!と思ってたんですけど、やっとテレビで放送されましたねぇ~♪やっぱり吉岡君は、やっぱりいい役者さんで ...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『 ...
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理 ...
ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる) (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。 物語の出だしは、やや平凡で退屈な ...
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ ...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (Sweet* Days)
ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 第29回 日本アカデミー賞 最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞 他授賞 CAST:吉岡秀隆、小雪、堤真一 他 東京タワーが完成する昭和33年、東京。小さな町工場の鈴木オートやその向かいに住む貧乏小説家の茶川 ...
古き良き時代のいい話を堪能せよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_osusume/} ALWAYS 三丁目の夕日 原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。 涙もろい私にはかなり毒です。 体内の水分がかなり減りました。 水分補給必須の作品となっています。 舞台は昭和33年、東京タワーが作 ...
Always 三丁目の夕日 (迷宮映画館)
私は昭和36年生まれである。「もはや戦後ではない」という言葉はもうなかった。池田内閣が『所得倍増計画』を打ち出したのがその前年。私は文字通り高度経済成長とともに育った。 東北の日本海側(今でも裏日本とか言うのだろうか・・)の片田舎なんぞ、東京の ...
ALWAYS 三丁目の夕日…邦画マイブーム再燃なるか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今週の北部九州はずっといい天気{/kaeru_fine/}みたい。職場には窓が無いんですけどね{/face_ase1/} ブログに記事と一緒に天気を書いてて思うことは「いい天気{/fine_sim/}」の割合って多いんだなぁということ。 あんまり雨マーク使った記憶ないですもんねぇ。 最 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (BLACK&WHITE)
2005年 監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子 、堀北真希、須賀健太、三浦友和 良い作品だ、泣ける作品だといろいろなところでたくさん目にしていたので 期待も大きい反面そんな感動作を見て自
ALWAYS 三丁目の夕日 (レンタルだけど映画好き )
ドラマ/ファミリー/コメディ 2005年 日本 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/三浦友和/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/須賀健太/小清水一揮/マギー/温水洋一/小日向文世/木村祐一/ピエール瀧/神戸浩/飯田基祐/麻木久仁子/奥貫薫/石丸謙二郎/松尾 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (しーの映画たわごと)
74年生まれの私。第2次ベビーブーム世代であり、団塊ジュニアなんても呼ばれる世代。この映画の舞台は、昭和33年の都内。その時その場で生きた者にしてみれば懐かしい思いがあるのか。いや、あんなんじゃないと否定するのか。というわけで、世代によって大きく見方 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) 132分 (極私的映画論+α)
 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがな ...
ALWAYS 3丁目の夕日(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和 【公開日】2005/11.5 【製作】日本 【ストーリー】 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、東京下町の夕日町3丁目
ALWAYS 三丁目の夕日 (SSKS*)
オフィシャルサイト 2005年 日本 監督:山崎貴 出演者:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/三浦友和/薬師丸ひろ子/須賀健太/小清水一揮 ストーリー:東京タワーが完成する年、昭和33年東京の下町―夕日町三丁目。ある春の日、自動車修理工場・鈴木オートに ...
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じ ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (It's a Wonderful Life)
劇場で予告を観たときに、うわ!面白そう!と思ってましたが、 期待通りの楽しい作品になってました。まさに昔ながらの人情喜劇。 予告でも冒頭「TOHO SCOPE」の東宝マークに始まって、 建設中の東京タワー、都電やミゼットの走る街並み等のイメージがおぉ ...
ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!! (名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介 ...
同じ夕陽を見ている~「ALWAYS 三丁目の夕日」~ (ペパーミントの魔術師)
いや、あのその・・もじってどうもです。 ラストシーンの情景が印象的だったもので。 ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版西岸良平 山崎貴 吉岡秀隆 バップ 2006-06-09売り上げランキング : 159Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 -ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみ ...
● ALWAYS 三丁目の夕日 ● (MOVIE)
▼今から見たあの時代、あの時▼ 昨年大ヒットの邦画「ALWAYS/三丁目の夕日
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (Lemon Tea のマイブーム)
今更ですが『ALWAYS 三丁目の夕日』を観ました! なんか観るタイミングを逃して以来、 そんなに興味なかったのが正直な気持ち。 それが、いざ観てみると良かったです! 笑いあり、感動ありと、見終わった後はすごく心温まる作品ですね。 ある意味、町も人も良い時...
ALWAYS 三丁目の夕日 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。』  コチラの「ALWAYS 三丁目の夕日」は、去年大ヒットして日本アカデミー賞をほぼ独占しちゃったノスタルジックな人情モノなんですが、早くもTV放映されていましたので、観ちゃいまし...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...