Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コラテラル

2006年07月12日 00時02分16秒 | 映画(か行)
 トム・クルーズが悪役に挑戦!と評判になった作品。上映されていた当時、見よう見ようと思いながら、結局見逃し今日まで来てしまったんですが・・・。

 何となくサスペンスものかミステリーものなのかなと勝手に想像していたんですけど、そういう要素はかなり薄いですね。冷酷なヒットマンと平凡だけど善良なタクシー運転手との心のやり取りが中心です。トム・クルーズだからといって派手な展開は期待しない方がいいでしょう。

 しかし、なんと言うか、トム・クルーズはどんな役でもこなせてしまうんだなー。いつものような派手なアクションはないけど、やっぱり存在感はスゴイですね。タクシーの運転手役のジェイミー・フォックスが主役なんだろうけど(この人もなかなか演技上手なんですけど)、冷酷・冷静ながらそこはかとなく人間味を感じさせるトムはやっぱり主役を食ってます。

 ちなみに、今回のトム・クルーズは半白髪状態で、何となくリチャード・ギアのイメージだったんですが

 あと、LAの夜景がとても綺麗でした。百万ドルの夜景ってああいうのを言うんだろうな・・・。

 でもまあ、私はやっぱり「トップガン」や「ミッション・インポッシブル」のようなのが好きだなー
なーんか、悪役って似合わないんですよね。
早く「MIⅢ」を観に行きたい


コメント (6)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« タイタニックは沈められた | トップ | オルガミ~罠~ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
芸の幅 (ひらりん)
2006-07-12 03:17:19
いい役ばっかりじゃつまらないから、

たまには非情な悪役っていうのも、いいんじゃないですかね。

自分で自分をプロデュースするお金と力を持ってる人ですから。

白髪?銀髪?はとっても似合ってましたね。

こういうトムもカッコよかったし。
たしかに・・・ (Yuhi)
2006-07-12 23:28:46
ひらりん様、コメント&トラバありがとうございます!



ひらりん様、さすがスルドイですね。

こういう役を選んだのも、いつもと違った自分を見せたかったんだろうし。

見る側としては、色々なタイプを見れた方が面白いですもんね。



髪の毛の色もすごく珍しかった。

いつも若々しいイメージなのが、ちょっと老けてシブくなってましたよね。





はじめまして (葉月)
2006-10-08 18:53:27
トラックバックさせてもらいました♪



私はかえって、こういうトム・クルーズのほうが

好きなんです。

若い頃よりも渋みがあって、

成長したな~♪

って感じに見ています。





>葉月様 (Yuhi)
2006-10-09 00:28:13
葉月さま、ようこそいらっしゃいませ♪



TB&コメントありがとうございます<m(__)m>



葉月様は、この映画のようなトム・クルーズがお好きなんですねー。

確かに、半白髪頭のトムは新鮮でした。

こういう姿はめったに見れませんものね。



深夜の映画館でみにいきたかったぁ (zebra)
2011-10-27 18:58:15
コラテラルはDVDを買いました


 あまり関係ないことですが、7年くらい前テレビ愛知(テレビ東京系)の深夜の映画放送を録画して見てみましたら、

 CMに「コラテラル」のロードショー案内がありました。

 (誰も見たことがない 最も危険なトムクルーズ 冷酷な殺し屋 トムクルーズ コラテラル )←これがナレーションでした

 2004年10月23日 先行ナイトショーのテロップ案内で、いまでもVHSテープに残っています

 ちなみに、そのときテレビで放送していた映画はリチャード・ギアとキム・ベイシンガーの「ノーマーシィー非情の愛」でした。

 「ノーマーシィー」をみていてCMに気付きましたが、「コラテラル」は映画館で見ずにDVDでしたよ...トホホ

>あと、LAの夜景がとても綺麗でした。百万ドルの夜景ってああいうのを言うんだろな・・・。

そうなんですよ~ マイケル・マン監督の説明によると ロスの深夜をキレイに撮影するため デジタル撮影カメラの最新式にしたおかげで 星を重視した夜景が撮影できたそうです

だからボクは なにより...コラテラルの雰囲気に合わせて深夜の映画館で見にいきたかったぁ~

絶対この 臨場感は 深夜のレイト・ショーじゃなければ 味わえないもん。  深夜の映画館で「コラテラル」見てきた人なら体感できたはずです。
>zebra様 (Yuhi)
2011-10-28 01:32:44
こんばんはー!コメントをいつもありがとうございます~♪

zebra様はこの映画のDVDを購入されたとか。こういう役柄のトム・クルーズは珍しいですよね。なかなか新鮮で良かった記憶があります。

臨場感を出すために、深夜の映画館でみるというのは、なかなか良い発想ですね。それには気付きませんでしたわ~。そういう映画があったら、ぜひやってみたいですね。

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

コラテラル (ネタバレ映画館)
 キャラクター設定が絶妙。
「コラテラル」 (ひらりん的映画ブログ)
トム・クルーズが主演??で悪役やってる映画でしょ。 アカデミーで主演男優賞取ったJ・フォックスがこの作品で助演男優賞にノミネートされてたね。 T・クルーズの作品はあまり外れないし、助演を光らせるテクニックがあるみたいだね。 2004年製作のクライム ...
『コラテラル』 (京の昼寝~♪)
■監督 マイケル・マン ■キャスト トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス 一夜のうちに5人の殺人を請け負い実行に移すヴィンセント(トム・クルーズ)と、12年間平凡な生活を送ってきたタクシー・ドライバーのマックス(ジェイミー・フォックス)。たまた ...
コラテラル (しーの映画たわごと)
たまたま新作が借りれました。 そもそも私って、劇場に映画を見に行くのは年に3、4本くらい。ロードオブザリングくらいの大作なら喜んで、サスペンスなんてのは家で十分って考えてる派です。
【コラテラル】 (ココアのお部屋)
トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、 マーク・ラファロ、ジェイダ・ピンケット=スミス 出演のサスペンス。 公開日:10月30日 ☆ストーリー☆ マックスはこの12年間、 ロサンゼルスのタクシー運転手として平凡な日々を送ってきた。 毎日の心 ...
映画『コラテラル』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Collateral チョットだけハードボイルド風でアクション的、ロサンゼルスの華麗な一夜を・・巻き添えを道連れに血に染めていく。納得はしにくい殺し屋の物語。 その夜、タクシー運転手マックス(ジェイミー・フォックス)の最初の客は、女性検事アニ ...
『コラテラル』  別世界に生きる2人・・出会いが人生を変える。 (enjoy! MOVIE☆LIFE)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション 出演■トム・クルーズ、ジェイミーフォックス 監督■マイケル・マン <ストーリー> 夜の大都会ロサンゼルス。タクシードライバーの ...
コラテラル(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】マイケル・マン 【出演】トム・クルーズ/ジェイミー・フォックス/ジェイダ・ピンケット=スミス/マーク・ラファロ/ピーター・バーグ 【製作】2004年/アメリカ ■ストーリー■ ある麻薬組織が重要な証人達
コラテラル (シェイクで乾杯!)
 第一印象、物凄く映像が綺麗でした。時間とお金をたくさん使って、とても丁寧に作られた作品だと思います。
コラテラル (Cinemermaid)
序盤は凄腕殺し屋がタクシーに乗り込んで来るという奇想天外な発想に 今までとはちょっと違うアクション映画の幕開けかも、と期待したけど 後半はありきたりな終わり方でちょっとガックリ (T▽T)
コラテラル (2004) COLLATERAL 120分 (極私的映画論+α)
ロサンゼルスでタクシーの運転手を12年間勤めながら平凡な毎日を送っているマックス。ある晩、アニーという名の女性検事を乗せいい雰囲気なり、名刺までもらって上機嫌のマックス。次に乗せたのはビジネスマンと思しき紳士。ヴィンセントと名乗ったその男は、多額 ...
「コラテラル」 (the borderland )
いつでも見れると思っていたら、いつの間にか終わりそう。 もういいかとも思ったんだけど、鑑賞してきました。 トム・クルーズは華があるから、逆にどんな役をやっても代わり映えしないイメージがある。見なくてもいいかと思ったのも、所詮どれ見ても同じなら ...
『コラテラル』とシングルモルトウィスキー (映画とお酒と・・・エトセトラ)
トム・クルーズは好きなのですが、 何故かこの映画は今になって初見です。。。 公開当時から悪役で冷徹な殺し屋を トム・クルーズが演じるということで話題になりましたが、 私はこういうトム・クルーズのほうが好きです♪ 以前勝手に評した○×で ...
コラテラル (映画鑑賞★日記・・・)
【COLLATERAL】2004/10/30公開 ここでダメージを受けちゃうとシュワちゃんになっちゃいますが、トムも後半はかなりのダメージを受けております。
コラテラル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「コラテラル」は、トム・クルーズが珍しく悪役で主役っつ~クライム・サスペンスです。監督は、「マイアミ・バイス」、「パブリック・エネミーズ」のマイケル・マン監督。  共演は、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット=スミス、そしてナニゲにカ...