Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アンフェア the answer

2013年01月19日 01時27分49秒 | 映画(あ行)
バツイチ、子持ち、大酒飲みだが、検挙率ナンバーワンの美人刑事・雪平夏見の型破りな捜査を描く人気テレビドラマの劇場版第2弾。監督は佐藤嗣麻子、キャストは篠原涼子、佐藤浩市、山田孝之、大森南朋他。

<あらすじ>
検挙率ナンバーワンの美人刑事・雪平夏見(篠原涼子)は、のどかで平和な北の大地・紋別署で勤務する日々を送っていたが、ある日、彼女に連続殺人事件の容疑がかけられる。警察内部の機密が隠されているといわれるUSBが事件と関係があることを突き止めた雪平は、追跡を交わしながら事件の全ぼうを暴くため逃避行を開始する。(シネマトゥデイ)

先日、たまたまBSをつけていたら、「アンフェア」が始まって、すごく懐かしくなりました。すでに見た話なのに、見始めたらやめられなくなって、結局1時間、見てしまいました(^^)
連ドラの時は、それくらい毎週はまって見ていたのですが、これまでに見たスペシャル版や映画版は、正直なところ、それほど面白いとは思えなくて、ちょっとガッカリしたんですよね。それで、この劇場版第2弾の「アンフェア the answer」は、あまり見る気がしなくて、これまでスルーしていたのですが・・・。この間のBSの「アンフェア」を見て、また見てみたくなりまして、今回この映画を見てみることにしたのです。

前置きがすごく長くなってしまいましたが、ここから先は感想です。ネタバレの恐れがありますので、見てない方はご注意下さいませ~。


実は、この映画のキャストを見た瞬間、「ああこの人が犯人だな」という予感はあったんですよねー。これまでの「アンフェア」という番組の内容からしても、「最も意外な人が犯人」というのが鉄則でしたしね~^^;
そういう意味からしても、この人絶対怪しい!と思って見ていたら、案の定な展開になって、正直なところ、ガッカリ・・・だったんですが。

ところがところが、本当にラストのラストになって、一気に名誉挽回!!!すごいどんでん返しが待っていました。確かに、伏線らしきものは、ちらっちらっと感じたことは感じたんですけど、まさか、みんなグルだなんてところまでは考えなかったんですよ。
もう、これで一気に気分が浮上してしまいました!(^^)!

ツッコミどころはいっぱいあるけど、やっぱり自分の想像の上をいってくれると、全部目をつぶっちゃう気になりますね~。こういう映画って、やられたー!という気持ちを味わいたくて見てるわけだし。
ただ、初期からのファンとしては、三上までがあちらの仲間だったのは、ショック!!このドラマでは誰も信用できないとは分かってるけど、あのキャラ好きだったのになぁ。

そうそう、どうしても分からないところが1つ。USBメモリのこと。たしか、前夫の佐藤和夫(香川照之)から、雪平はもらっていたはずなのに、エンドロールのネタバレシーンでは、佐藤の死体のあった場所から取ってるんですよね。何で何で???
佐藤は自分であそこに置くことはできなかっただろうし、犯人がそこに置いたはずもない(あれを狙って佐藤を殺害したわけだし)。どうしてもよく分かりません。誰か教えてー!


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイムマシン大作戦 | トップ | 大奥 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事