Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チーム・バチスタの栄光

2008年02月10日 00時24分14秒 | 映画(た行)
2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーを映画化したものだそうです。ミステリーものが大好きな私としては、この原作が以前から気になっていて、ずっと読みたいなと思っていたのですが、なかなか小説を読む機会がなく・・・。映画の方が先になってしまいました。

<あらすじ>
東城大学付属病院では、桐生助教授(吉川晃司)を中心に、難易度の高い「バチスタ手術」の専門集団「チーム・バチスタ」を作り、26例連続して成功を収めていた。ところが最近、3例続けて術中死が発生した。桐生は患者たちの死が医療ミスなのか殺人なのかを調べることを院長に提案し、院長は不定愁訴外来の田口(竹内結子)に調査を依頼するが・・・。


こういうミステリーものは、犯人が誰なのかが分かっちゃうと、興味が半減してしまうので、詳しく感想を書けないのですが・・・。ひょっとすると、ネタバレしてしまう部分があるかもしれませんので、小説・映画を未読・未見の方は、以下の文章は読まないで下さいね~!


実はこの映画、私が最初に思っていた程、犯人が誰なのか?という謎解き部分はハラハラしませんでした。
「手術中の死」ということで、ある程度最初から犯人は絞られているのですが、<怪しい人>だと思う人は結構限られています。
きっと<怪しい人>だと思って欲しいんだろうなーと思うものの、どの人もさほど<怪しい人>という感じがしないんですよね。となると、「犯人かも」と思える人って限られてしまうわけで・・・。そういう意味では、最初に明らかになったことというのは、予想通りだったかなと思います。

この辺については、2時間程度の映画では、たくさんいる「バチスタ・チーム」の一員をを、1人1人詳しく描いてる時間がなかったんだと思うのですが、最初にちらっと紹介されたっきりの人もいるので、犯人かも・・・と思うほどの存在感がなかったのが原因かもしれません。ここでも、もっと怪しい人物がもっといれば、さらに面白くなったのに・・・とちょっと残念に思います。
それは、小説だともっと詳しく描かれているのかもしれないので、やはり小説版を読んだほうが推理小説としては楽しめるのかもしれませんねー。一度、小説版も読んで比べてみたい所なんですが・・・。

ただ、この話の「真犯人」の方は、ちょっと予想してなかったので、ビックリしました。まさか2段構えになっているとはね・・・。この辺は原作者の狙い通りなのかも・・・。

それにしても、この映画、田口と共に事件を捜査するはずの厚生労働省の白鳥(阿部寛)がなかなか登場しないので、やきもきしました。
前半は登場人物の紹介が主でやや平板に物語が進んでいったのですが、阿部さんが登場した途端、全体にメリハリが出るというか引き締まるというか、一気に目が覚めた気がします(笑)。阿部さんの濃いキャラクターはインパクトが凄いですね。

他のキャストも豪華でよかったですよ。田口役の竹内結子も不定愁訴外来勤務っぽい、のほほんとした所が良く出てましたし、桐生役の吉川晃司もエリート医師らしくカッコよかったし・・。でも、原作では田口役は「男性」なんですってねー!!これはビックリ。「チーム・バチスタ」は男性が大半なので、映画だと華がないから、あえて田口を女性にしたのかなと思いますが・・・。
白鳥と田口コンビは、原作ではどんなやり取りなんでしょう!?そちらも気になりますね。


コメント (8)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
« 彩雲国物語/想いは遙かなる... | トップ | デスノート the Last name »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (たいむ)
2008-02-11 21:18:45
登場人物が多いのが難点なのでしょうね。
説明もしなくちゃだし、人間模様の描写が稀薄だということで、あまり好評とはいえないようですが、私はそれなりに楽しみました(^^)

>竹内結子
小説なら全部男でも問題ないのですけど、やはり華はいりますよね。その点は上手くできていたと思います。


こんばんは! (由香)
2008-02-12 00:02:13
お邪魔します♪
映画は、原作の筋を辿ってはいますが、全然雰囲気は違うものになっています。
原作はかなり面白くって大好きなのですが・・・
原作は、ミステリ部分よりも、とにかく人間模様やセリフ回しが絶妙だったんです。
だから、映画を観て激しく失望したわけですが・・・
Yuhiさんに原作をオススメしたいところですが、筋が分かってから読んでも楽しめないかも・・・と思うと勧めきれませ~ん(笑)困ったなぁ~
>たいむ様 (Yuhi)
2008-02-12 22:46:26
こんばんはー!TBコメントありがとうございました♪

容疑者が7人もいて、しかも手術の内容(バチスタ手術なんて一般人には分からないし)なんかも説明しなきゃいけないしで、一人一人のキャラクターの個性が出てなかったかな。
なので、ちょっと「誰が犯人??」というドキドキ感が少なかったかなーと思います。

>竹内結子
私は原作を読んでなかったので、彼女でも全然違和感なかったですよ。というか、この役が男だったら、やはり「華」はなかった気がします。
>由香様 (Yuhi)
2008-02-12 22:50:34
こんばんはー!いつもTB&コメントありがとうございます~!

由香様は原作を読まれてるんですねー。原作ファンだったら、やはり映画版は微妙なんでしょうね・・・。

>人間模様やセリフ回しが絶妙
うわー。私のメチャクチャ好みのタイプかも。もちろんミステリーの部分も大事だけど、背景とかキャラクターも大事ですからね。
お話を伺って、ますます原作が気になってきました(笑)。
このお話、シリーズものだって聞いたので、やはり一度読んでみようかな・・・。
TBありがとうございます (HIROMI)
2008-02-13 22:53:54
二段構えの犯人探しがおもしろかったし、登場人物たちのキャラクターもそれぞれが際立っていて、とても楽しめました。原作読んでたら感想は違うのかも・・。
>HIROMIさま (Yuhi)
2008-02-13 23:33:20
こんばんはー!TB&コメントありがとうございました。

私も原作を読んでませんが、結構楽しめましたよ。
白鳥&田口のコンビもなかなかでしたし・・・。

ただ、原作ファンの方々が、原作のキャラクターの魅力を語っておられるのを読むにつけ、このコンビが原作でどんな風なのか、是非読んでみたいなーと思ってます。
Unknown (エクスカリバー)
2008-02-24 13:25:29
原作小説に比べると、映画は薄味になってる印象でした。
竹内結子のポーっとした演技もその一因なのかも知れませんが。
原作だともっとみんな濃いんですよね、色々な意味で(爆)。
もっとも2時間でまとめようとすると、そのあたりは端折らざるを得なくなりますけれど。
>エクスカリバー様 (Yuhi)
2008-02-24 23:13:56
こちらにもコメント頂きまして、ありがとうございます!
エクスカリバー様は、こちらの原作もすでにお読みになっておられるんですねー。サスガです。

うわー。原作だとみんなもっと濃いんですか!?
それは多分、私にとっては好きなパターンだと思うので、ますます原作が読みたくなってきました。

映画版は、普通に楽しめましたけど、一人一人のキャラクターがあまり見えてこなかったのが、私的には物足りなかったので・・・。
やっぱり、原作は必ず読もうと思います!!


コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

42 トラックバック

チーム・バチスタの栄光 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
くどくて申し訳ないが、海堂尊氏の『チーム・バチスタの栄光』が大好きだ。だから、その小説が映画になると聞いた時に、「ほぅー」と思った。で、キャストを聞いた時には思わず「ゲゲッ」となった。何故なら、本作の主役を務める田口公平の名前が田口公子になっており・・...
チーム・バチスタの栄光 (映画のメモ帳+α)
チーム・バチスタの栄光(2008 日本) 監督   中村義洋    原作   海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』 脚色   斉藤ひろし 蒔田光治 撮影   佐々木原保志 音楽   佐藤直紀 出演   竹内結子 阿部寛 吉川晃司       池内博之 玉山鉄二...
感想/チーム・バチスタの栄光(試写&文庫) (EDITOREAL)
このミステリーがすごくない! 『チーム・バチスタの栄光』2月9日公開。"愚痴外来"と揶揄される科に勤務する医師・田口の元に意外な指令が届いた。それは、病院が誇る「チーム・バチスタ」の内部調査。バチスタ手術26連勝という奇跡的偉業を成し遂げていた彼らが、突如と...
チーム・バチスタの栄光 (映画鑑賞★日記・・・)
【チーム・バチスタの栄光】2008/02/09公開(02/10鑑賞)製作国:日本 監督:中村義洋原作:海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』(宝島社刊)出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎、野際陽子、平泉成、國村隼...
「チーム・バチスタの栄光」人の心理を巧に突いた半径10cmの犯行現場 (オールマイティにコメンテート)
「チーム・バチスタの栄光」は2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の同名ベストセラーを映画化で心臓移植専門のバチスタチームが原因不明の3連続失敗で内部調査に乗り出し、そこに厚生省の役人も絡んで事件の真相を解明していくストーリーである。内容はバ...
「チーム・バチスタの栄光」 プロ意識と傲慢さ (はらやんの映画徒然草)
命を預かる仕事をしている方々が日々感じているプレッシャーというのはたいへんなもの
チーム・バチスタの栄光 (ぷち てんてん)
映画のはしごで「L」を見た後でこちらも見てきました。今週は邦画ばかりだなあ~~。「団塊ボーイズ」だって見たいし、「潜水服は蝶の夢を見る」だって見たいのにこちらではやらないんだもん、グチグチ・・・☆チーム・バチスタの栄光☆(2008)中村義洋監督海堂尊原作竹....
チーム・バチスタの栄光 (Akira's VOICE)
原作者と,メディア, マスコミの絶賛はおかしい!
【劇場映画】 チーム・バチスタの栄光 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術“バチスタ手術”の専門集団「チームバチスタ」を作り、100%の確率で成功を収めていた。ところが今、3例続けて術中死が発生している。はたして患者たちの死は、事故なのか、殺人なのか?病院長は内部調査...
チーム・バチスタの栄光 (Good job M)
公開日 2008/2/9監督:中村義洋 「アヒルと鴨のコインロッカー」出演:阿部寛/竹内結子/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二/井川遥/田口浩正/田中直樹/佐野史郎 他【あらすじ】東城大学付属病院では、高難度の心臓手術“バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」を結成。...
「 チーム・バチスタの栄光 」 (俺の明日はどっちだ)
ご存知、現役医師でもある海堂尊による『このミステリーがすごい!』大賞受賞の同名ベストセラーを映画化したこの作品、決して傑作だとか、怪作だとかといった具合に必要以上に持ち上げる気はさらさらないけれど、いささか消化不良気味である(と個人的には勝手に思ってい...
「チーム・バチスタの栄光」みた。 (たいむのひとりごと)
人を生かすも殺すも医者次第・・・とかなったら怖いなって思う。でも、よくよく考えなくても本当にやろうと思えば簡単に出来ちゃいそうだから尚恐ろしい。原作は、映画を観てから読もうと待機させていた作品。正解か
チーム・バチスタの栄光(2008年) (勝手に映画評)
原作は、第四回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品。現役医師による医療ミステリーだけに、素人がちょっと勉強しただけでは書けない臨場感を感じます。 ほぼ原作どおりの映画化ですが、原作では男性であった田口が、女性に変更になっているのが主な変更点。映像の...
チーム・バチスタの栄光 (to Heart)
               犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。 2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーの映画化。 原作 海堂尊 上映時間 120分 監督 中村義洋 脚本 斉藤ひろし、蒔田光治 音楽 佐藤直...
チーム・バチスタの栄光 (せるふぉん☆こだわりの日記)
観てきました~。 今日はチーム・バチスタとLのかけもちだったんで少々疲れました
チーム・バチスタの栄光 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年2月9日 公開 「・・・・住んでる。」(・_・;)シラトリサン これはちょっと宣伝に踊らされてしまったなぁ~。 ・・・てか、これ『トリック』でしょ。 阿部ちゃん出てるし、脚本は『トリック』の蒔田光治さんですし。 原...
2008-07『チーム・バチスタの栄光』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-07『チーム・バチスタの栄光』(更新:2008/02/10) 評価:★★★★☆ 犯行現場は、半径10センチ…衆人環視の中、実行された究極の完全犯罪。 心臓外科手術って凄いよねって思って見入っちゃいまし...
★★ 『チーム・バチスタの栄光』 (映画の感想文日記)
2008年。TBS/東宝。「チーム・バチスタの栄光」製作委員会。   中村義洋監督。海堂尊原作。  竹内結子、阿部寛、その他出演。  先日DVDで見た『アヒルと鴨のコインロッカー』
『チーム・バチスタの栄光』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チーム・バチスタの栄光」□監督 中村義洋 □脚本 斉藤ひろし、蒔田光治□原作 海堂尊 □キャスト 阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 ■鑑賞日 2月9日(土)■劇場 チネチ...
≪チーム・バチスタの栄光≫ (鳥飛兎走)
何年ぶりだろう・・公開2日目の映画を観に行くなんて・・・。両脇、前後あんな人がいっぱいいる作品観に行ったの久々。(笑)本当は。玉木君主演のKIDSを観たかったんだけど、この映画公開1週間にしてうちの近くの映画館ではヒドイ扱い。(笑)夕方遅い時間とレイト...
「チーム・バチスタの栄光」:大塚四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}花とらないで・・・。悲痛な叫びだな。 {/hiyo_en2/}ほんと、命をとらないで、ってことだもんね。 {/kaeru_en4/}しかも、命を救ってくれるはずの病院で命をとられちゃうこともある。 {/hiyo_en2/}ああ、「チーム・バチスタの栄光」のことね。バチスタ手術と...
チーム・バチスタの栄光 (シネマ大好き)
試写会に誘って頂いて「チームバチスタの栄光」を観た。 成功率60%といわれる心臓の「バチスタ手術」に26連勝という成功記録をもつ専門集団に、3例続けて死亡事故が起きる。院長に調査を命じられたのは、手術経験のない心療内科医の田口(竹内結子)。問題を見つ...
劇場鑑賞「チーム・バチスタの栄光」 (日々“是”精進!)
 「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞してきました第4回「このミステリーがすごい」大賞を受賞した、現役医師・海堂尊の手によるベストセラー同名小説を映画化。新感覚医療ミステリー!ストーリーは・・・成功率60%といわれる心臓手術、バチスタ手術を26回連続成功さ...
メディカル”コメディ”サスペンス。~「チームバチスタの栄光」~ (ペパーミントの魔術師)
自分の担当ジャンルでただいま ものすごくスペースをもらって大々的に展開してるのが コレ。 チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)海堂 尊 宝島社 2007-11-10売り上げランキング : 3Amazonで詳しく見るby G-Tools ...
チームバチスタの栄光 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  朝田龍太郎を呼べ!  
やっぱり行き着く先は、ここ。『チーム・バチスタの栄光』 (水曜日のシネマ日記)
有能な心臓手術チームに起きた連続術中死をめぐり、謎を解き明かす医療ミステリー映画です。
映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!(2008-05) (馬球1964)
映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!2008年の第5作目です
映画『チーム・バチスタの栄光』 (頑張る!独身女!!)
これでいんだよね。
チーム・バチスタの栄光 (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
まず家電販売店を節電させろ!
『チーム・バチスタの栄光』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した、海堂尊のベストセラー小説を映画化。成功確率の低いバチスタ手術を次々と成功させ、「チーム・バチスタの奇跡」「栄光の7人」と呼ばれている専門チーム。ところが最近になって立て続けに手術は失敗。それは医療事故な...
【映画】チーム・バチスタの栄光 (新!やさぐれ日記)
■動機 原作を読んで映像化作品を観たくなったため ■感想 よしときゃよかった ■満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり ■あらすじ 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田...
チームバチスタの栄光 (ダイターンクラッシュ!!)
2月24日(日) 16:10~ 日劇2 料金:1300円(交通会館のプレイガイドで前売りを購入) パンフレット:後日購入予定 『チームバチスタの栄光』公式サイト 医療ミステリー。宝島社の「このミステリーがすごい」大賞を受賞した。原作は読んでいない。 吉川晃司が、有...
チームバチスタの栄光 (Sweetパラダイス)
ネットカフェからの投稿ですチームバチスタの栄光見て来ました小説は未読です。東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術【バチスタ手術】の専門集団【チームバチスタ】を作り100%の確立で成功をおさめていた。ところが最近、三例続けて術中死が発生している。...
『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
1/23に行った1ヶ月ぶりの舞台挨拶。2008年1発目は、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した現役医師・海堂尊原作『チーム・バチスタの栄光』登壇したのは、竹内結子、阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、佐野史郎、中村義洋監督、原作者・海堂尊...
『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
1/23に行った1ヶ月ぶりの舞台挨拶。2008年1発目は、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した現役医師・海堂尊原作『チーム・バチスタの栄光』登壇したのは、竹内結子、阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、佐野史郎、中村義洋監督、原作者・海堂尊...
チームバチスタの栄光 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
自分も日頃からお世話になっている病院関連の話には 非常に興味がある。まぁ バチスタ手術の様な特殊な手術が そうそう立て続けに 何件も行われる分けもないけど しかも奇跡的に26連勝って 凄いなぁ。。。ってか 名医の吉川晃司は 太り過ぎててアイドル時代の面...
●チーム・バチスタの栄光(21) (映画とワンピースのこでまり日記)
原作もこんなコメディタッチなの??
小説「チームバチスタの栄光」  映画そして現在連続ドラマ放映中の作品 (珍竹輪  ~映画とネットとモバイル機器な日々~)
「チームバチスタの栄光」海道尊の、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を作満場一致で賞をとった作品。  含みをもたせたキャスティングが見事。そして中盤から登場する白鳥がなかなかいい感じ。ネタ晴らしが早いが、エピソードを考えると悪くない。さすがは、受...
映画評「チーム・バチスタの栄光」(地上波放映版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり
映画「チーム・バチスタの栄光」 (<花>の本と映画の感想)
チーム・バチスタの栄光 監督: 中村義洋 出演 竹内結子, 阿部寛, 吉川晃司, 池内博之, 玉山鉄二 井川遥 田口浩正 田中直樹 佐野史郎 2008年 チーム・バチスタの栄光 [DVD] ¥3,310 Amazon.co.jp 東城大学医学部付属...
中村義洋監督 「チーム・バチスタの栄光」 (映画と読書とタバコの日々)
チーム・バチスタの栄光 - goo 映画 【あらすじ】 成功率60%といわれる心臓手術「バチスタ手術」を26例連続成功させていた、東城大学付属病院の専門集団「チーム・バチスタ」。しかしその手術が3例連続で失敗するという事態が起きた。原因は果たして事故なのか? ...
チーム・バチスタの栄光 (mama)
2008年:日本 原作:海堂尊 監督:中村義洋 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、佐野史郎、池内博之、田中直樹、玉山鉄二、田口浩正、井川遥、野際陽子、平泉成、國村隼 東城大学病院では、成功率60%といわれる高難度のバチスタ手術を専門とする7人体制の「チー...