Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サブウェイ123 激突

2014年02月15日 23時28分48秒 | 映画(さ行)
1974年の『サブウェイ・パニック』を、トニー・スコット監督がリメイクしたサスペンス。キャストは、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン他。

<あらすじ>
午後2時、ニューヨーク地下鉄運行指令室で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。
(シネマトゥデイ)


すごーく久しぶりに映画を見てみました!こういうサスペンスもの、一番好きなジャンルなんですよね~。しかも、デンゼル・ワシントンとトラヴォルタの競演なんて、食指が動かずにはおれません(^^ゞ

リメイク物という事もあり、ストーリーとしては、わりとありきたりな方かなと思います。でも、限られた時間と制約の中での駆け引きとか、疾走する地下鉄の恐怖感とかは、予想通りにも関わらず、ハラハラ・ドキドキできて、楽しめました♪

ただ、ライダーのキレっぷりが、なんでいきなりそうなるの?という感じで、よく分からないところもあって、ついていけなかった所がありました。
もう少し、ライダーの内面とか、こんな犯罪を犯す状況になった裏側とかを描いてくれていたら、もっとストーリーに入り込めたのになーという気がします。

とは言え、ガーバーを単なる「良い人」に描かなかった所とか、ラストの二人の不思議な絆を感じさせる所とか、見ごたえあったのは良かったです!

コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« アンダー・ザ・ドーム/シー... | トップ | ヴェロニカ・マーズ/シーズン3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

「サブウェイ123 激突」 ハズレのトニー・スコット作品 (はらやんの映画徒然草)
4度目のタッグとなるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビに、キレた
『サブウェイ123 激突』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「サブウェイ123 激突」□監督・脚本 トニー・スコット □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □原作 ジョン・ゴーディ □キャスト デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、ジェームズ・ガ...
サブウェイ123 激突/デンゼル・ワシントン (カノンな日々)
劇場予告編を何度観ても主人公らしき人物がデンゼル・ワシントンだというのが信じられなくて思わず公式サイトに行って確認しちゃいましたけど、ちゃんとデンゼル・ワシントンでし ...