Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハイ・クライムズ

2012年09月21日 23時34分14秒 | 映画(は行)
ジョセフ・ファインダーの小説『バーニング・ツリー』を原作としたサスペンス映画。監督はカール・フランクリン、キャストはアシュレイ・ジャッド、モーガン・フリーマン、ジェームズ・カヴィーゼル他。

<あらすじ>
美しく優秀な女性弁護士クレアは、建設会社を経営する夫トムとともに幸せな毎日を送っていた。だが、ある日、二人の家に泥棒が侵入、事態は思わぬ方向へと進む。強盗事件を調べる過程で、採取した指紋からトムの本名がロナルド・チャップマンであることが判明。その結果、トムは海兵隊の特殊工作員時代の1988年にエル・サルバドルで一般市民9人を殺害した容疑でFBIに逮捕されてしまう。クレアは、無実を訴えるトムを信じて軍事法廷に立つことを決意。特殊な軍事裁判を熟知する弁護士チャーリーの助けも借りて、軍のスキャンダルを暴いていくクレアだったが……。

今、Dlifeで放送している「ミッシング」を見ているのですが、その主役を演じているのがこの映画の主役でもあるアシュレイ・ジャッドなんですが、「ミッシング」の方も強くて頭のきれる女性役なので、何となくイメージがかぶりました。アシュレイ・ジャッドはこういう役柄がとても似合いますね。

ストーリーは、ありがちな軍事法廷もの・・・と思いきや、ラストのラストでものすごく意外な展開に!!!
あれほど争っていたのに、あっさりと裁判が終結することになったから、あれれ???とは思ったんですよね。その前に、モーガン・フリーマンが行方不明になったのも気になりましたし・・・。
でも、まさかこういう展開で話が進むとは思ってもみなかったので、まさに「やられたーーー!!!」という感じでした。

いろいろと突っ込みたいこと、書きたいことはあるんですが、ネタばれしてしまったら、全く面白くなくなってしまうタイプの作品ですので、これ以上の感想は避けておきます(^^)
サスペンスものが好きな方、あっと驚くカタルシスを味わいたい方にお勧めの作品です。

コメント   この記事についてブログを書く
« glee/シーズン1 | トップ | ツーリスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事