Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アンダルシア 女神の報復

2013年10月26日 22時11分06秒 | 映画(あ行)
『アマルフィ 女神の報酬』、テレビドラマ「外交官・黒田康作」に続き、真保裕一の小説を基にした織田裕二主演のシリーズ劇場版第2作目となるサスペンス大作。監督は西谷弘、その他の出演は黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、谷原章介、福山雅治他。

<あらすじ>
スペインとフランスに挟まれた小国アンドラで、日本人投資家の殺人事件が起こり、パリにいた外交官・黒田康作(織田裕二)が調査に乗り出した。しかし、遺体の第一発見者、銀行員の新藤結花(黒木メイサ)は何者かに狙われ、インターポール捜査官の神足誠(伊藤英明)は捜査情報を隠そうとする。そんな中、黒田に最大の危機が訪れ……。(シネマトゥデイ)


「アマルフィ」や連続ドラマ版も見ていたのですが、正直、その中でも一番分かりづらい作品だったんじゃないかなー。全ての作品を見ていた私でもそう思うくらいだから、初見の人にとっては、何が何やら・・・の状態だったんじゃないでしょうか。

「アマルフィ」の時は、まだハラハラドキドキ感もあったし、ありがちとは言え、ローマの名所旧跡が舞台になったりと、見ている側として楽しみな部分もありましたけど、「アンダルシア」ではそれもなく、別に舞台がどこであっても良かったという気がします。
また、映画ならではの、壮大さや派手な要素はほとんどなく(交差点で追突されるところくらい?)、こんな内容なら、わざわざ映画化するまでもなく、スペシャルドラマで充分だったんじゃないかなと思うくらいです。

映画公開時に観たかったのですが結局見れず、でも周囲の評判もイマイチだったので、見なくて正解だったのかな?とは思っていたのですが、こういう作品だったとは・・・。
テレビドラマの映画版って、イマイチなことが多いですが、これは久々にその悪例にのっとったものだったのかな。この映画も評判が良ければ、第3弾やドラマのシーズン2も考えていたかもしれませんが、この内容であれば、続編はムリでしょうね。織田さんの作品には期待していただけに、残念です。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レ・ミゼラブル | トップ | 相棒-劇場版II- 警視庁占拠!... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事