Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チェンジリング

2009年02月22日 00時11分06秒 | 映画(た行)
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。

<あらすじ>
1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。(goo映画より)


予告編を見てから、すごーく気になっていた作品。早速見てきましたー!
「英国妖異譚」の影響か、タイトルから想像していたのは、取替え子、つまり、「妖精が人間の子供をさらった後に置いていく妖精の子供」の話を下敷きとしたようなファンタジックな映画なのかなーと。
実際に見てみたら、全然想像していたのとは違っていて、もっと現実的でシビアな内容だったのですが、それが逆に良かったのかな。ストーリーに一気にひきつけられました。しかも、これで終わりかなーと思ったらまだまだ続きがあったりして、予想と少しずつ違うのがなかなか面白かったです。

公開中の映画ですので、内容にはあまり触れられませんが、まさに「母は強し!」そのものの映画でしたね。子供のいない私でも、母親の子供への愛情の強さをまざまざと感じさせられました。普段は、映画を見ても泣いたりする方ではない私でも、思わずホロっときてしまうくらいで・・・。アンジェリーナ・ジョリーの熱演がすごく良かったです。

また、ロサンゼルス警察の非道ぶりには、怒りを通り越して心底恐ろしくなりました。これ実際にあったことなんですよねー?と思わず確かめたくなるくらい・・・。腐敗しきってますね。この事件で、長年の膿を出せたのは唯一良かったと言っていいかもしれません。

1920~30年代のセットや衣装も素晴らしいし、この時代の働く女性の姿というのも垣間見ることができて興味深かったし、充分に満足できた映画でした。

コメント (14)   この記事についてブログを書く
« フォーエヴァー・ヤング/時を... | トップ | 虚栄のかがり火 »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この作品、気になります。 (ぼの)
2009-02-22 01:09:07
お久し振りです。
この作品、本日(もう昨日になってしまいましたが)
スマステの月イチゴローで紹介されていましたね。
実話モノ好きな私としては非常に気になっている作品です。
これは是非観てみたいですね。
>ぼの様 (Yuhi)
2009-02-22 01:16:21
こんばんはー!お久し振りですね。

>スマステ
そうだったんですね。昨日は見てなかったので、全然知らなかったのですが、人に勧めることができる映画だと思いますよ。
明るく楽しい話では消してないのですが、実話を元にしているだけあってリアルな上、アンジェリーナ・ジョリーの演技も素晴らしいので、オススメですよ。
是非見て下さいねー!
TBありがとうございました (にゃむばなな)
2009-02-22 14:44:07
アンジーの素晴らしさもさることながら、やはりクリント・イーストウッド監督の素晴らしさには言葉を失いそうでしたよ。

こんなにも凄い映画を撮れるなんて、賞賛の言葉さえ見つからないとはまさにこのことなんでしょうね。
>にゃむばなな様 (Yuhi)
2009-02-22 23:01:57
こんばんは!こちらこそ、TB&コメントありがとうございます。

私は見るまで、この映画がクリント・イーストウッド監督が撮られたものだと知らなかったんですが、エンドタイトルを見て、さもありなんと納得しました。素晴らしい作品を、こんなに次から次へと産み出されていることには驚愕しますね。
こんばんは! (アイマック)
2009-02-24 20:29:02
予想外の展開にびっくりしました。
普通ならありえない話なんだろうけど、こんな事件が埋もれていたんですねえ。
警察の腐敗ぶり、女性蔑視の時代など、驚きの連続でした。
コスチュームや仕事場など、いろんな点で見応えありましたねー。
>アイマック様 (Yuhi)
2009-02-24 21:22:15
こんばんは!TB&コメント、ありがとうございます~。

私も良い意味で予想外だったのが嬉しかったです。これが実話を元にしたストーリーだというのが、またまた驚きですよね。残忍な連続殺人事件や警察の堕落ぶりなどが、これまでほとんど知られてこなかったのが信じられないです。
こんにちは~ (hito)
2009-02-25 15:33:26
予告ではミステリ要素強いのかな~って思っていたのですが、かなりシリアスな重いストーリーでしたね。

あまりにもひどい警察の対応に何度も何度もイライラさせられて~そしてあのニセモノ!何でいったいあんなことするのか・・信じられません。

実際にあった出来事だったから仕方ないとは思うのですが、やっぱり最後はハッピーエンドにして欲しかったです。とても辛い後味で、二度と見ることないと思う~
でもそれだけアンジーの演技が素晴らしかったってことなんでしょうね。
>hito様 (Yuhi)
2009-02-25 21:45:13
こんばんは!TBありがとうございました~♪

私もhito様と同じく、見るまではミステリーっぽい作品なのかなと思っていました。でも、全然違っていたのに、警察のヒドイ対応やら精神病棟の恐ろしさやら、どれも予想を上回る凄さで、食い入るように見てしまいました。

アンジーの演技は素晴らしかったですね。子供を思う親の気持ちが、すごく良く出ていたと思います。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-02-27 10:16:24
驚くべき警察の腐敗と凶悪犯罪!
これが実話ということに心底ビックリしました。
母親目線で見ているので、クリスティンの憤慨がよーくわかりました。
そして、自分は子供のためにあそこまで強くなれるのかということも自問しました。
>ミチ様 (Yuhi)
2009-02-27 23:26:32
こんばんは!コメントありがとうございます。

母親の子供への愛情の強さを感じた映画でしたね。結末はとても辛かったけど、ここまで愛される息子って、ある意味幸せだなーとも思いました。
それにしても、あの警察の対応はビックリですよね。こんなことがまかり通っていたのかと思うと、ゾーっとします。

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事