Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SP 革命篇

2013年09月08日 23時24分29秒 | 映画(あ行)
岡田准一主演のテレビドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」と『SP 野望篇』の最終章となる劇場版第2弾。監督は波多野貴文、出演は堤真一、香川照之、真木よう子他。

<あらすじ>
官房長官を狙ったテロから2か月。警視庁のSPである井上(岡田准一)は上司の尾形(堤真一)への不信感を募らせながらも、尾形の指令で国会での警備を担当することになる。そして麻田雄三(山本圭)内閣の不信任案の採決が行われようというそのとき、国会議事堂で銃声が鳴り響き……。(シネマトゥデイ)


これまでの伏線が、やっと明らかになってスッキリした部分もあったけど、謎がまた増えたところもあって、何となくモヤモヤが残る・・・。
まだ続編が作れそうなくらい、よく分からない終わり方だったんですけど、これまた続くんでしょうか・・・???

で、内容なんですが、前回の「野望篇」が井上のアクションシーン全開だったのに対し、今回は尾形の動きが中心で、井上の方はあまり大きな動きはなかったのが残念。

もちろん、尾形がなぜ、ああいう行動に出たのかとか、知りたかったところは分かったので良かったんですけど、折角あんな大掛かりな舞台を設定しておいて、なんとなく中途半端だったのが勿体無いなー。
折角、映画として製作したんだから、アクションシーンももっと見たかったし、緊迫感も欲しかったです。

特にラストの、尾形の刑務所シーンや、井上たちのSPとしての警護のシーンはどういう意味???これで本当に終わりだったら、ああいうシーンは入れない方が良かったと思うんですよね。
話が完結したという気分になれず、満足感が薄れてしまいます。

ドラマが面白かっただけに、映画版の物足りなさは勿体無い。これだったら、ドラマで完結させてくれた方が良かったかも・・・。

コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« ゴーストハント5 鮮血の迷宮 | トップ | 素敵な人生のはじめ方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

SP 革命篇 (本と映画、ときどき日常)
監督 波多野貴文 出演 岡田准一     堤真一     香川照之 国会中のさなか、テロリストが国会議事堂を占拠する。 そのテロリストの中に上司の堤真一が。 どうする岡田くん。 『野望篇』がイマイチだったので、まあ酒のツマミ程度だったんだけど…。 なに...
『SP 革命篇』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「SP 革命篇」 □監督 波多野貴文 □原案・脚本 金城一紀□キャスト 岡田准一、香川照之、真木よう子、堤 真一、松尾 諭、神尾 佑、山本 圭■鑑賞日 3月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0...
SP 革命篇 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2011/03/12公開 日本 128分監督:波多野貴文出演:岡田准一、堤真一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、野間口徹 運命の最終章。 官房長官を狙ったテロ事件から2ヵ月後。テロリストとの死闘を繰り広げた井上はじめ警視庁警備部警護課第四係の面々も通常....
SP 革命篇 (花ごよみ)
出演は井上(岡田准一)尾形(堤真一) 笹本(真木よう子)、 山本(松尾諭)、石田(神尾佑)等、 第四係のいつものメンバー。 それに前編同様、香川照之、山本圭、 波岡一喜、平岳大等が出演。 ドラマ「SP」の映画化の後編。 尾形(堤真一)はどの様な行動に進んで....
SP 革命篇/岡田准一、真木よう子、堤真一 (カノンな日々)
TVドラマ放送時に夢中になって観ていた『SP』が劇場映画版となりそしてついに最終章の『革命篇』の公開となりました。TVドラマの段階では想像もしなかったような展開に突入しだして ...
映画『SP 革命篇』(お薦め度★★★★★) (erabu)
監督、波多野貴文。脚本・原案、金城一紀。音楽、菅野祐悟。2011年日本。アクショ
SP 革命篇 (ルナのシネマ缶)
前作の野望篇は、 いまひとつでしたが 今回は、それなりに 楽しめる内容でした。 前作よりも、テレビで放送された 「革命前日」のドラマを 見ていた方が楽しめるかも。 官房長官を狙ったテロから2か月。 警視庁のSPである井上(岡田准一)は上司の尾形(堤真...
「SP 革命篇」 復讐心と誇り (はらやんの映画徒然草)
しばらくご無沙汰していた映画館に行ってきました。 久しぶりに観る映画として選んだ