にわか日ハムファンのブログ記念館

2004年8月から2014年6月にかけて更新してきた当ブログを静態保存しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライオンズ売却へ―「球界再編」第2ラウンド開始!!

2004-11-06 08:12:15 | 2004年を絶対忘れない・球界再編抵抗記
 昨日は「楽天で終わったように見えた悪夢が、ダイエーから甦るかも知れない」と書きましたが、火種はダイエーの他にもう1つありました。そして、その火種にどうやら火がついてしまったようです。
 今朝のテレビニュースによると、日経の1面トップで「西武球団売却へ」という一報が出たそうです。昨日から家にいなくて日経の紙面が見られないので、詳しい内容が分からないのですが、とりあえず先ほどNIKKEI NETにアップされた記事をご紹介します。

【西武球団売却へ・複数企業に打診、コクド抜本リストラ】
 西武鉄道グループの中核会社であるコクド(東京・渋谷、三上豊社長)が、子会社のプロ野球球団、西武ライオンズ(埼玉県所沢市)を他企業に譲渡、プロ野球事業から撤退する方針を固めたことが5日、明らかになった。複数の企業に打診を始めた。コクドは主力のレジャー事業の不振が続いているうえ、借入金負担も増加、経営を圧迫している。西武鉄道の有価証券報告書過少記載問題に端を発する西武鉄道株の株価急落で財務体質の劣化が進み、球団売却が不可避と判断した。

 大株主の持ち株比率過少記載発覚で始まったコクド・西武鉄道グループの混乱は、球団売却を含めたグループの本格的な経営リストラに発展する。また、楽天の新規参入で来季の2リーグ12球団体制が固まったプロ野球界は、売却が取りざたされている福岡ダイエーホークスに加えライオンズの売却問題も抱えることになり、新たな対応を迫られることになる。


 日経はバファローズとブルーウェーブの合併報道を真っ先に伝えたメディアです。それだけに、この記事はそんじょそこらの飛ばしや電波とはわけが違います。
 また、同様の記事は毎日新聞讀賣新聞でも出ています。ライオンズやコクドの首脳はノーコメントの模様ですが(上記讀賣記事や時事通信の記事をご参照ください)、どうやらライオンズ売却の可能性は非常に高いと見るべきでしょう。
 西武グループの中核企業コクドの経営は危機的状況にあるようです。この点については、同じく日経の3面に詳しい解説がありますので、これを元にコクドの現状についてみていきましょう。
 コクドの営業損益は1996年以降赤字が続き、2004年3月時点で4000億円近くに達しています。しかも、もともと資本金が1億円しかないため、わずかな赤字でもすぐ債務超過に陥る危険を抱えているのです。企業存続の危機につながる債務超過だけは何とか避けたいコクドは、株式や資産を切り売りして営業外利益を計上し、最終損益の黒字を維持してきました。
 また、コクドが融資を受ける際、土地の代わりとなる信用力の源泉になったのが所有する西武鉄道株だったようです。ですが、先日の有価証券報告書訂正以降、西武鉄道の株価は暴落しています。こうなりますと、もはやコクドの信用は落ちる一方ですし、金融機関から融資返済の圧力が強まることも予想されます。
 さらに、西武鉄道株を買った企業の中には買い戻しを要求するところもあり、これを受け入れるとなると資金が必要です。現金など流動資産に乏しいコクドは、球団売却によって得られる収入で資金繰りにメドをつけたいところでしょう。
 つまり、構造的な業績不振に加えて頼みの綱の西武鉄道株が暴落したコクドは、ライオンズを売却しなければ企業として存続できなくなる恐れがあるのです。
 おそらく、ライオンズ売却によって現在の危機を乗り切ったとしても、コクドはいずれもたなくなる時が来るでしょう。竹の子生活でその場はしのげても、構造的な業績不振が改まらない以上、いずれ切り売りするものがなくなるのは目に見えているからです。
 ライオンズが今売却されるということは、その時に沈みゆく西武グループと運命を共にせずに済むことを意味しますし、そう考えますと、コクドから切り離されるということは、ライオンズにとっては幸せなことなのかも知れません。
 そうなりますと、問題はただ1つです:ライオンズは誰の手に渡るのか?

 各種報道によれば、西武ドームを本拠地とすることを条件として、複数の企業にライオンズ売却の打診がきているようです。そのうちの1社の名前は皆さんもお分かりのことでしょう。そう、ライブドアです。ですが、ライブドアの広報担当者は打診があったことは認めたものの、「検討はしていない」とコメントしています。
 ならば他の企業に期待したいところですが、売却交渉は難航することが予想されます。200億から250億円とも言われる提示価格がその理由です。これだけの金額を出して、年間20億円程度の赤字を出す球団を買収する企業があるかどうか自体、疑問と言わざるを得ません。
 これからの交渉次第で売却価格は下がるかも知れませんし、そうなると売却先が見つかるかも知れません。しかし、現金収入をできる限り多く得たいコクド側が価格引下げを拒んだら…あるいは、「球界再編」を諦めていないロッテやバファローズを食い散らかしただけでは飽き足らないオリックス、まさかとは思いますが讀賣が買収に乗り出したら…
 今われわれが見ているライオンズが、バファローズ同様の運命をたどらない保証はありません。

 楽天の参入によって、一瞬とはいえ来季の12球団体制が見えかけました。しかし、ダイエーや西武の動きは、そのような見通しを消し去るほどのものです。
 ホークスといいライオンズといい、球界やパ・リーグの問題とはほとんど関係ないところで存続の危機に立たされています。それだけに、このような問題が球団数削減や1リーグ化の根拠となるとする論理には無理があるでしょう。
 しかし、実際にはパ・リーグの2つの球団が消えるかもしれないのです。
「球界再編」の第2ラウンドが始まったのです。

 プロ野球を愛する皆さん、どうかこれから心してください。

コメント (24)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ダイエー密約?球団売却先は... | トップ | ルパート・ジョーンズ、愛を... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
了解いたしました (マンガウルフ)
2004-11-06 20:10:57
心しておきます。



僕は経済うんぬんのお話はよくわからなくてうかつに踏み込めない部分があるのですが、このように噛み砕いた記事にしていただくと少しずつわかってきました。

ダイエーがソフトバンクの手に渡るのは、状況から行って誰もが規定路線だと考えていることでしょう(問題は山積みですが…)。

で、レオレオ詐欺で一躍有名になってしまった西武。

ライブドアだってこれだけの買収資金は用意できないでしょうし、現実的にはテレビ朝日でしょうか?

個人的にはせっかく西武対阪神の交流試合が自宅に近い西武ドームで見られるなと喜んでいたのですが…
Unknown (ばーばら)
2004-11-06 23:06:11
この間職場で「球団いっこ作るのと買い上げるのとどっちが安いんだろうね~」なんて話してた矢先にこのニュースでした…。

西武も合併話が噂されてましたけど、ホントに危なかったんですね。

テレ朝にしろライブドアにしろ、買うとなったら賭けですね…。

しかし選手もファンも気が気で無いでしょうね。西武は折角日本一になったばかりなのに、すぐにこういうニュースとは…。
プロ野球 (giants-55)
2004-11-07 02:55:30
書き込み有難うございました。



ブルーウェーブとバファローズの合併、楽天イーグルスの誕生、そして、ホークスの身売り話再燃と、ゴタゴタが続くパ・リーグですが、今度はライオンズの身売り話ですか。結局、新たな可能性を求めて北海道に本拠地を移すという大英断を下したファイターズ以外のパ・リーグ球団は全て、何らかのゴタゴタ劇に巻き込まれたという形ですね。



それにしても、赤字を負っているとはいえ、ライオンズは球団を所有し続けるものと確信していただけに、驚きはひとしおです。一体、パ・リーグはどうなってしまうのでしょうね。



こういう御時世だから、一企業が一球団を所有するという形ではなく、複数企業で一球団を共有するという形があっても良いのではと思います。それだけ、球団の安定性は増す訳ですし。



こうもゴタゴタが続くと、選手達も試合に専念出来ないだろうし、チームを応援するファンも気の毒です。球界の抜本的な改革が急がれると思いますね。



書き込み戴いた中で、「松竹芸能が気になる」という所に、爆笑してしまいました。「レツゴー三匹」、「正司敏江・玲児」、「フラワーショー」に「ますだおかだ」等々、吉本にも決してヒケをとらない”精鋭部隊”だと自分も思ってます(笑)。
またかよ! (スーパーサウスポーあさちゃん。)
2004-11-07 05:16:29
オリ近、新規参入が解決したと思ったら、こんどはホークスとライオンズかよ!

どうしても1リーグにしたいのかよ!

それにしても、コクドふっかけすぎ!タナボタ日本一のくせに、、、

200億出しても買いたいチームって、ひいきめに見てもタイガース位しかしない!1ケタ間違ってるよ!
あ゛ぁ!! (まりん)
2004-11-07 05:45:20
無性にヘンな叫び声を上げずにはいられない気分です。



それにしても、ラ、ライブドアに打診??

ツッコミはやめとくとして、コクドは本気で既存球団以外に売却する意思があるんですかね?「球団は売れませんでした」で、じゃー合併!とかって方向に持っていこうとしてたり…。



想像したらきりがないのですが、「早よ、落ち着かんかい!」ですわ。
マンガウルフ監督 (ルパート・ジョーンズ)
2004-11-07 12:04:11
私自身第一報をテレビで知った時は背景がよく分かっていなかったのですが、丁度いい所に解説記事があったので助かりました。

で、実際の売却先なのですが、この価格ではおそらく無理でしょう。

テレビ朝日が買収を考えていたのは10球団1リーグを期待してのようですし、今日の報道ではコクドから西武鉄道株を買わされそうになったという話まで出ています。

それだけに、今さら買えといわれても2つ返事で引き受けるとは考えにくい状況です。

他の企業なら、価格が下がれば動くかも知れませんが…
ばーばらさん (ルパート・ジョーンズ)
2004-11-07 12:12:03
おそらく売却価格が半値以下になれば、球界参入を考えている企業はいくつか名乗りを上げると思われます。

全くの新規参入なら球団経営やチーム強化のノウハウがほとんどない状態から始めなければなりませんが、常勝ライオンズの選手やOBから球団職員が格安で手に入るのは非常に魅力的ですからね。

ただ、おっしゃる通り現場はたまったものではないでしょう。

「売却はないと信じるしかない」というコメントをする選手もいましたが、おそらく本音は早く決着してチームの存続が決まってほしいというところではないでしょうか。
giants-55さん (ルパート・ジョーンズ)
2004-11-07 12:38:06
今回の騒動でファイターズは一応巻き込まれずに済んでいますが、もし移転が1年でもずれていたら真っ先に整理の対象になっていたかも知れません。そう思いますと、やはりぞっとしますね。



さて、」一企業が一球団を所有するという形ではなく、複数企業で一球団を共有するという形があっても良いのでは」というご意見には大いに賛成です。

ホークスといいライオンズといい、親会社の体たらくが何よりの問題であることは明らかです。

また、バファローズも合併の直接の引き金となったのは「赤字の子会社があると鉄道の運賃値上げができない」ということだそうです(小林球団社長談・日経ビジネスより)。

それを考えますと、親会社の意向に球団が振り回されていることに、そもそもの問題の根本がありそうな気がします。

したがって、1企業の完全子会社になるよりは、複数の企業に株を所有してもらい、リスク分散を図るのがこれからは賢明な方法になるように思います。

また、その際にはできれば地元の企業に率先して株を所有してもらうべきでしょう。球団があることで恩恵を受ける地元企業なら、簡単に球団を減らしたり潰したりできるとは思えませんからね。



話は変わりますが、「松竹芸能」では「海原はるか・かなた」という秘密兵器もお気に入りです。

あまり関東では出ないコンビですが、1:9分けにしたはるかの髪の毛をかなたが吹き飛ばす「一髪芸」は何度見ても笑えます(笑)
スーパーサウスポーあさちゃん。さん (ルパート・ジョーンズ)
2004-11-07 12:44:38
どうやら連中は全く諦めていなかったようです。しかも、9月までのファンや選手会の反対で相手も学習していることでしょうから、これからもっと狡猾な形で球団減らしの動きが出てくることが予想できます。

それにしても、200億という価格の根拠はどこにあるのでしょうね?西武鉄道株のことがあるだけに、どうしても正当な価格とは思えません。
まりんさん (ルパート・ジョーンズ)
2004-11-07 13:20:43
残念ながら、コクドは既存球団への株式売却も考えていると思わざるを得ません。むしろ、ロッテとの合併については十分可能性があると見るべきでしょう。

細かく書けば長くなりますが、要は西武ドームや西武園の資産価値が落ちなければいい西武側と、千葉マリンにこだわりがあるとは思えないロッテ側とでは、利害が一致する可能性があるからです。

こんなことは自分で書いていても憂鬱になるだけですし、できることなら思い切り外れてほしい予想なのですが…



関係ありませんが、マリスタの近くってプリンスホテルがあったんですね。

2004年を絶対忘れない・球界再編抵抗記」カテゴリの最新記事