にわか日ハムファンのブログ記念館

2004年8月から2014年6月にかけて更新してきた当ブログを静態保存しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペナント予想をしてみますた(パ・リーグ編)

2005-03-24 11:34:20 | その名はパシフィック
 開幕前のお楽しみといえばペナント予想、ペナント予想といえば開幕前のお楽しみです。当ブログが応援している『きょうろぐ(今日から野球ファンになった人のためのブログ)」でも「ペナントレース大予想大会』が開催中ということですので、私も参加してみることにしました。今回はパ・リーグ編です。

 さて、今年はウミウシがオープン戦で首位を確定させた一方、我がファイターズはパ6球団中最下位の憂き目を見ております。ちなみに、パ球団の順位はウミウシ-西武-千葉ロッテ-福岡ソフトバンク-東北楽天-北海道日本ハムとなっています。
 ですが、オープン戦の成績があてにならないのは阪神ファンなら痛いほど理解しているよくある話ですし、そもそもセのチームとの対戦が多いオープン戦の成績をそのままシーズンに当てはめて考えることはできません。
 そこで、当ブログではオープン戦の成績のうち、パの球団同士による対戦の勝敗表を見ることにしました。

TeamsLionsHawksFightersMarinesPseudo-Buffaloes
Eagles勝率
順位
Lions○○×○○××432.5712
Hawks××221.5004
Fighters××○○321.6001
Marines○×××○○431.5712
Pseudo-Buffaloes○××222.5004
Eagles×○○××××251.2856

※ …は対戦なしを表します。

 試合数が少ないのでこの表を鵜呑みにするのは危険ですが、こうして見るとオープン戦好調といわれたウミウシと、あまり勝てなかったはずのファイターズとの差が意外と少ないことはお分かりいただけるでしょう。そして、健闘したといわれる東北楽天ですが……かなり問題がありそうです(^^;)
 こうしてみますと、確かにオープン戦でのウミウシの勢いや東北楽天の健闘ぶりは注目されるものの、これをそのままシーズンに当てはめて考えることはできないようです。逆にファイターズの場合、オープン戦の成績が悪いといっても、さほど心配することもなさそうです。

 前置きがすっかり長くなってしまいました。そろそろ予想の発表に移りたいと思います。

1位:福岡ソフトバンクホークス

 強いです。どう考えても強いです。井口選手の穴やバティスタ選手の不調、開幕直前に来ての松中・斉藤両選手の故障など、課題は結構ありますが、小久保選手抜きで日本一になった実績のあるチームなだけに、彼らの穴を埋める新たな戦力がまた登場すると予想されます。
 しかも福岡であれだけの応援を受けているチームです。「地震で被災した方々のためにも」というモティベーションが加わると、他のチームにとっては手がつけられなくなるかも知れません。

2位:北海道日本ハムファイターズ

 あえて強気の予想をしてみました。細かいことを考えればキリがありませんが、
SHINJOが2位だといったら2位なんです。
 あとは「明日も勝つ!」の呪いがなくなっていることを祈るばかりです(-人-)

3位:西武ライオンズ

 涌井投手の入団を除けば大幅な戦力補強はありませんでしたが、シーズンの戦い方を知っているチームなだけにプレーオフ進出を逃すとは考えにくいところです。
 ただ今年は間違いなくグランド外の騒動に悩まされるでしょうし、現場が平静を保てるかが課題となりそうです。中でも西武生え抜きの伊東監督やメジャー移籍のかかる松坂投手には動揺が出る可能性が比較的強く、そこから下降線をたどるというシナリオも否定できません。

4位:千葉ロッテマリーンズ

 プレーオフ争いに絡むのが確実な4チームのうち、消去法で残ったのがマリーンズです。
 マリーンズはプレーオフに進出しても全くおかしくはありません。ただ、攻撃面がまだ気になるのと、今年はウミウシと東北楽天が開幕直後から猛ダッシュを仕掛けてくることが予想され、春先の不調が去年よりも長引く恐れがあるだけに、Aクラス予想は見送りました。

5位:東北楽天ゴールデンイーグルス

 戦力的にはウミウシのほうが上回っていると私も思います。ただ、6位のところで詳しく述べますように、不調になった時にどちらが粘れるかという点では東北楽天に軍配が上がりそうな気がします。
 ちなみに今シーズン東北楽天が100敗するかどうかですが、1勝3敗のペースで進んでやっと102敗になりますし、おそらく現実にはあり得ないのではというのが私の予想です。

6位:オリックス・バファローズ

 開幕直後はそこそこ健闘するでしょう。上位に進出しても不思議ではありません。ですが、長く低迷しているチームは調子が落ちてきた時に踏ん張れずに転落していくものです。暗黒時代の阪神がいい例です
 それだけに、全くの新チームである東北楽天よりも、去年までの連続最下位を引きずるオリックスの方が落ち出したら早いように考えられます。
 なお、これは当然ながら塩T込みの予想です。

 セ・リーグ編は近日公開します。

※ イラストはずたたんさんのフリーイラストからお借りしました。

コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 春の特番!?「あの人からの... | トップ | ファイティー「卒業」!? »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うぅむ、ほとんど同じ (ざわ)
2005-03-24 12:39:58
ですので、突っ込みようがないです^^;

私は2位と3位が逆転します。



わかりやすいツッコミ箇所はあえて無視ということで^^;
きっとたぶん。 (おおまちまるか)
2005-03-24 17:04:43
 Aクラス3球団とBクラス3球団に分かれちゃうような予想が多いような気がします。

 こちらもきょうろぐさんの「順位予想しよう」に参加しまして、似たような順位予想になりました、ほんと上位3球団の並びが違うくらいです。



 きっとプレーオフで順位が変わると信じています。

 自分の予想、はずれろー。

 きっとたぶん外れますが(苦笑)
そうですね~ (risa-ferunandesu)
2005-03-24 20:22:10
塩Tシーズン途中のトレードとか、ウルトラCな仰木マジックがあればわからないかも(^^;)。

ただ、今のハイテンションがいつまで続くかが問題ですね・・・。

私は五位にしたんですがロッテには期待を大きく裏切って欲しいですね。



ざわ先輩 (ルパート・ジョーンズ)
2005-03-24 23:03:38
実際のところ、パに関しては大抵の方が同じような順位予想をするのではと思います。思い切った予想に打って出るだけの材料もありませんからね。



ツッコミ箇所についてですが、特に訂正の予定はありません(^^;)
おおまちまるかさん (ルパート・ジョーンズ)
2005-03-24 23:15:32
Aクラス3チームに絡んでくるとすれば千葉ロッテでしょうね。ただ、後は完全に分かれることになるでしょうね。

問題はプレーオフですが、私もここで一波乱あるのではないかという気がしています。

というより、波乱でも何でもいいので、ここでファイターズが勝ち進んでくれさえすればいいのですが(笑)
リサ・フェルナンデスさん (ルパート・ジョーンズ)
2005-03-24 23:47:09
>塩Tシーズン途中のトレード



お願いですからそれだけはご勘弁(泣



それはさておき、仰木マジックはこれまでのところ機能しているようですが、おっしゃるようにいつまで続くのかが気になるところです。

今はいいですが、この先苦しい局面になった場合に、選手がついて行くかどうかは正直なところ私も疑問に感じています。
間違えたかな? (behoimi)
2005-03-25 01:19:02
パ・リーグ同士のオープン戦の結果、見逃してました。自分の予想が恥ずかしいです。

>塩T込み

延べ3球団目でも実力?が出るのか、見守りたいです。二度ある事は…なのかなぁ。
behoimiさん (ルパート・ジョーンズ)
2005-03-25 09:04:59
予想を発表する前に能書きを並べてみましたが、結局のところ予想自体はほとんどカンです。多分当たらないんじゃないかなぁと(^^;)

ただ、後から結果論でいろいろいうよりは、外れてもいいから予想を立ててみる方がいいような気はしますね。



>二度ある事は…



まずは開幕戦11連敗の記録が続くかどうかに注目です(^^;)
こんちわ^^ (やなっち)
2005-03-25 09:36:09
わぁ~

パリーグの予測順位、5位と6位以外は私と同じだ^^





>塩T込み

今年のペナントレースの裏注目点(笑)

もしトレードになれば、マジックではなくイリュージョンの世界…かもしれない

お願いだから日ハムには(以下略)





予測って競馬同様に当てるのが難しい…

でも、毎年予測をするのって楽しいなぁって^^

やなっちさん (ルパート・ジョーンズ)
2005-03-25 13:43:38
>トレードになれば、マジックではなく



トレード先の球団にとっては悪夢になるかも知れませんね(^^;)

おそらく日ハムは内野手需要がそんなにないので大丈夫でしょうし、呪いが分かっていて獲る球団もそうないかも知れませんが、某H神O田監督が呼び戻したりしないかと思うと不安です……

その名はパシフィック」カテゴリの最新記事