ウタタ寝

“音楽的日記”気ままに書き綴ってます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またまた愚痴です。

2010年11月02日 | 携帯より
ストレスフルです。
食欲が落ちてくれれば良いのですが
逆にドカ食いです。


今日、学生の先生がきました。
中間報告を受けに。


金曜日にサブのバイザーと評価つけ。
どうしても“可”さえ付けられない項目がある。
(評価は優・良・可・不可の4段階)

それも5項目くらい



うちの科長は“学生の人生をバイザーが決める権利があるのか”と、不可をつけることを許さなかったんだけど、
それを承知で「何度指導しても改善が見られない点で可を付けられない」と報告。


怒られると思ってかなりビビりながら

そしたら、「ちゃんと具体例を挙げて、先生に説明できるなら不可で良いよ。」と。


私の心の声は「どうした科長~!」とカナリ驚き。。



で、今まで注意してきた事を紙に羅列です。




そんな状態で迎えた今日。


先に学生と先生で話してもらったんだけど、
その間に科長から「学生の態度が変わらないなら途中で終了にする意志があることを先生に伝えていいよ」と言われた。

てっきり科長にも粗相があるのかと思って聞いたら
「俺の見学の時は特に気にならないけど、逆に言うと人で態度を変えてるってことだよね?」と。

この時ばかりは科長が天使に見えた


話が終わって出てきて晴れやかな学生の顔

入れ替わりで私たちと先生で話。

私の「学生から何か報告ありましたか?」の問いに
「いろいろ学ばせてもらってるみたいで特に困ってることはないと言ってました。」と先生



先生なんと
悩みがない


理解不能でした

私たちが長い時間かけて言ってきたことは学生に響いてなかったってこと〓〓

一気に悲しくなった



そこからはもぅノンストップで動く私の口。。


フィードバック中のペン回しから始まり
レポートの考えが足りない部分を指摘したらその項目事態を抜いたこと
その他、些細なことを諸々と伝えた。



先生から「実習生以前の問題ですね。。」と。


「本人から先生に直接話してると思いましたと言うか、それだけ問題意識をもてて貰えてないってことですよね。」と私たち。


しばらく沈黙を置いて「どうしましょうか」と振ってみた。

このまま連れて帰ってもらっても一向に構わなかったんだけど

「私の方から再度きつく指導をして…もう一度1週間後くらいに連絡を入れさせていただいても構わないでしょうか。」と。


甘いなぁ~先生は…と思いつつもう1週間預かることになりました



実際、見学に付かないでほしいとクレームを出してるスタッフが少なくとも3人いる。


非常事態だよね~


学生に言葉遣いを注意したら「自分ではそれのどこが悪いかが本当にわからない。全部、教えてほしい」とも言ってくる。


イヤイヤイヤ
それは一般常識のレベルだよ~
30才にもなって注意受けるべきとこじゃないよ~

挙句。
「自分(学生)と○○さん(私)考え方が違うからこうなっちゃうんですか」とな。


笑っちゃうよ

学生の1コ先輩がスタッフにいるんだけど、その人に
「○○さん(私)と合わない」とか
「ココは落とされない実習なんですよね」とか言ってるみたい。


自分に非が無いって思えちゃうくらいの自信ってなに


悲しくなった1日でした。


たぶんあと1週間で終わるでしょう。
科長に泣きついてみます。
「私と合わないって言われた
自分は間違ってないって思ってるみたい…と。

で、最後に科長からガツっとシメテもらおうと思います。


あんな根性で社会に出てほしくないし
理学療法士を名乗ってほしくない


学生の人生を決める権利はないかもしれないけど
未来の患者様を守る権利は私にはあるはず。


未来の患者様のためにいろいろ口酸っぱく言ってるんだよ。。
患者様はセラピストを選べないんだから。。



うちの病院が落ちても次の病院が甘いとこだったらそれらの事も許されて
「やっぱりあのバイザー(私)がうるさかっただけ」とか
思われちゃうんだろうな~


あ~悔しい
ホント悔しい

私のこのストレスと学生に費やした貴重な時間を返せ~~




先週末は先週末で10月は患者様の不幸事が多くて凹んでたのに。
もぅクタクタだわ


ってなわけで、終電で実家に帰ってます
ワンコに癒されないとアタシ、潰れる。
母に申し訳ないと思いつつちょっと遠い駅まで犬同伴で迎えに来てもらいます。

はぁ帰る場所がある私は幸せだよ。
グチを聞いてくれる友達や先輩・後輩がいて幸せだよ。



頑張りまーす
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 愚痴です。 | トップ | ご報告 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ためち)
2010-11-02 09:50:41
パピちゃんに少しは癒されたかな?
内情に詳しくない私が聴いても、そりゃ~基本的にイカンぜよデス。

人様の命を預かる現場なのにね・・

ハルちゃんの想いが、少しでも伝わるとよいのだけど

月末?逢える時には、ストレス解消されて元気なハルちゃんでありますよう
思いが伝わらんのは辛いなぁ (じゅんじゅん)
2010-11-02 14:29:11
一生懸命すれば、するほど・・・・辛いし悔しいね。
でも、ハルちゃんにも、お勉強になったはずだと思うよ。そう思わんとやってられへんやん。

学生さんもある日気づく日が来ることがあることを祈りたいです。
しかし、30になってわからんか・・・
その人を思いやる、人の気持ちを想像できないっていうのが医療者としての致命傷だと思うな。

京都へは京都駅着ですか??
楽しみにしてます。
ためちが癒してくれるって・・・
私もね。何よりも直太郎さんがね・・・
はぁ~ (もっちゃん)
2010-11-03 22:45:07
ため息でちゃうね、、こりゃ。
上手にすり抜けて来ちゃったんだ。。人生。。。
やり直すべきだね(ρ_;)
ハルはその手助けしてあげたんだよっ!!
未来のために☆
あと1週間。
なんか変わるといいね?!
そしたら、これで良かったって思えるもんね!
頑張れっ!d(@^∇゜)/ファイトッ♪
なんだかなぁ~ (あきこ)
2010-11-30 23:01:52
今の学生さん達、
どの職に就くかを考える前に
一般常識の実地試験を設けて
それに 合格した人から蹴活して
欲しいなぁ~

コメントを投稿

携帯より」カテゴリの最新記事