天と地の間

クライミングに関する記録です。

今年3度目の八面無線塔エリア

2018年11月18日 | ボルダー

先月、八面ボルダー無線塔エリアの「一撃必殺」初段の離陸ができたので、少しでも前進させようと、今日も
また、無線塔エリアに来た。
すでに多くの車が止まっている。みんな無線塔エリアに行っている。


止めるスペースのないほどの車。

メインボルダーの手前にあるスラブでひっそりと、アップをした後、メインへ行くと今日も知らない若者ばか
り大勢いる。やはり引いてしまう。いや、向こうが引くかもしれない。
例えて言うならば、一人でビアガーデンに行って飲むような雰囲気」といえば分かるだろうか。無論、そんな
ことをしたことはないが。一人でボルダーするにはこの核心を越えなければならない。
昔はこんな事を考えたことはないがいつ頃からだろうか。
いい年こいて、一人でボルダーするには避けて通れないことだと思うしかない。


超人気の課題。「ノーズ」2級。次から次へと取りついている。


「一撃必殺」両手があまく、離陸が難しい。

さて、本題に移ろう。正面のノーズは相変わらずの賑わいだ。目当ての課題に行くと一人取りついている。お
邪魔させてもらい、取りつくが離陸が出来ない。何度か目にやっとできたが右手が出ない。ポケットがはるか
遠くに思える。それもしつこくやっているうちにどうにか触るまでになった。しかし、保持するには程遠い。
一方、同じ課題をやっていた若者は昼前に落として、他の課題に移動した。これからは一人。ムーブも見れな
い。自分のやり方でやるしかない。
逆転の発想で気にしていた左足を気にしないようにしたら、遠かったポケットに止まった。その後がわからず、
思い切ってガバに飛びつこうかと思ったが怖くて手が出せずフォール。そんなことが2度続いた。

指を休めようと、車の戻って昼食をとった後、休んでいると雲行きが怪しくなってきた。予報では夕方より雨と
なっていたが早まりそうだ。ゆっくりもしてられないと、30分ほどで戻り、再び取りつくと、離陸で失敗。重く
なったか。食べ過ぎたかと、10分ほど置いて集中して取りついたら、ポケットが取れた。今度は無理はすまいと、
焦らず冷静に左手を添えたら上手くかかった。思い切って右手を飛ばすとガバが取れた。
それでもう終わりかと思ったら、それからが意外に悪い。ガバから先は確認していない。スポッターは誰もいな
い。怖い。それ以上にここまで来て落ちたくはない。慎重に足を確認しながらスローバーをつないでいくと頂点
に届いた。

今回は思っていたよりも少ない便数で落とすことができた。幸いだったことは2回あるデッドが右手だったことだ。
左手が一回でもあったならばやめていただろう。
反省点は上部がわからない状況でかつ、スポッターもいない状況で登ったこと。今日は20人を超える人が来てい
たが私は一人。無理はしないようにせねば。


コメント   この記事についてブログを書く
« 小積谷偵察 | トップ | 年末は大山へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ボルダー」カテゴリの最新記事