夢追い人の「つぶやきブログ」

LOVE & PEACE

非暴力の闘争

挑戦

2010年02月17日 | 人生
成功、失敗を少しも意に介せず、ただつづけて行くこと 決心すること! キャサリン・マンスフィールド (マンスフィールドの日記と感想) 困難な条件におかれていればいるほど、我々の強みを生かすことができ、自己を鍛えることができる。 われわれは安穏な地区で発展してゆこうとは思わない。 なぜなら、安穏な地区は、だれでも来たがるし、だれでも生存できるからである。 われわれは主として困難な地区へ発 . . . 本文を読む
コメント

克服すべきは「核兵器を容認する思想」

2010年02月14日 | 偉大なるメッセージより
「未来はどうなるか」といった傍観者的な立場ではなく、「今どう行動すべきか」との当事者意識を持って危機の克服を目指し、自らのなすべき役割を定め、時代変革に積極的にかかわっていく―――いわば、自発能動の貢献的な生き方を良い意味で競い合い、時代精神へと高めていくことが肝要でありましょう。 池田大作  . . . 本文を読む
コメント

哲学的逡巡

2010年02月13日 | 偉大なるメッセージより
わたしは歴史の絶対的な予定説を信じない。私は逆に、あらゆる生、したがって歴史的生は、純粋な刹那によって構成されているものであり、その一瞬一瞬はそれに先行する一瞬に対して相対的に未確定であるために、現実はその一瞬において逡巡し、一カ所で足踏みし、多くの可能性の中のどれに決めるべきかに迷うものであると信じている。この哲学的逡巡こそが、あらゆる生的なものに、あのまごう方なき不安と戦慄を与えているのである . . . 本文を読む
コメント

善の道

2010年02月12日 | 偉大なるメッセージより
学問に王道がないように、「善』の道にも王道はない。現実に身を置き、あえて苦難に挑戦しながら、不断の精神闘争の溶鉱炉の中で、徹底して己を鍛え上げていくしかない。そこに「善』を成就させゆく直道が開けゆく。マルセルの言うように、「状況の特殊性と法の普遍性との間には常に必ず緊張が存在している」「この緊張そのものこそ、価値の原動力」(マルセル著作集(6))だからであります。「不断の精神闘争の溶鉱炉」と「緊張 . . . 本文を読む
コメント

Here, Now

2010年02月10日 | 偉大なるメッセージより
「ヒア・ナウ(今ここ)だけが本当の現実なんだ」 「このヒア・ナウだけに熱心ならいい。老い込んだ気持ちでいるなら若くても年寄りだよ」 加島祥造(日本経済新聞平成21年10月29日夕刊) 「私の永遠は、今、この瞬間なんだ。興味があるのはただ一つ、今自分がいる場所で目的を遂げること」 アインシュタイン(アインシュタイン、神を語る) 「仏典には『已(い)とは過去なり来とは未来なり已来の言の中に現在 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)