類別克服法

身体均整法の類別克服法についての解説

【耳の矛盾克服法】1 矛盾を克服する基礎

2013年12月07日 14時21分32秒 | 耳・鼻の矛盾克復法

【耳の矛盾克服法】1 矛盾を克服する基礎

イ 脊髄神経の基礎HOU操法

A 耳の機能を鼓舞する場合には、第一、二頸髄神経を鼓舞します。操作は、第一、二頸椎骨の下関節突起の外縁部を上内方に刺激します。

B 耳の機能を抑制する場合には、第四頸髄神経、第一、三胸髄神経を鼓舞します。操作は、第四神経を頸椎骨、第一、三胸椎骨の下関節突起の外縁部を上内方に刺激します。

C 耳の器質を鼓舞する場合には、第七頸髄神経を鼓舞します。操作は、第七頸椎骨の下関節突起の外縁部を上内方に刺激します。

D 耳の器質を抑制する場合には、上頸並びに星芒交感神経節、第五胸髄神経を鼓舞します。操作は、上頸交感神経節は、DA代参第三、第四頸椎骨の横突起の間を側方より締めつけて、上方に向かって師刺激します。星芒交感神経節は、第一、二胸椎骨の横突起間、第一胸椎骨の肋間結節下縁に向かって側方より締めつけて刺激します。第五胸髄神経は第五胸椎骨肋間下関節突起外縁部を上内方に刺激します。

ロ 経絡の基礎操法

A 耳の機能及び器質を鼓舞する場合には、大腸腺を抑制刺激し、膀胱、腎腺を鼓舞刺激します。

B 耳の機能及び器質を抑制する場合には、胃腺を鼓舞刺激、膀胱腺を抑制刺激します。

 

 


最新の画像もっと見る

コメントを投稿