穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




「ミラクルリープ」までは更新しようと思い早数ヶ月。いよいよ公開日が迫ってきたので、まとめ的に「考えはしたけど今一つ何も得られなかった」ネタを並べてみる。

【マザーの正体】


(「HUGっと!プリキュア」20話より)

プリハートやらミライパッドさんやらから出てくる謎の女性。正体は不明。

この手の話は考察してもほとんど益がないように思う。ヒントがなさすぎるので何でもかんでも言ったもの勝ちになるし、正体が分かったところでそこから話が膨らまない。
「未来で神化した野乃はなだ」とか「世界の母である」とか、まぁどうとでも言えますが、否定も肯定もできないまま「だから何だ」で終わってしまう。「ハートキャッチ」のオーケストラさんのように、「良く分からない何か」で良いと思う。

【トラウムの人生】

トラウム初登場回で「30歳を過ぎた大人に仲間なんていない」と述べています。なんで「30歳」なんだろう?
おそらくは「大人=社会人」の連想から、「20歳では早すぎる」「25歳では語呂が悪い」ので「30歳」。それだけのことでしょう。

が、無理にこじつけを図ってみよう。

トラウムの年齢は60代~70代のように見えます。
仮に2043年に70歳ごろだったとしよう。そのトラウムが30歳なのは2004年。初代プリキュアの放送開始年です。何かを妄想できるんじゃないかしら。

【ずぶ濡れのジョージ】

ジョージは傘が嫌いだそうです。野乃さん曰く「空が見えなくなるから?」。
これに彼は明確な返答をしておらず、虚を突かれたような微妙な反応だけ見せています。

一般的なイメージとして「空」は自由や広がりや夢を意味するかと思います。「空が見えなくなるから嫌」=「自由がないのは嫌」は、彼の目指す時間停止とだいぶ違う。

これは「別れ際の挨拶が「またね」なのは、未来を信じているからだ」と同様の、彼の本心の現れなのか。
あるいは「そもそも雨が降ってるのだから、空は見えない」=「空が覆い隠されるような状況を見るのが嫌」=「希望が失われるのを見たくない」の意味だろうか。

【全人類プリキュア化】

最終回にて人類みなプリキュアになっています。ですがこれは色々と面倒な問題をはらんでいる。

あの瞬間に、脳死状態や今まさに死亡しようとしていた人、胎児もいたはずです。その人たちはプリキュアになったのだろうか。
この現象を突き詰めると「人の生死の境」の問題にぶち当たってしまいます。怖い。

またちょうど偶然、開腹手術中だったり、トイレで下痢に苦しんでいたり、泥酔して爆睡していたような人たちもいたはず。どうなったんだろう?
これも真面目に私たちの私生活に絡んでいきます。たとえば「地震が起きた。津波が来る。全力で今すぐに逃げろ」のような状況で、たまたまシャンプーつけて髪を洗ってる最中だったりする可能性もあります。果たしてその時に、どれだけ機敏に外に飛び出せるんだろうか。似た観点として、「虫歯の治療に行かなきゃ。でも面倒くさいなぁ」と先延ばしにしていたらコロナ騒動が発生、治療に行けなくなったとかも。
常在戦場は無理としても、イレギュラーへの覚悟は常に頭の片隅に置いておかないと、いざが起きた時に動けない。今この瞬間に人類総プリキュア化に巻き込まれ変身してしまっても、ちゃんと即座に戦いに赴ける心構えでいたい。

【エリカとの出会い】

漫画版書き下ろしによれば、野乃さんは小学3年生の頃「超イケてるオトナのおねぇさん」に出会い、強い憧れを抱きます。
ここからハグプリの物語が始まったともいえる、極めて重要な人物ですが、野乃さんによれば、

・仕事はオシャレなデザイナーさん、とかかも
・近所でときどきみかけた
・名前はエリカっていってたかな

「エリカ」さんと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、言うまでもなく「来海えりか」さんです。カタカナとひらがな表記とで相違はありますが、野乃さんの記憶はかなり曖昧だったと描写されているので大きな問題ではなし。

では彼女は来海さんなんだろうか?
確かに来海さんは「イケてるおねぇさん」だ。彼女は齢14歳にしてパリのファッションショーに出展する力の持ち主です。親や姉の威光を否定はできないにしても、パリに下宿して製作したのは事実。その他、部活動やら何やら、アレな性格が目立ちはするものの、彼女はかなり「イケている」。そのアレな性格も、大人になるとむしろ格好良いのでは。

ではもし本当に「来海えりか」さんご本人だったとすると、時代設定が気になります。
ハグプリ本編を2018年とすると野乃さんが小3なのは2013年。エリカさんの年齢ははっきりしませんが、適当に20代前半としましょう。2013年に20代前半なら、ハートキャッチ本編は2004年付近です。初代プリキュアの放送開始年だ。
それならば下記が自然に思えます。

・初代~アラモードまでは2004年の物語。ハグプリ以降は2018年の物語
・21話で黒白先輩が現れたのは、瞬間移動ではなくタイムトラベルだった。他、彼女らが出会う話では時間移動が絡んでいる
・36話で魔法つかい・アラモードが大人なのは2018年時点では28歳だから。この2チームだけ同時代からやってきたのは、トラウムがマホウ界等を襲撃していたから

私のこれまでの仮説とは異なりますが、これはこれで妄想のし甲斐がありそうです。先ほどの「トラウム30歳」とも絡めて、何かは作れそうな気がする。

●他、参考:えみルー考察記事一覧

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 「オシマイダー療法」... 「はぐたんの見た世界、他」... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。