コメント
 
 
 
花咲さんは男子に粉をまきすぎ!この悪女めがッ! (ミルク苺)
2010-08-29 14:16:28
こんにちは。
残暑厳しきおり、いかがお過ごしでしょうか?

>>完全なるハッピーエンドにはならないけれど、陽光の下の少年の背は輝いてる。

そう、もういちど京都からやり直すのならまだしも。
いまさら箱根の坂だけ登り切ったとて、なんになるんだと。
そんなヤボなツッコミをいれたくなる人もいるとは思いますが…
いや、本人だってそんなコトは百も承知なんでしょうケド。
けれども、とにかく残り少ない夏休みをつかって、自分で自分に課した宿題をやりとげようと。
そんな少年のけなげな心意気。
そんな「陽光の下の少年の背」は、たしかに眩しいくらいに輝いていると思います。ちょっとうらやましいくらいに。

>>夏の終わりらしい、ちょっとしんみりするお話。

ホントですね。
なんか地味に好きなおはなしでした。
少年には、これから一年、地味に毎日トレーニングを積んでもらって。
そして、来年こそ、正真正銘、胸を張って、京都から東京まで自転車だけで完走しましたと。
そうなってほしいと願わずにはいられない気持ちになりました。

>>私も先日、西武線スタンプラリーの徒歩完走に失敗しました。

Rubyさんも、来年こそは!

>>だから私も頑張ろう。

ぜひぜひ頑張ってくださいませませ。


では、お元気で。さようなら。
 
 
 
花咲さんに悪意はないのだと…信じたい (RubyGillis)
2010-09-05 04:22:29
>ミルク苺さん
こんばんはー。

厳密には京都からやり直したとしても、「二度目」ということでノウハウがあるので挽回にはならないのですが、そこはやっぱり気持ちの問題ですね。
このまま黙っていたままだったら、一生に残るわだかまりとなっただろうだけに、少年の行動は応援したいです。
手放しで賛美できるものではないのだとしても。

…私の方ですが、最終日までにはセカンドステージに挑戦してみようかと。
勝算は薄いですけれど…。頑張ります。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。