台湾の情報ならお任せ RTIブログ

台湾の情報満載!RTIのホームページでは見られない情報をご紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

金煌マンゴーの父

2011年07月13日 19時03分22秒 | 台湾日記

 台湾のマンゴーと言えば、台南の愛文が高級品種として知られていますが、おそらく台湾庶民に最も親しまれている品種の一つは、高雄の金煌マンゴーではないでしょうか。
 金煌は、今からさかのぼること45年も前、まだ台湾の農業が発展途上にあった時期に、黄金煌さん(上の写真)が独自に研究を重ねて生み出したブランドです。

 赤く熟す小ぶりの愛文と異なり、黄色く熟すおおぶりの実と甘酸っぱいジューシーな味が特徴です。
 それまで地域で消費される夏の果物に過ぎなかったマンゴーの競争力を高めようと、黄金煌さんが自ら外国品種の様々なかけあわせなどを繰り返し、1966年に完成させました。
 最近でこそ、政府主導の品種改良などで、愛文など様々なブランドが登場していますが、45年前の金煌ブランドの完成は、それは画期的なことでした。
 今では、高雄のマンゴー市場の65%を金煌ブランドが占めています。

 すでに80歳の高齢となった黄金煌さんですが、「金煌マンゴーの父」としての威光は健在。第一線は退いていますが、熱心に後進の指導に当たっています。
 金煌さんいわく、金煌マンゴーは完熟を待たずに食べる方がオススメなんだとか。
 皆さま、機会があったらぜひ、高雄から生まれた台湾の金煌マンゴーをお試しください!(華)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「Taiwan eBook」を今すぐダ... | トップ | 王菲と孫燕姿両方の美声を持... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

台湾日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事