REAL LIFE
現在実生活が忙しくゆっくり更新のみ実施中です。リンク先の皆様、コメント&TB下さる皆様本当にすみません
 



まさかこのような漫画を連載していたとは、びっくりしました。でも嬉しいですね。 著者の過去作品で、ちょいちょい子供の頃の話はありましたが、その頃の著者の全般的なエピソードを順に追いかけたお話は無かったので、これはこれで、なかなか楽しめます。 誰しも子供の頃はおかしな事をやったりする事もありますし、相手の気持ちも考えず、いじめたり、またはいじめられたり、または心に響いてくる話もいくつかあるのですが . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いわゆる霊能者さんに色々な疑問をぶつけてみたという漫画です。 月刊「ほん怖」で「オカルト万華鏡」を連載していた方なので、その時のスタンスのまま、分からない事を色々と聞いています。 登場するのは5名ほどの方ですが、どちらの方も凄い方々で、どうやってそんな能力に目覚めた~現在の形になったのだろう?と普通に皆さんが感じると思われる事を聞いて漫画にしていますので、おおよそは、なるほどなあと思える内容に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




現役のイタコさん(松田広子さん)の協力を得て、彼女がイタコになるまでの話を含め、著者を含むいくつかのエピソードを漫画化したお話で構成した内容です。 イタコさんてお年寄りの方がやっているイメージありますけど、後を継いでいる方もいらっしゃって若い方もいるんですね。まあ、当然と言えば当然だとは思いますが。。。 あとは純粋に「?」マークがつく部分多いですよね、イタコさんって。 「どういう事なの?」と . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「ゆうたん」の続編か?と思ったのですが、そんなに間があいてなかったので、そういった意味では、ちょっと不思議に思いつつ読んでみました。 すると、有名人である北野誠さんや山口敏太郎さん、島田秀平さんも出て来るので、そういう部分でも「おー!」と思いましたが、 ○過去の心霊ロケ等の話や(北野誠のおまえら行くな!のパラノーマルマンション滞在記の参加話) ○それなりの話数を描く事になった歴史上の人物に関係 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これは、心霊体験をした人達が漫画の舞台になっているBARで、その体験談を語るという形式で描かれています。 一つ一つの話はそんなに長くはないものの、収録話数がそれなりに多いのと、話自体もまとまっているので、読みやすい一冊だと思います。 BARのマスターが話の内容にあわせてカクテルを出して話が終了するのですが、そういったパターンという意味でも、よく考えてるなあと思いました。 心霊相談 今 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




心霊関係の漫画ということで、以前より作者の本はいくつか読んできましたが、今回のは実際に現場に取材に行き、その体験等を描いた内容になってます。 北海道から沖縄まで、範囲もなかなか広くて、これだけでも結構な移動をしているなあと思います。 そういったスポットを取材したものから、霊能者が実際に相談者の処置を施す現場に立ち会った話や、少し面白おかしい「あれ?」と思える話など、収録されているお話はバラエテ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「視えるんです」のノリで神社仏閣などのパワースポットを巡る内容で、これはかなり興味深い作品だなあと思えます。 散歩のメンバーは見える著者、伝説などを色々と事前調査している編集者で、著者の見えたものを過去の本や伝説などから裏づけをするようにバックアップしてくれています。 かなり有名な場所を巡っていますので、それらの場所をご存知の方じゃなくても読むと驚きがあること受け合いですよ。パワースポットと呼 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久々に出たなと思ったら、一冊まるまる岩手県の遠野市の話です。 こちらは妖怪の話が多いとか、遠野物語の地だとか、色々あると思いますが、お盆の時期などに出向いて取材したようで、普段とまた違うものも見えたみたいです。 今までは一つ一つのネタをいくつも束ねたものを一冊の本にしてきたので、色々と濃い話を読めた充実感みたいなものがありましたが、今回は遠野一本なので、若干弱い?話でも作品として掲載されている . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




著者の永久保さんは心霊現象について、能力のある人に話を聞いて、なるべく一般人に理解できるように話を噛み砕いて作品化してくれてますが、今回の作品もそういった形のものになるかと思います。 話をしてくれるのは霊能力全開の僧侶・秋月慈童氏でして、秋月氏の子供の頃からのエピソードを順を追って漫画化しています。 お坊さんと一言に言っても、ただお経をあげるだけといっては失礼かもしれませんが、いわゆる霊を全く . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんと「オカルト万華鏡」で紹介されていたおまけコーナーが、一冊の本として独立しました。 一部内容が「オカルト万華鏡」収録のものと被ったものもありますが、初めて見るものも多かったので、これを手に入れてもがっかり感はほぼ無いと思います。 個人的には買って良かったと思いますので、これも好きな人にはおすすめできると思います。 誰も信じなくていい… でもボクたちは見た!!流水 りんこ朝日新聞 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この本は、このテが好きな人には本当におすすめできますね。 心霊だけでなくオカルト全般と言うか、占いとか不思議なものって色々ありますが、こちらではそれらについて、謎を解いていこうという攻めの姿勢で描かれています。 このテの本で活躍されている霊能者さんとか、読者に理解しやすいように語ってくれない事の方が多いんですよね。 勿論どうしても話し難いところはあるのでしょうけど、著者の流水さんは、その辺の . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




著者は「魔百合の恐怖報告シリーズ」を長年連載しているこのテの漫画の大御所じゃないかと私は思っております(笑)。 そちらの漫画をずっと読んできているというのもあるのですが、山本まゆりさんは、結構色々な心霊体験をしてきている方だと思います。 しかし、こちらでは、本の帯に「初心霊コミックエッセイ」とあるように、かなりゆるいと言うか、こっち系初心者向けの内容になっているように思いました。 このテのエ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まあ、著者の作品には安定感みたいなものを感じていたというのもあって、こちらも読んでみたのですが、こちらは一般読者の体験談を漫画化したものがメインでして、淡々としているというか、著者の言葉が無いので、ちょっと物足りなさを感じました。 まあ、これはこれで一つの作品ではありますけど、流水さんらしさは影を潜めているといった印象です。 それは、私が読んできた物が、「オカルト万華鏡」メインなので、なんで? . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先に斎さんの事を描いた漫画(一つ前の「強制除霊師・斎 /小林薫」の事)を読んでいたので、こちらを読んだ時、「お~、オカルト万華鏡の流水りんこ氏も、斎さんの漫画を」と思いましたよ。 流水りんこ氏の漫画って真面目な中にもオチがつくような描き方があって読んでいる側からすると、ほっとするんですよね。だからか、ドS霊能者の斎さんのネタでも、そういった感じの描かれ方があって、これはこれでなかなか気楽な気分で . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こちら、ぶんか社から発売されている漫画になりますが、作者は「ほんとにあった怖い話」でも「影御前」を連載をしていた方ですね。 最近、そのHONKOWAから続きの漫画が発売されないなあと思っていたら、違う雑誌でこちらを連載していた?とは知りませんでした。個人的には「影御前」の続きが読みたいなあって思うんですが(笑) こちらでは、斎(いつき)さんという霊能者さんの手がける話を漫画化したようですが、普 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ