REAL LIFE
現在実生活が忙しくゆっくり更新のみ実施中です。リンク先の皆様、コメント&TB下さる皆様本当にすみません
 



2010年4月からエコポイント対象大幅削減というのがあったので、わが家では昨年三月末に地デジ対応のテレビを購入したのですが、これで民放の衛星放送が見られるようになり、凄くわくわくしたわけです。 色々番組を調べていくうちに、あのベストヒットUSAを発見した時は特に嬉しかったですね。中学、高校の洋楽どっぷり時代には無くてはならない番組でしたから、おー!衛星放送で復活していたのか!と興奮してしまいまし . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




タイトルが長いのでここで書きますが正式には、 「Go Speed Racer Go - Theme Song From The Motion Picture Speed Racer / Ali Dee & The Deekompressors」 となります。 映画スピードレーサーのテーマソングという事で、エンディングに流れたあの曲を聞いて感動したから買ったわけですが、こちらに収録されているのはオ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まとめて紹介って感じですが、カーアクション映画として三作品作られたワイルドスピードシリーズのサントラを三つ買ってみました。勿論中古です(笑) それは、映画で流れる?ヒップホップ系音楽について、たまには理解を深めてみようと(基本的にはあまり聞かない)感じたからです。 基本的にこのテの映画で流れる曲はカッコイイものが多いはずと思い込んでいるせいもありますし、実際に劇中で耳に入ってきた音楽くらいのも . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2002年発売の映画「ブレイド2」のサントラです。 今回のサントラもノリの良さを追及したという感じですね。基本はスコアではないので、純粋に映画音楽を聴きたい人向けではないですが、劇中で使用されている曲も入っているので、それ目当ての人には良いですよね。 前作のサントラと基本路線は同じみたいですが、今回の方がより音作り等がテクノっぽくなっているのかな?個人的には前作より聴きやすかったし、同じヒップ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1999年発売の映画「ブレイド」のCD(スコアではない)です。 タイトルが長いのでまたもや省略したのですが、本当は「ブレイド / ミュージック・フロム・アンド・インスパイアド・バイ・ザ・モーション・ピクチャー」というらしいです(笑) 映画を観ているだけだと、ダンスフロアで使用されている曲などを筆頭にテクノ系なのかな?と思っていたのですが、ヒップホップ系がメイン?みたいです。個人的には冒頭の「血 . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




1999年発売のカリーナのデビューアルバムです。 彼女はスウェーデン出身だそうで、この時期の北欧はホント強いっすね。だけど彼女、ジャケ写真を見ていると白人ぽく見えない部分もあったので、なんとなく引っかかっていたのですが、なんとお母さんは日本人だそうで。つまり彼女、ハーフなんですね。知らなかった~。 さて、私は当時の彼女の曲とか全く知らずにジャケ買いをしたのですが、聴いてみたら、これが大当たりで . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1997年発売のデビューアルバムです。 アクアはノルウェー出身の4人組みたいですが、日本でもTVやCMで使われていたこともあり、知っている人も多いと思います。 私は当時よく通っていたレコード屋さんの店員さんにおすすめされて買ったのですが、これが大当たりでした!どの曲もはずれ無しの逸品ばかり!手元の本によると全米では、3曲目「バービーガール」が7位まで上がっていたようですが、シングルカットされて . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1999年発売のCDです。片仮名にすると「スキッゾフォニック/ジェリ・ハリウェル」となります。 彼女、あのスパイスガールズの元メンバーということで、これがソロデビューアルバムということですね。当時そんなことも知らず、当然のように店頭でジャケ買いをしたのですが、「おお!悪くないじゃん」といったのが第一印象でした。 1曲目の「ルック・アット・ミー」は、ホンダ・ステップワゴン(ステップバンか?)か何 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2001年にユニバーサルから発売されたCDで、これがデビュー盤です。 ボンドは、バイオリン、ビオラ、チェロを演奏する美女4人組でして、彼女らは、クラシックをしっかり学んだ方々であるそうですね。 こうくると、ボンドの音楽=クラシックそのものをイメージされるかもしれませんが、彼女らの音楽はそうではなく、ダンスポップ、テクノミュージックに弦楽器を乗せるというもので、一見不釣合いな印象があるかもしれま . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




1993年にイーストウエスト・ジャパンから発売されたCDです。 当時私はカーオーディオにお金をかけていました。サブウーファーをどっかんどっかん鳴らしたい(笑)そんな時にぴったりの音楽が、これでしたね~。 情報の無い私は、当時通っていたオーディオ屋さんで、これを聴いたのですが、ラップと低音のかっこよさに一発でしびれてしまいまして、これは買わなくては!と、速攻でCD屋さんに行き、購入となったわけで . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




1999年発売のCDです。 東芝EMIのコンピ・シリーズ発売5周年を記念してのベストなんだそうですね。当然、私はこれらの曲がいつ流行ったものかはよくは知りません(笑)中にはクイーンなど、古めのアーティストも収録されていますが。 ただ、収録曲を見ると、どれもどこかで聴いた事のある曲だと思うんですよ。曲名が分からなくても聴いてみれば「あ!これか!」となるはずです。事実、私がそうでしたから。 複数 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




1999年発売(英国では98年らしいですけど)のCDです。 ビリーというこの女性シンガーは、これがデビュー盤らしいのですけど、この時まだ16歳だったということで、それは驚いたものです。まあ、当然のようにこのアルバムも何も知らない状態で買ったのですが、1、2曲目は全英1位になったそうでして、これはいいかも♪と思ったんです。 鑑賞してみると、確かに曲の聴きやすさがあって、掴みとして、全英1位の曲を . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1998年に発売されたCDです。 まあ、このCDも例によってジャケ買いだったのですが、ダンス系だったので購入したわけです。 パラディシオと言うアーティストなんですが、この人はスペイン生まれのベルギー育ちなんだそうですね。だからか、歌にスペイン語が使われていたりします。 ヨーロッパのあちこちで適当にヒットしていたということで、どこか(笑)では1位にもなっているそうですね。そんな意味ではちょっと . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1998年発売のCDになります。 詳しくないのですが、このピュアシュガーっていうのは、エイスオブベイスを手がけた人達(DJらしい)がボーカルにジャニファーという女性を加えて結成したユニットなんだそうです。 そう言われてみると、確かに聴きやすいダンスポップなんですが、先に挙げたエイスオブベイスみたいな爽やかなポップとはちょっと違いまして、結構ぶっとんでると言いますか、結構高めのテンションで盛り上 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1993年発売のCDです。 なんと言いますか、あのジャズのブルーノートからこういう音楽が出たか!みたいな事で当時は話題になっていたと思います。 詳しくないのですが、ジャズとヒップホップの組み合わせなんだそうで。私、ヒップホップってもっとノロい音楽なんじゃないの?と思っているので、これは個人的にはラップにしか感じません(汗) まあ、ジャズのサンプリングしたものを使っているのですが、ジャズ好きの . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ