REAL LIFE
現在実生活が忙しくゆっくり更新のみ実施中です。リンク先の皆様、コメント&TB下さる皆様本当にすみません
 



2017年秋の衆議院選挙の少し前くらいに発売になった本だと思います。 懲罰議員として名を馳せていた?維新の足立議員の本なので、これはきっと面白いだろうということで読ませていただきました。 まあ一言で言えば、期待に応えてくれた本だったなと思います。 野党議員は勿論、与党にも苦言を呈し、そしてマスコミにも触れていて、昨今のダメな状況について、内側からじゃないと分からないことも含めて書いてくれてい . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




世界情勢に明るい、有名なお二人による本です。 これは、同じテーマでそれぞれの方が自分の意見を話して、そこから導かれてくる新しいテーマを引き続き交代しながら語っていくような構成です。 それぞれ専門家でありながら、同意する部分、意見の違う部分もありますが、その辺は答えは一つじゃないでしょうから、こちらはなるほどなあと思って読み進めていきます。 話題はホットですよね。東アジアの緊迫した情勢は勿論で . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アメリカ人のケントさんは沢山の本を出されていますが、本当に日本の事をよくご存知ですよね。 日本人の自分が知らない事が多くて、びっくりする位です。 欧米、日本の現実や歴史などを書きつつ、戦後の日本の自虐史観はGHQに植えつけられたものなのだから、その史観をそろそろやめようよという内容ですね。 なんとなく聞いた事のあるような話題は勿論ありますが、読んでみると詳細はこういうことなのか~と感心する記 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




経済評論家の上念氏の本です。 日本にはびこる、いわゆる「国の借金が~」などの論調に反論している内容という事だと思います。 当然ながら無学な私は経済の事は全く知らないので、本に書いてある図や数式など、分からない事もありましたけど、それでもなるべく分かりやすく書いてあるのだと感じました。 実際、色々な話題に触れているのですが、Q&A方式で記述されているので、より分かりやすくする工夫がなされている . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




著者は色々な歴史関係の本を出されていますね。 こちらでは、学校では教わってないような話が書いてあるのですが、簡単に言うと、日本政府が解決できない歴史問題について、世界史の流れを理解しないとダメという事が書いてあります。 私は世界史とか詳しくないので、知らない事ばかりで色々とびっくりしましたが、それゆえに理解が難しいことも一部あって、浅学な身には少々難しい印象が残った箇所もありましたが、また読み . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こちら、このお二人による対談形式の本なのですが、率直に言って、とても読みやすい本でした。 全体的に見ると、長谷川氏が司会を務める番組「ニュース女子」の沖縄基地問題の反対派の裏側を暴いたことによる様々な圧力等のエピソードを、ケント氏と語り合ったものって感じかな?と思うのですが、この問題を報じた放送局?が弱小だったからなのか、複数の新聞等の反番組キャンペーンが凄かったですよね。弱い者を叩け!って感じ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




以前よりこういった月刊誌があるのは承知しておりましたが、ネットで配信されている虎ノ門ニュースなどの番組を視聴していたので、紙媒体には手を出してなかったのです。 しかし、2017年の「もりかけ」辺りからは特に真相を隠すようなひどい状況になってきてましたので、色々な方が取材、まとめた情報が読める、これらの本にも手を出してみようと思ったわけです。 どの月刊誌もページ数、活字量も多く(ジャパニズムは、 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




著者の代表作は「ゲート」だと思いますが、こちらを読み終えて以降、いつになったら続きが出るのか分からないので、こちらを偶然見つけたというのもあり、正直待ちきれなくて、こちらの作品を読んでみました。 近未来のSFなんですけど、東京湾岸エリアが外国人移民によって占拠されて治安が悪化しているという設定で、警察もロボット型(AI)の部隊が現場に突入する程度に技術も進んでいるという感じです。 そんな中、自 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




うちの子がこの作品が好きで、劇場版の鑑賞をした経緯もあったので、本も読んでみました。 基本的には映画の物語を追いかけた内容ですが、細かい部分で映画で描かれていない話が入っており、映画を見ていて「あれ?」と思うところが、上手に補足されているのかもしれません。 あと、著者が、漫画の「リボンの武者」にも原作として名前を連ねていますので、そちらの登場人物(主役のムカデさんチームの二人)も少し出てきたり . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2016年に連載が終了した「こち亀」のアンソロジー小説です。 色々な人気作品と「こち亀」をコラボさせた内容で、当然ですが本編では味わえない世界観になりますので、好きな人なら一読するのもアリかと思います。 個人的には「ガールズ&パンツァー」くらいしか分からなかったですが、両さんと本田が大洗町に遊びに行って、大洗女子のメンバーと出会うお話でした。 話は奇想天外な方法で戦車を調達し、大洗の四号戦車 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017年夏の都議選前に発売になった本ですね。普段こういったジャンルの本は買わないのですが、興味がありましたので買いました。 小池氏は圧倒的な支持率で知事になりましたが、あの頃から時間がたって多少は状況が変わったと思います(相変わらず支持率は高いですが)。 知事選の時は小池氏を支持していた人も、途中から「あれ?」と思ったのだと思います。私も築地市場の豊洲への移転に関するグダグダで、おかしいな? . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )