イシキエ

宇宙意識のアート・コミュニケーション・ワーク。。一部のシェアです

タントリック・エナジー・ワークのヴィジョン

2020-01-12 22:25:02 | インフォ

 

星読みからも見て取れるように

激動の変革期に入った2020年のスタートラインで

一度封印したタントリック・モーションに吹かれた。

 

仏教的カーストでは小乗から大乗そして頂点に密教と

うろ覚えの誤解した刷り込みに対する解説と

何故今か?という問いへの回答も含め

タントラと検索すれば必ずイコールで出てくる和尚のトークから

 

「ヨーガは意志の道だ。タントラは明け渡しの道だ。―愛は明け渡しだ。

ヨーガでは、難しいことが正しい。タントラでは、楽なことが正しい。」

 

ここなのだな、と拾い上げられた気がする。

 

パワー・オブ・ラブ

わたしたちは愛のエネルギーを吸って生きている。

それは正にコトバ通り、愛のエネルギーによって生かされている。

それは“ゆるし”ですね。

 

明け渡し、“楽”の正しさに乗るしかない。

そしてあの猫のようになるしかない。

 

“シャクティのエネルギーの開花、はじめに肉体を受け入れてから自然なる解放へと”

という方法論は男女とも大部分の人達が誤解し不全にあるが

危険なタントラの道を理解し意識的に選択し進む者達でさえ

実際には99%堕落し沈んでしまうというイバラの道が故

取り組むべきチャクラを差し置いてハートや頭頂でもがいている。

 

西洋思想の文脈で生かされていると思い込んでいるわたしたちには

禁断であり異端である“融合”

それは合一であり、本来の帰結への心の共鳴であり。

 

ヒトの動物化と人口削減のプロトコルに則った洗脳メソッドが説く“分離”

その病(やまい)のウイルスが猛威を振るう現代では

分離/分割の筋道に逆らう何ものをも悪と断罪するロジックで進まされるが

その悪夢のマトリックスから解放されるヴィジョン。

 

シンプルに融合と合一を体現する

肉体にあらかじめ備わっている神の愛を享受する機能を起動させ

豊かさへの基本的な在りようである ~ “常によろこびの状態” ~ に没入し

真の解放=アセンド=本源への帰還を自らの意識で自然に行うヴィジョン。

 

ヴィジョナリー=意識的に/視覚的に“楽”の中で〈愛の体現〉をし

神との一体をクンダリニーの上昇を伴う状態で刻み込む。

 

ざっと調べてみるもどこぞの誰かから学ぶという選択にならず

じぶんが行っているエネルギー・ワークの

新たなバリエーションとして展開出来るヴィジョンはあり

先人たちのように模索しながら知っていこうかと考える。

アートワーク(イシキエ)の時の導き経験を楽観している。

 

ちなみにコミュニティに於いてはあくまでエネルギー・ワークで

非接触を原則とし

宣言として肉体やそれに付随する歪んだ低い情念が絡むステージとは

無縁であることを選択する。

 

2020年初頭

土星と冥王星が山羊座でコンジャクションしている

偉大なるタイミングに起動しました。

 

 

メインブログ記事へ

和尚のコトバをインプットしてみてください。

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« あけましておめでとうござい... | トップ | ワークについて、世界にあり... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インフォ」カテゴリの最新記事