広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤ちょーびんさんと安里、泊を歩く その2 悲恋の港、賢者の里「泊」

2013年08月08日 | 日記
ここが泊散歩道の始まり。
泊小学校まで一直線、閑静な住宅街を歩きます。
歩道には泊ゆかりのモニュメントが色々と。



空手の達人松茂良興作のエピソードを
即興で再現する赤ちょーびんさん。
罪のない泊の村人に乱暴狼藉の薩摩の武士、
向かってくる刃を手ぬぐいで巻き取って海に捨てた松茂良興作。
争いを好まない、穏かに暮らしたい琉球人の誉れです。
熱演のステージは駐車場です。




琉球版二宮金次郎、山里朝賢、貧しい家に生まれたが、臼を回しながら、
沖縄のお線香平御線(ヒラウコー)に火をともして勉学に励み科(コー)という
国家公務員試験にトップで合格した。最初の給料はすべて泊の村に寄付
これが人材育成のための基金内輪御持(ネーワグムチ)の始まりで、
それあって、泊から沢山の秀才が輩出しました。
また泊は長崎の出島のような存在でしたから
西欧の文化や技術がいち早く伝わってきました。
なかでも医学の分野では最先端を行き
現在でもこの界隈には病院の看板が目立ちます。


こうした琉球史に残る傑人を輩出した泊ですが、
ここはまた沖縄三大歌劇のひとつといわれる
「泊阿嘉」のステージにもなりました。
その物語のクライマックスが碑になっています。



この物語は我如古弥栄の作品で歌劇という形体の芝居の第一号です。
1910年に沖縄座で初演され、
112日間連続上演という驚異的な大ヒットを記録します。

物語
樽金(タルガニ)は恩鶴(ウミチル)に若狭の浜で出会い、
一目で激しい恋に落ち99日間泊高橋に通いようやく恋は成就します。
しかし樽金の父親は二人の結婚に反対し、樽金を伊平島へ追いやります。
恩鶴は悲嘆に暮れ、病の床へ、やがて病死してしまいます。
それを知った樽金もまた恩鶴の墓前で自殺します。
その恩鶴の遺書を読むシーンがこの芝居のクライマックスです。
満場の観客の紅涙を絞りました。



少し長くなりますが、その遺書のさわり現代語でご紹介します。

「奥深い山に咲く伊集の花のように
世間のことは何も知らない子供の私を
心から愛してくださったあなたとの
一目を偲ぶ逢瀬、あの世までも一緒と誓った言葉を
私の胸に抱き、心に染めて、
片時も忘れる時はないでしょう」


☆沖縄三大歌劇とは
①泊阿嘉(トォマイアカ)②伊江島ハンドー小 ③奥山の牡丹といわれていますが、
これに薬師堂を加えて四大歌劇という場合もあります。
因みに「小」は「グァ」と読みます。

泊散策も終わりに近づきました。
ランチは知る人ぞ知る「ルビー」で。
量の凄さは沖縄屈指でしょうか。
Aランチにはチキンカツとハンバーグが重なっていました。
そして分厚い刺身にマカロニサラダてんこ盛り。
目玉焼きもわすれていませんよxxxxx^。

泊散歩の最後はやはり外人墓地でしよう。
ペリーが浦和に来る前に琉球に来たことは余り知られていませんね。

ここにはいまの日米両政府にはとても耳の痛い
でも沖縄県民の願いともいえるメッセージが書かれています。




上は現在の泊の風景、交差点から曙方向へ5分ほどで
観光バスもやってくるいゆまちのお魚センター(右)があります


これで今回の安里、泊歴史訪ね歩きは終わりました。
機会がありましたらぜひ130年の伝統を持つ
沖縄芝居の三大歌劇をごらんください。
公演などのご質問は沖縄俳優協会事務局長津波
090-9782-8568で承ります。

コメント   この記事についてブログを書く
« ウチナー芝居全島巡演初日八... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事