新「廊下のむし探検」

大阪北部のマンションの廊下で見つけた虫の名前を調べています

芦屋川で植物観察会3

2019-06-14 20:50:43 | ちょっと足を伸ばして
6月9日、芦屋川に沿って行われた植物観察会で見た植物の続きです。







石垣に生えていたシダです。てっきりカニクサだと思ったのですが、リーダーの説明はツルシノブ。違う種なのかなと思っていろいろと撮ってきたのですが、家で調べるとやはりカニクサでした。こんなことが度々あります。敢えて違う名前で呼んでいるのか、昔はそう呼ばれていたのか。







これは川沿いにたくさん咲いていました。ヘラバヒメジョオン Erigeron strigosusという帰化植物のようです。確かに普通のヒメジョオンよりは花が小さい感じです。



「日本帰化植物写真図鑑」を見ると、「根生葉は長い柄があってへら状の披針形、縁には低い鋸歯があり・・・」とあるので、その部分を撮った写真を見てみました。確かにそんな感じです。







これは何だか分からなかったので、リーダーに聞いてみました。クルマバナだそうです。





クルマバナというのは山裾のところにあったような気がして、こんな海近くの河原に本当に生えているのかなぁと思って、いろいろ撮っておきました。でも、似た種で帰化植物はないですね。やはりクルマバナなのかな。







これはシナダレスズメガヤ Eragrostis curvulaだそうです。どうも特徴がないですね。写真も何を撮ったらよいのか。





キキョウソウにしては花が小さいなと思っていたら、これはヒナキキョウソウ Triodanis bifloraだそうです。



最後は園芸種だそうで、名前も聞いたのですが、ネットで見ても出ていません。たぶん、聞き間違いかな。

コメント   この記事についてブログを書く
« 廊下のむし探検 蛾 | トップ | 芦屋川で植物観察会4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ちょっと足を伸ばして」カテゴリの最新記事