働き方改革関連法ノート

働き方改革関連法、パワハラ防止法・パワハラ指針、テレワークでの働き方など労働法審議資料ノート。

メッセージをありがとうございます!

2020-06-09 14:38:57 | ブログ管理者ノート
ブログ「働き方改革関連法ノート」にメッセージをありがとうございます。次のようなメッセージがとどいています。なお表現や内容に問題があると判断せていただいたメッセージについては掲載しない場合もあります。ご了承ください。

2020年6月9日
・件名:おかしい。理解できぬ
・本文:持続化給付金 委託先協議会 給付金遅れ陳謝 利益出ないと説明  国民を馬鹿にするな

2020年5月26日
件名:忖度にさよなら
本文:安倍内閣は総辞職しなければ、日本は3流国家のままだ。恥ずかしい。良識ある自民党議員さんどう思いますか?

件名:さよなら安倍政権
本文:この政権あまりに疑惑が多すぎるし、得意に依怙贔屓が過ぎる。やはり今の総理は身を引くべきだ。

2020年5月25日
件名:安倍政権よさようなら
本文:嘘・隠蔽・改ざん・データーかくし 森友 加計 憲法の解釈改憲 でるはでるは、これ以上日本の民主主義を破壊しないで欲しい

2020年5月23日
件名:安倍首相に日本を任せられない
本文:安倍首相に日本を任せておいたら日本はガタガタになる。早く止めさせて欲しい。黒川検事長は免職・退職金無し・・・とメリハリを付けて国民に示すべきだ。

件名:信用失墜行為で処分し退職金ストップ
本文:公務員の基本法、国家公務員法第99条「職員は官職の信用オ傷つけ又官職全体の不名誉となる行為はしてはならない。」特別法の検察法には、記述はない。当然ながら公務員の共通ベースだから、本件では、国民が自粛で我慢中、範オ示すべき御偉方が真逆の行為。、国公法の元 黒川氏の延長したが、お返しですよ。でもあべさんと、違うのは基本的な所。検察法になくても憲法遵守の宣誓はするでしょう。よって、信用失墜行為で処分して、7000万円の退職金は止めて困った人々に還元しましょう。

件名:黒川検事長処分の件
本文:東京高検管内の職員向けに「品位と誇りを胸に」というルールブックを作成し、配布している。 これによれば、懲戒免職に該当する様です。500万人のSNSの様なうねりを作れませんでしょうか。

2020年5月22日
件名:黒川次期検事総長候補に勧善懲悪を
本文:「身から出た錆」発言(?)が物語る通り、処分は多くの国民の意向を尊重して、不適切な訓告処分ではなく「懲戒処分」が妥当。昨日は人の身、今日は我が身!

件名:黒川東京高検検事長処遇
本文:一般企業なら懲戒処分は当然。然も高検検事長という役職ならば一般人より更に一段高い倫理感を求められるはず。懲戒解雇が相当。

ブログ「働き方改革関連法ノート」を訪問していただき、またメッセージを送信してくださり、心より感謝いたします。(ブログ管理人 佐伯博正)
この記事についてブログを書く
« パワハラなど「ハラスメント... | トップ | 伊藤詩織さんが漫画家はすみ... »
最新の画像もっと見る

ブログ管理者ノート」カテゴリの最新記事