天使のエナジー

「すべてなるものの源」への、愛の告白

「満月のルナライト瞑想会」by あやめさん

2013-02-03 22:43:31 | Weblog
今日は節分。

わが家でも、母が殻つきの落花生を買ってきて、豆まきをしま
した。

明日は立春。

暦の上ではもう、春なのですね。

このところの寒さに参っていた私も、ようやく元気回復できた
感じです。


さて、実は、もう一週間前(1/27)のことになってしまいましたが、
エネルギー伝授をなさっている菖蒲(あやめ)さんが、
「満月のルナライト瞑想会」
を催され、私も参加させていただきました。

この会は、菖蒲さんが、参加希望者にお月様のエネルギーを
送ってくださるもの(グループアチューメント)で、昨年6月に続
き、無料奉仕として行われました。

今回の参加で私た感じたことをご紹介すると……

夜の10時半頃から、部屋を暗くして静かに待っていると、部屋
の中で何らかのエネルギーがうごめくのが見え始めました。

そして、アチューメント予定時刻の10時45分の少し前から、そ
のエネルギーが、私の体をめがけてどんどん押し寄せてくるの
が見えたのです。

エネルギーの見た目は、ごく淡い紫と緑を帯びていたようです。

また、目に見えるだけでなく、その風圧を肌で感じることもでき
ました。

非常にパワフルなエネルギーですが、同時にとても凛として爽
やかで、清清しい森の中で深呼吸をしているかのような感覚が
ありました。

実は私は、以前ブログにも書いたように、毎晩ベッドの上で光
の柱を降ろすことをしています。

その時に降りてくるエネルギーと、色合いや感触は似ていまし
たが、今回のアチューメントのほうが数段パワフルでした。

そのパワフルさは、昨年の瞑想会のときのエネルギーと比べ
ても、明らかにパワーアップしていたと思います。

きっとヒーリングの力も、一段と強力になっていたはずです。
(これは地球のアセンションが進行していることの顕われなの
かもしれませんね。)

それに加えて驚いたのが、いつもの「スイッチ」を入れる必要
がなかったこと。

いつもの「スイッチ」というのは、光の柱を降ろした瞬間、その
エネルギーを受け取るためにする、ある動作のことです。
(これはおそらく、人それぞれに違うやり方があると思うので、
具体的な方法は書かないことにしますが……。)

私の場合、この「スイッチ」を入れないと、光の柱の見え方、
感じ方の感度はぐんと下がってしまうのですが……

驚いたことに、ルナライト瞑想会のエネルギーは、「スイッチ」
を使う必要が全くありませんでした。

ただ、来るものを受け容れる、それだけでよかったのです。

こうして、このパワフルなエネルギーを浴びつつ、このお月様
のエネルギーが自分の体を通路にして、母なる地球へと流れ
るように祈りながら、素晴らしいひとときを過ごしたのでした。

ここまで、私の体験をご紹介しましたが、アチューメントをなさ
った菖蒲さんの体験談をブログで拝見して、さらなるスケール
の大きさに圧倒されました。

そして、その美しさにも……。

もしご興味がおありになれば、ぜひご一読いただきたいと思い
ます。

(菖蒲さんのブログ:「Ayaのつれづれお便り」)

「今夜の瞑想会、光の神殿で…」
http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-409.html
「ルナライト・エンパワーメント…」
http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-410.html
「満月のルナライト瞑想会で」
http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-411.html

菖蒲さん、素晴らしいひとときを、ありがとうございました!
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 寒くて寒くて… | トップ | つぼつぼさんの地震予知 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事